CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

足助の地域振興活動

愛知県の山里、豊田市足助(あすけ)地区での手作りの地域振興活動について綴ります。


足助のお宝体験隊2006当日 [2006年10月22日(Sun)]
2006年10月1日(日)に、「足助のお宝体験隊2006」(足助商工会青年部主催)が開催されました。

▼足助のお宝体験隊2006
http://www.asuke.biz/2006/
↑足助商工会青年部部長が作成

▼お宝体験隊アルバム
http://www.asuke.biz/2006/page10/page10.html
↑当日の様子

足助のお宝シリーズは、足助商工会青年部が企画立案し、2002年から開催しており、今年で5回目になります。

足助の町並み各所に設けたチェックポイントを、参加者のみなさんにウォークラリー形式で巡回していただき、足助のお宝をめいっぱい探検&体験をしていただこうという趣旨で開催しています。

イベント当日の運営については商工会青年部員が主体となり、足助の町並み在住の若い衆や、学生さんにサポートをお願いしています。

私は第1回のお宝イベントが開催された2002年に足助商工会青年部に入部しました。

第1回、第2回のイベントでは部員の一人としてウォークラリーのチェックポイント運営を担当し、第3回以降は企画委員として全体計画の段階から携わっています。また、メルマガ編集長として、足助のお宝情報メルマガの通年発行を担当しています。

第1回〜第3回はイベント名称を「足助のお宝探検隊」としていましたが、第4回以降は、より参加者の方に「体験」していただくということを前面に押し出し、「お宝体験隊」と名称変更しました。
------------------------------------------------------------

今年度も青年部部長を中心した企画委員会を何度も開催し、まずメインテーマを「足助の町並みでおしごと体験」に設定しました。

▼モグモグキッチン
http://www.mogmog.jp/
↑青年部長のお店

町並み各所に設置した10ヶ所のポイントを体験していただくことにより、体力を養いながら楽しく仕事の尊さを学んでいただけたらと考えました。タイムや順位を競うのではなく、足助の町並みを自分のペースで一日お楽しみいただきます。

また、おしごと体験を完了すると体験ポイント毎に給料(専用通貨「だらぁ〜」)が支払われ、その通貨はイベント内に設置された特設ショップにて使用することができます。

お宝体験隊は、お子様とご両親とが一緒に楽しめる体験型ウォークイベントであり、「おしごと体験」と言ってもゲーム感覚で気軽に楽しんでいただける範囲のものですが、この機会に「お金は働いて手に入れるもの」ということを、家族で話し合うきっかけにしてみていただけるといいななんてことも考えました。

▼お金は働いて手に入れるもの
https://blog.canpan.info/asuke/archive/34

たまたま、10月5日に「キッザニア」というお仕事体験テーマパークが豊洲にオープンするという話を友人からのメールで知ったので、足助で開催される小さな地方イベントが、「キッザニア」の先取りになっているのかもと、勝手な自己満足の世界に入っていたりもします。

▼お仕事体験テーマパーク:キッザニア
https://blog.canpan.info/asuke/archive/35

------------------------------------------------------------

イベント告知は、教育委員会経由で豊田市内と三好町内の小学校に配布するチラシ(青年部員作成)と、これまでの応募者へのDM、そしてメルマガで行いました。

イベント開催日の1ヶ月前となる9月1日に参加受付を開始すると、参加受付開始直後から、予想を大幅に上回るペースで続々とお申し込みをいただきました。私もネット経由の申し込み状況をモニタしておりましたが、あまりのハイペースにびっくりしてしまいました。

▼足助のお宝体験隊2006の参加受付
https://blog.canpan.info/asuke/archive/33

今年は募集定員を昨年の倍に当たる100組(400名)に増やしたのですが、募集開始からわずか4日間で応募組数は100組を超え、その日のうちに締め切ったにもかかわらず最終的に210組の応募をいただきました。さらに、どうしても参加したいからキャンセル待ちをさせていただきたいという方も...

5回目を迎え、認知度も上がってきたということでしょうか。スタッフとしてうれしい限りです。ほんとにたくさんの方々にご応募いただいたことに感激しております。

------------------------------------------------------------

イベント当日は朝から雨となってしまい、もしかしてキャンセル多数なんてことになってしまったらどうしようかという思いが一瞬、頭をよぎってしまいました...

そんな考えが浮かんでしまった私が間違っていました...申し訳ありません。

悪天候にもかかわらず、参加決定通知をお送りした方々のほとんどが、足助に足を運んでくださいました。

ありがとうございました!

合羽を着て、やる気満々のお子さん方が、開会式に多数詰め掛けている様子を見たときには、思わず感激して涙が出そうになりました。

▼開会式の様子


私は、昨年に続き今年も開会式で体験要領説明を担当しました。

▼お宝体験要領説明
https://blog.canpan.info/asuke/archive/37

今年の新たな試みのひとつに、各体験ポイントの混雑状況をネットで提供するというものがあります。携帯電話からもアクセスでき、当日配布した体験マップにはQRコードも印刷してあります。

▼「お宝体験隊2006」待ち時間情報
https://blog.canpan.info/asuke/archive/36

こういうことを実現するには、なんだかすごいシステムが必要になりそうですが、実は携帯からアクセス可能な無料のブログサービスを活用しているだけなんですよね。

各ポイントからは携帯電話で混雑情報を本部に知らせます。本部ではその情報と、本部役員が定期的に各ポイントを自転車で巡回して得た情報を元に、モブログの機能を使って携帯電話で混雑状況を提供するブログを更新するというわけなんです。

------------------------------------------------------------

当日の体験内容は、商工会青年部員が毎日の仕事の中で体得した技術、知識、ネットワークが随所に活用された内容になっています。もちろん事前に体験内容の入念な実作業確認が行われています。

▼「足助のお宝体験隊」の実作業確認
https://blog.canpan.info/asuke/archive/38

今回の10ヶ所の体験ポイントの内容については下記で紹介していますので参照ください。

▼お宝体験隊2006の体験内容
https://blog.canpan.info/asuke/archive/40

私が担当した体験ポイントは弓矢の試射体験ポイントでした。

足助にとって弓矢は伝統的なものであり、鎌倉時代にこの地方を治めていた足助次郎重範公が弓矢の名手であったと伝えられます。また、矢の材料となる矢竹の産地であり、現在も矢を作る職人さんが活躍されています。

弓矢の試射体験は第1回から継続して実施しています。「足助の町並みでおしごと体験」というメインテーマからは少し離れますが、毎年大人気なので今年も実施させていただきました。今回も大好評でしたよ!

▼私が当日担当していた弓矢の試射体験ポイント


私は担当の関係で、弓矢の試射体験ポイントと本部しか見ることができませんでしたが、本部で開設された特設ショップ「だらぁ〜ショップギャランドゥ」も子供たちに好評で、大盛況でした。

▼特設ショップ「だらぁ〜ショップギャランドゥ」


▼各お仕事体験ポイントで給料として受け取った
 専用通貨「だらぁ〜」で買い物やゲームを楽しめる




イベント全体を通して、雨への対応は不十分な面もあったかと思います。
また、体験ポイントによっては、長時間お待ちいただいたという話も聞いております。申し訳ありませんでした。

より多くの方に満足いただけるよう、反省点は次回に生かしていきたいと思います。

みなさんありがとうございました!

------------------------------------------------------------

参加者の方から、「あすけお宝情報編集長日記 」にうれしいコメントがありました!

▼「お宝体験隊2006」待ち時間情報(あすけお宝情報編集長日記)
http://plaza.rakuten.co.jp/asuke/
diary/200609280002/#200610021448027379


以下、上記からの転載です。

-------------------

ありがとうございました(^^)

こあられさん

10/1に体験隊NO94で参加させていただきました(^^)
いろいろ至れり尽くせりで私達が恐縮気味での参加でした。とっても楽しかったです。ありがとうございました。
雨で商工会の方々が風邪をひかないか?と心配しましたが大丈夫でしたか?
初めての町を歩きながら「またゆっくり歩きに来よう(^^)」と話しておりました。
香嵐渓ではなく「町の路地」「足助川沿いの遊歩道」etcを楽しみたく思います。 先日いただいた「まちじゅう博物館」も見ながらノ〜ンビリと歩いてみますね(#^.^#)
本当にお疲れ様でした。そしてありがとう〜(^o^)/~


-------------------

ほんと参加者の方から、こんな言葉をいただけるなんて感激です。

さらに、このコメントをくださった「こあられさん」は、ご自身のブログに当日のレポートを掲載してくださっています!!

うれしい記述がいっぱいありましたので、その一部を紹介させていただきます。

▼「足助のお宝探検隊」その1(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?451fab9506cff
↑「冒頭に "あいにくの雨" と書きましたが、
 雨ならではの風景も見られこれまた良し!
 であります」

▼「足助のお宝探検隊」その2(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?45206f9ed4fef
↑「私たちは楽しく体験させていただいて
 町中で笑顔をくださる足助の皆さんにも
 感謝するばかりでございます。
 ・・・足助の商工会のみなさ〜ん 
 ありがとうございました 素敵な場所・風景を見に
 また行きますね〜」

▼「足助のお宝体験隊」 番外編(こあられの思うままに♪)
http://koarare.fruitblog.net/?4521fe1704077
↑「いろんなところにチョロチョロと出掛けるのですが
 「また来よう!」って思える場所って少ないんですよね
 でも、足助は絶対行くよ!」

すばらしいレポートを、ありがとうございました!

------------------------------------------------------------

「こきこき日記」のtunaさんも、下記の記事で当日の様子を紹介してくださいました。

▼足助のお宝探検隊2006 (こきこき日記)
http://tunasan.at.webry.info/200610/article_1.html

ありがとうございます!

「今年は、各会場の待ち時間が携帯電話で分かるようになっている。さすが青年部!企画力・実践力とも素晴らしい。」と「待ち時間情報」のことも話題にしてくださっています。

この日の「待ち時間情報」サイトへのアクセス数は826件と予想以上でした。

思っていたよりも活用していただけたようでよかったです。
コメント