CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
今年最後の遊び場 第2の隠れ家完成!! [2014年12月21日(Sun)]
今年もいろいろとお世話になりました。
このブログを検索していただき感謝感謝の一年でした。

ブログを書き進める中で感じるのは、外で子どもと遊ぶ活動と言っても、いろいろ課題や問題は尽きないということ。

基本的には子どもは何か用意しなくても自然と木工工具ぐらいあればのびのび遊ぶものと思っていたけど、そうでもない。

だからと言って集客のためにあれこれ用意しすぎるのもいけない(?_?)

自分のやってみたいを自分で実現するところに面白さが内在しているわけだけど、そこまでたどり着く子もまだまだ少ないのが現状です。

来年からの課題や問題はまだまだ多いですがとりあえず今日も最高な一日を子どもたちからプレゼントしてもらいましたよ♪

IMG_0368sono2.jpg
↑手作りシーソーで遊んでました!

IMG_0361sono2.jpg
お絵かき大好き兄弟が旗に絵を描いてくれました!

IMG_0366sono2.jpg
お父さんと遊び場の子どもたちがツリーハウスを作っちゃいました!1月のプレパでは2階も作るという計画が?!

IMG_0370sono2.jpg
↑今日も木工広場は大盛況!

それから、今日は遊び場に来てくれていた3兄弟が山口へ旅立ちました・・・新天地でも思いっきり遊んで元気に育っていくことを願っています(^_^)!

センスオブワンダー本.jpg

私が活動を始めた頃、子どもたちに私たちが残せる物ってなんだろう?っていつも悩んでいました。高度経済成長が終わり、便利な生活になれ、人や地域や自然と関わりを持たなくても生きていける社会が加速し、グローバル化がますます進む中、人間の精神はそれと正比例するかのように不安感が増しています。その不安感を少なくし、安定した心で日々過ごせる子どもたちを育むために今できることの1つがプレーパーク活動だと思っています。

そしてそれは「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性」を育むことだと思っています。


レイチェル・カーソンが書いた「センス・オブ・ワンダー」の一節には下記のように書かれています。
                                  

 子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。

残念なことに、わたしたちの多くは大人になる前に澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

 もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない<センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性>を授けてほしいとたのむでしょう。

 この感性は、やがて大人になるとやってくる怠慢と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。
(中略)

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。

子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。

幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。

美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。

そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。

消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。

                                   
遊び場で子どもたちと関われば関わるほどこの言葉が心にしみてきます。そして遊び場と関わってきた子どもたちが成長していく姿に確信を持ち今の活動に繋がっています。

来年からもレイチェル・カーソンのこの言葉を心に留め、プレーパーク活動継続していきます。
どうかよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by 山本良子 at 21:49
12月20日の活動報告 雨上がりのプレーパーク [2014年12月20日(Sat)]
朝からの雨も午後には上がり、今日もプレーパークを開催しました!

遊び場遊具はあまり用意できなかったものの、それなりに子どもたちは遊んでいました。

IMG_0356sono2.jpg
透明傘に葉っぱを乗せて、下からのぞくと・・・

IMG_0358sono2.jpg
↑ちょっときれいでしょ(^_^)

IMG_0359sono2.jpg
竹に目と口をくりぬいて、下から光を当てると、ちょっと怖い顔が浮かびあがったりして!

IMG_0352sono2.jpg
明日はきっと晴れると思うので、今年最後の遊び場開催しています!
Posted by 山本良子 at 18:54
今年最後のプレーパーク、12月20日(土)・21日(日) [2014年12月19日(Fri)]
ここ最近寒い日が続いています。

屋外での活動に参加するというのはとても勇気を振り絞らないと、暖かい部屋からの脱出は困難な状態だと思います(^_^;)

でも、1歩外に出て動き出すと意外となんとかなるもので、寒くても動いていれば自ずからエネルギーを熱にする代謝がどんどんヒートアップします。(ダイエット効果あり?)

毎年、上着を脱いじゃったりする子もいます。(子どもは風の子ですから〜!)

40代、50代の遊び場スタッフにはきつい季節ではありますが、冬の山の上で思いっきり遊んで帰った後の部屋のぬくもりと温かい夕食がとてつもなく幸せを感じたりするんですよね〜(~o~)

日々の幸せって、当たり前すぎてなかなか感じることが難しいのですが、ちょっと試練に耐えてリアルに子どもと寒さに向かって遊ぶから感じることのできる感覚だと思います。

是非、クリスマス前のひと時を、外遊びで楽しんでみてはいかがでしょうか?

と、いうことで、明日は今のところ天気予報は雨なのですが、雨が上がり次第開始する予定です。
12月21日(日)は晴れそうですので朝10時から夕方4時まで開催しています。

暖かい服装と、暖かい飲み物を持ってお越しください(^O^)/

Posted by 山本良子 at 19:18
お父さんが竹細工にハマって、子どもたちは・・・ 12月7日の活動報告 [2014年12月07日(Sun)]
最近の松山総合公園プレーパークは木工広場がグレードアップしていて、竹に穴をあける電動ドリルが毎回用意されていたり、弓矢もいろいろなバージョンが改良されて作られたりで、大人も楽しめるようになっています。といっても本来は子どもたちのためだったのですが、気が付いたら、今日も大人が竹細工にハマっていましたよ♪

竹細工入れ物.jpg
↑小物入れです
表札2.jpg
↑表札です。

ココでプレーパークを始めた当初からあるブランコも毎回人気があるんですが、名前がなくて単に「ブランコ」と言っていたのですが、いつも言われるイメージが「ハイジのブランコ」!

ハイジのブランコ.jpg

で、これがその「ハイジのブランコ」

乗ると結構スリルあります(^_^;)・・・

IMG_0333sono2.jpg

お父さんお母さんが楽しんでいると子どもたちも一緒に楽しめるから嬉しいんだと思うんですが、基本子どもたちが主役のプレーパークなわけです。だから一番思いっきり遊んでいるのは子どもじゃないといけない。でも、それを決めつけるのもどうかと思うんです。

スタッフだってワクワクがないと続かないし、お父さんお母さんだって楽しみがないとわざわざ山の上まで子どもを連れていく元気が出ない。

みんなそれぞれに楽しみがあるから来ようと思うわけで・・・

その「わくわく」って本当に大事だと思うんです。

いろいろな場所でいろいろなワクワクをイメージできる人と、固定化した楽しさでしか「わくわく」を感じない人が今はいると思うんですが、私的にはどんな環境になっても「わくわく」をイメージできちゃうって世の中生きていくのに大切なスキルだったりもすると思うんです。

だからって、できないからダメって言うわけでもないんですけどね!

どんぐり滑り台.jpg
↑これがどんぐり滑り台です!

ただ、今日のお父さんお母さんはそんな「わくわく」を見つけるスキルをいろいろ持っている人たちだったよな〜って感じました。

※次回は12月20日(土)21日(日)今年最後のプレーパークに是非遊びに来て下さいね(^O^)/
Posted by 山本良子 at 20:59
寒波到来! 12月6日プレーパーク活動報告 [2014年12月06日(Sat)]
今日は朝から寒かった(>_<)!!

でも、子どもたちは寒さなんて全然関係ないといった感じで遊んでいました。

IMG_0324sono2.jpg
↑竹で組んだ台の上からロープウエイに乗って遊んでいる風景

現在、団体として松山総合公園プレーパーク内にある竹林を林野庁の「森林・山村多面的機能発揮対策事業」として整備することになっていて、シンディーとヒロさんとヨッシーで測量をしています。市の土地と民間の土地があり、その境目を山を登りながら何度も確認しているのですが、なかなか難しく、この2カ月ほどは毎週のように山の中の散策をしていました。

そのおかげなのですが、山にはどんな木があって、どんな木の実があるのかとか、どこから昇るとプレーパークに着くのかとかが、もう完璧にわかってきました(^_-)-☆

そして今日はその時発見した「ドングリがいっぱい落ちているスポット」へ子どもたちと散策に行きました。

IMG_0311sono2.jpg

きっとだれも拾ってないからだと思うけど・・・

落ちてる、落ちてる(^O^)/

IMG_0309sono2.jpg

子どもたちといっぱい拾って籠に入れてプレーパークに持ち帰り、「どうやってあそぶ?」と子どもたちが悩みだし・・・

結局・・・

IMG_0313sono2.jpg

「どんぐりすべりだい」が完成しました!

竹を二つに割って、中の節を抜いて、また二つを合体させ、そのトンネルの中をくぐってドングリが「すべりだい」するというものでした!

IMG_0319sono2.jpg

↑それから、こんなスゴイ隠れ家も!
どこにあるかは来てのお楽しみということで・・・キスマーク

明日も寒いとは思うけど、遊び場開催しています!
寒さに負けず、遊びに来てね晴れ

Posted by 山本良子 at 17:42
11月22日・23日・24日の活動報告 冒険遊び場全国一斉開催とプレーリーダー入門講座 [2014年11月25日(Tue)]
秋晴れの穏やかな天気だったせいか、3日ともとてもたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。今回は全国で同じ日にみんなでプレーパークを開催しようということになっていて、同時に138団体がプレーパークを行いました。(2014冒険遊び場全国一斉開催)

IMG_0218sono2.jpg

そして今回は同時にプレーリーダー入門講座も実施しました。

プレーパークではプレーリーダーの存在がとても重要です。「子どもと遊ぶ」と言っても、自分の技術を教える指導ばかりではダメだし、禁止してばかりでもいけない。子どもの可能性を引き出して、尚且つ安全に遊べる基礎知識も必要になってくるわけです。そうした人材を今後はどんどん育てていきたいとも考えています。

今回実施した主な内容は・・・
座学としては「子どもの遊び環境について」「子どもの遊びにかかわる専門性について」「リスクマネージメントの考え方について」
体験としては「ナイフや工具の使い方について」「ベーゴマを回してみよう!」「ロープワークについて」を行いました。現場での実践により、プレーパークで遊ぶ子どもたちに交じって一緒になって遊ぶ空気感を感じ、子どもの遊びについて知ることでいままで不安だったり危険と思っていたことが、言葉かけやアドバイスなどで回避できたりすることを知る機会になったと思います。

IMG_0220sono2.jpg
ノコギリを使う時、子どもが一番ケガをするのは右利きの場合は左手の人差し指なんだそうです。(左利きの場合は右手の人差指)なぜかと言うと↑の写真のように木を押さえているんだけど、ノコギリを引く時に失敗すると一番ケガをしやすいところにあるからなんです。だからその手にだけ軍手をするとか、何か巻いておけば、ケガをする確率が減るというわけです。

そんな実践を踏まえながら、安全な工具の使い方を学びましたよ(^_^)

IMG_0234sono2.jpg
ベーゴマは参加者全員が初めての体験でした。紐の作り方から、紐の回し方まで教えてもらい実践するんだけど、なかなかうまくいかず悪戦苦闘!
それでも最後にはほとんどの人が回すことができ、童心に帰り「やった〜!」と歓声を上げるシーンもありました。

ヒデさんはさすがにやりこんでいて、コマのまわり方が全く違うんです!回っているのか止まっているのかわからないんです!よく見るとまわてるっていうことがわかるんですが・・・やっぱりスゴイ!!

IMG_0249sono2.jpg
それから、最後にロープワークとして「もやい結び」を学びました。

参加して下さった皆さんありがとうございました。
これからも学びの心を忘れず、いろいろな現場で頑張って下さいね〜!


Posted by 山本良子 at 21:03
11月22日の遊び場は晴れでした(*^_^*) [2014年11月22日(Sat)]
松山市内、城山公園では今日と明日、「えひめ・まつやま産業まつりすごいもの博2014」が開催されています。松山市内は3連休とあって、どこもイベント真っ盛りのようです。

でも、11月と言えば紅葉ですよね!
暑すぎず寒すぎず、せっかくのお天気なら絶対「山」がお薦めかと思います。内子でも大洲でも愛南でも自然は最高だし、食べ物はうまい!特にミカンが最高!

DSCF0475sono2.jpg

でも、遠くはいけないけど、近場でのんびり紅葉見るなら以外に松山総合公園の紅葉は穴場かもしれません。特に第4駐車場から考古館へ向かう道の紅葉は、まるで山の中にいるかのような光景が広がっています。

その紅葉を少し抜けて、考古館裏の山を登って、プレーパークで遊ぶというのも、いい探索コースだったりしませんかね(~_~;)っとちょっとCMしてみたりして・・・

IMG_0211sono2.jpg

ということで、今日(11月22日)は道後の方からたくさんのお友達が来てくれたり、小さな子どもたちを連れた親子連れが来てくれたりして、一日中楽しんでいました。

IMG_0212sono2.jpg

それからシンディーは毎回弓矢の作り方を子どもたちに教えてくれています。
子どもたちはみんな上手に弓矢を作っていましたよ(#^.^#)

IMG_0215sono2.jpg

そして本格的に弓矢の的当てに挑んでいました!


明日、明後日もプレーパークは開催しています。
同時にプレーリーダー入門講座も考古館2Fの会議室で行っているので、興味のある方はスタッフにお声かけ下さいね(^O^)/
Posted by 山本良子 at 21:33
プレーリーダー入門講座 受講者大募集中です!! [2014年11月17日(Mon)]
愛媛にプレーパーク的活動を増やしたいと思い、事業を企画したのですが、なかなか参加者が増えません(^_^;)

難しい学びの場だと勘違いされたのか、又は他にイベントがあって出られないのかもしれませんが、絶対自然の中で子どもと遊ぶ時に必要なノウハウが満載なのでぜひぜひ参加してみてください!

難しいことは何もしません!

ただ、感じてほしいのです!

自然の中で遊ぶって楽しいということ、子どもが外でのびのびと遊んでいる姿って最高だし、大人が見ていても本当は楽しいって言うこと!

もちろん子どもの遊びには危険がついてきます。その危険を回避する為にはどうすればいいのか!これは11月24日に学ぶ予定にしています。

分かんないことはどしどし聞いていいし、一緒にみんなで考えたい!

子どもの遊びには限界がないのと同じで、大人がその子どもたちを見守るノウハウにも完成はない!常に悩みながら、知恵を出し合い、いろいろな事例を学んで子どもと共に成長し続けなければいけない仕事です。

大変な分、子どもの変化を感じて、やってよかったっていう手ごたえがある仕事です。

東京や横浜などではこれを仕事としている人がいるけれど、四国ではまだ仕事としている人はいません。でも、これからはこうした活動が仕事となる時代が来ると確信も持っています。

エアコンの効いた室内で、汚れることもなく、安全マークの遊具で遊び、ゲームをして日々過ごして本当に子どもは発達段階ごとの成長をしているのでしょうか?

「学び」といえば塾、習い事、スポーツクラブと思っている保護者が多いですが、自分から能動的に社会に飛び出し活躍できる人材が果たして育つのでしょうか?

子ども一人ひとりの個性と向き合いながら日々自問自答する親の悩みは決してお金を払って解決できるものばかりではありません。

勉強ができなくても、運動神経がよくなくても、臆病でも、さみしがり屋でも、泣き虫でも、その子その子のキラリと光る可能性が必ずあります。

いろいろな人と関わってもらいながら、そしてその一人一人の関わりに感謝しながら、自然という加工されていない素のままの空間で、誰かに気を使ったり、おびえたりしなくていい空気の中で、自分のやってみたいことを思いっきりチャレンジできる場を少しでも用意できれば、それは子どもにとって最高の学びの場になると思うのです。そしてそこでは、子どものきらりと光る可能性がよく見えるのです。

それが、地域の公園でも良いし、空き地でも良い。

今は昔のように、外で遊ぶ子どもの姿をあまり見なくなっていますが、プレイワーク(プレイリーダーの技能のこと)を理解する大人が増えれば、自然に子どもも外で遊びやすくなるだろうし、親もそうした地域の住民のおかげで不審者問題で不安になることも少なくなる。

子どもが元気に頑張っていると、大人も頑張らねばと思うだろうし、大人が頑張れば地域が元気になる。地域がみんなで力を合わせて知恵を出し合えばきっと産業も活性化するに違いない!

子どもを安心してのびのび育てることができる町には、行政支援もあるけど、子どもの育ちに理解のある住民も多いものです。

少子高齢化問題と地域再生問題、そして貧困の連鎖も断ち切ることが可能になるかもしれない。

ちょっとポジティブすぎる発想と思われるかもしれませんが、政治家や専門家の行政ありきの支援を待っていると、もう子どもたちを取り巻く社会環境はますます悪くなる一方です。まず、私たち一人一人が今何ができるのかを考え、行動することが大変そうで一番の近道なのではないでしょうか。


≪プレーリーダー入門講座≫
今回の入門講座では、「遊びって何?」「子どもとの遊びへの関わり方」「子どもの遊びに関わる専門性」「安全管理の基礎知識」という「プレイワーク」技能についてを、講義、現場体験、振り返りを繰り返しながら学びます。講師は長年プレーパークに関わってこられた、岡山プレーパークのプレーリーダー松田秀太郎さんに来ていただきます。内容はプレーパーク以外の子どもの遊ぶ現場に関わる方にも役立つ実践しながらの講座となっています。

日時:11月23日(日)と24日(月・祝)の2日間
   10:00〜16:00
講師:松田秀太郎(プレーリーダー)
集合場所:松山市考古館 と松山総合公園プレーパーク
     (松山市南斎院町乙67−6)
参加募集人数:10人
参加費:500円
持ってくるもの:山で活動できる服装と靴・帽子・お弁当・水筒・タオル・筆記用具
申込先:NPO松山冒険遊び場 事務局までメール又はお電話でお申し込みください。
締 切:11月20日
申込み:NPO松山冒険遊び場事務局 
    090-1575-6275(山本)
    tomo_taku2009@yahoo.co.jp
Posted by 山本良子 at 21:35
11.8の松山総合公園プレーパーク [2014年11月08日(Sat)]
寒くもなく、暑くもなく、心地よい秋の空の下、今日もプレーパークを開催しました。

IMG_0129sono2.jpg

子育て冊子「えんじいな」でも紹介されたせいなのか、新しいお友達も来てくれました(^_^)!
地元の味生小学校は今日、「ドリーム発表会」だっだので、いつもの子どもたちは来ていなかったのですが、それでもどの時間も子どもたちで賑わっていました。

IMG_0135sono2.jpg
右矢印2これは、台から降りるためのロープの梯子を、子どもが作成し、他の子も利用していました。

明日は天気が微妙ですが、どしゃ降りではない限り開催予定です!
山を登る階段は少し大変ですが、遊びに来てくれるのをお待ちしております(^O^)/
Posted by 山本良子 at 17:56
10月11日・12日のプレーパーク 台風19号の動きを気にしつつ、開催しました。 [2014年10月12日(Sun)]
冒険遊び場というのは基本、外で開催するので、いつも自然の変化がとても影響します。

今回も台風19号を気にしながらの開催となりました。

現場に行くまでは、テレビの情報をチェックして、いつ来るのかを気にするのですが、
現場に行くと、空の様子、風の様子、湿度、周りの様子などがとても敏感に肌が感じ始めます。


DSCF2114sono2.jpg

今日も午後1時頃、突然の突風が吹き、雨が降り始めました。

「これはいつもの雨じゃないし、風じゃない!!」
何かが違うことを体が感じはじめ、雲の様子が変わり、風の流れが変わる・・・

室内では感じることのできない変化・・・

子どもたちはというと、こちらの不安とは裏腹にますます遊びが盛り上がっていく・・・
大人としては天気が気になるのですが、子どもの遊びには関係ないようです。

DSCF2112sono2.jpg

今回も2日ともたくさんの親子づれと子どもたちが参加してくれました。
特に午後からどんどん参加者が増えてくるというのが、今回の傾向でした。

DSCF2116sono2.jpg

そして、結果的には遊び場終了時までほとんど雨が降ることもなく、無事開催することができました。

毎週来ている子どもたちが、毎回いろいろな遊びを展開するのですが、今回は時代劇のビデオ撮影(スマートホンで)にチャレンジしていました。剣で切られて、台から落ちるシーンとか、やられて逃げ回るシーンとか・・・。その一部を子どもたちの了解を得たのでアップします!

Posted by 山本良子 at 18:31
| 次へ
プロフィール

みんなダイスキ松山冒険遊び場さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/asobiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asobiba/index2_0.xml
tomotaku2009をフォローしましょう