CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
第3回松山市子ども子育て会議に行って来ました! [2014年03月26日(Wed)]
本日3回目の松山市子ども子育て会議に参加しました(^O^)/

膨大な資料と、難しい言葉の羅列に頭がどうにかなりそうだけど、

「でも、これって凄いこと決まる会議なんだよな〜!」と実感する。

保育園、幼稚園関係の人たちはこれから自分たちに関係する切実な問題だから、今までの子育て関係の会議に比べたら、発言も多く、いつも予定時間がオーバーするぐらい白熱している。

そして、私たち母親もそれに参戦しようと必死に発言をする。

でも・・・やっぱり園長や元校長先生などの背広の男性の発言の後では度胸がないと手を挙げることができない。ましてや、切実な部分になると個々の問題として取り上げられる可能性が高くなる。

目の前の母親の抱える問題は予想以上に切実で、切羽詰まっているにもかかわらず、今まで個々の問題として捉えられてきたことが多かった。待機児童問題もその一つだし、孤独な子育てや発達障害、虐待、不登校などなど。でもその問題改善を望み、必死で声を上げる母親が多くなってきて、やっと国が動き出し今回の会議に結びついているわけなので、やっぱり声はあげないといけない。

それから話し合わなければいけない議題の枠とそうでない問題の枠があるらしく、そうでない問題の場合は市の担当が答えはするけど、結局スル―しているように感じる。

国がどんな指針で、この会議を進行しようとしているのかわからないけど、結局はマニュアルどおりに進行してるんだよな〜と感じる。想定外の質問が出た時の市の職員の慌てぶりからそれも想像がつく。

それでも、「子ども育成会議」などのように会議の参加者がほとんど男性ということではなく、ワークライフコラボの堀田さんだったり、他の女性も今回は様々な観点から発言をしてくれて本当に心強い。

この会議の結論をイメージして会議の進行を市は行っているのだろうけど、そうであったとしても、是非「松山にとっての最善の子ども子育て支援新制度」となるようにお願いしたい。

少子高齢化の日本において、これからもどんどん若者が都市へ流出するとなると、地方は生き残れない。高齢者ばかりの街に未来はない。税金を払ってくれる若者がいなければ地域の活性化はない。

だとすれば、都市にはない魅力で、若者を都市から戻し、「子どもを産み育てるなら絶対松山!」という口コミが広まるぐらいのイメージで考えていってほしい。



 
Posted by 山本良子 at 21:51
「松山子ども子育て会議」いよいよ始動!! [2013年08月31日(Sat)]
平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援3法案」とそれに基づいて、平成25年4月以降に国及び自治体に設置された「子ども・子育て会議」が動き始めている。

この法案により、おそらく今までの保育園、幼稚園、認可、無認可、の概念を取り払い、新しい保育の形を地域ごとに作り上げるものになる。

今まで補助金をもらっていた定員60人以上の厚生労働省管轄だった保育園(定員200人以上はまた補助金額が違う)、文部科学省管轄だった幼稚園も基本的には内閣府内(子ども・子育て本部)において推進体制ができ、実施主体は各自治体(市町村)になる。

つまり松山の場合は松山市役所のどこかの部署が市内すべての保育所と幼稚園を管轄することになる。


そして、私が一番重要視していることは「家庭的保育(5人以下)」「小規模保育(6人〜19人」にも認可と同じだけの補助金が出る可能性があるということだ。

今までも無認可で6人以上子どもを預かる保育所にも補助金は出ているが、認可保育所に比べると微々たるもの。(松山の場合、0歳児だと10分の1ぐらい)だから森の保育園的なことや、家庭的保育園の運営はいつも苦しかったわけですが・・・・。

もし、このことが実現できれば、ドイツが進めている保育制度に近づくことになる。そして「森のようちえん」的保育がどの地域でもできやすくなるわけだが・・・。

でも、国が掲げる法案を見るとどの地域でもそのことが可能なように思われるが、それを阻む大きな問題がある。

それは待機児童がいったい松山にどれだけいて、どこまで認可の保育園が求められているかということだ。需要があるから国も補助金を出すわけで、需要のないところに補助金は出さない。

例えば、定員割れをしている幼稚園が保育園と同じ機能をはたせばすぐにでも需要はなくなる!という考え方もある。小規模な認可外よりも、大規模な認可保育所に安心感を抱く保護者が多いから大規模が安心!という考え方もあるだろう。

しかし、私は幼稚園で保育を始め、大規模保育園で待機児童全員が保育をしてもらう方が安心という考え方にはどうしてもなれない。もちろん大規模保育園の方が向いているお子さんもおられると思う。でも、そうした集団行動を強制される保育は向かない子どももいる。自然の中でのびのびと育てたいという保護者もいる。小規模保育でもこの先生に保育してもらいたいというカリスマ的な先生もいる。本当の需要は、簡単に待機児童の数では答えられないのではないだろうか。さまざまな考えの親がいて、個性豊かな子だもたちがいるわけだから、その需要に応じた保育所が必要と言う考え方でいてほしい。そして子どもを取り巻く様々な問題を解決する為にも絶対「小規模保育園の増加」を推すべきだと思っている。

また、予算の上でも大きな保育園を作るよりははるかにコストが抑えられるし、一人一人の個性を重視した保育ができる。一人一人の子どもに向き合える時間が増えるし、保護者が求める保育を選ぶ選択肢も増える。今子ども達も取り巻く様々な問題を解決する為には施設は重要ではなくて、人が重要なのである。子どもに共感し、共に愛をもって育ててくれる保育者を大切にする保育が求められている。


9月後半から始まるこの「松山市子ども・子育て会議」に注目したい!!

子ども・子育て支援新制度について

小規模保育事業について(平成25年8月29日)資料
Posted by 山本良子 at 21:09
プロフィール

みんなダイスキ松山冒険遊び場さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/asobiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asobiba/index2_0.xml
tomotaku2009をフォローしましょう