CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
お父さんが竹細工にハマって、子どもたちは・・・ 12月7日の活動報告 [2014年12月07日(Sun)]
最近の松山総合公園プレーパークは木工広場がグレードアップしていて、竹に穴をあける電動ドリルが毎回用意されていたり、弓矢もいろいろなバージョンが改良されて作られたりで、大人も楽しめるようになっています。といっても本来は子どもたちのためだったのですが、気が付いたら、今日も大人が竹細工にハマっていましたよ♪

竹細工入れ物.jpg
↑小物入れです
表札2.jpg
↑表札です。

ココでプレーパークを始めた当初からあるブランコも毎回人気があるんですが、名前がなくて単に「ブランコ」と言っていたのですが、いつも言われるイメージが「ハイジのブランコ」!

ハイジのブランコ.jpg

で、これがその「ハイジのブランコ」

乗ると結構スリルあります(^_^;)・・・

IMG_0333sono2.jpg

お父さんお母さんが楽しんでいると子どもたちも一緒に楽しめるから嬉しいんだと思うんですが、基本子どもたちが主役のプレーパークなわけです。だから一番思いっきり遊んでいるのは子どもじゃないといけない。でも、それを決めつけるのもどうかと思うんです。

スタッフだってワクワクがないと続かないし、お父さんお母さんだって楽しみがないとわざわざ山の上まで子どもを連れていく元気が出ない。

みんなそれぞれに楽しみがあるから来ようと思うわけで・・・

その「わくわく」って本当に大事だと思うんです。

いろいろな場所でいろいろなワクワクをイメージできる人と、固定化した楽しさでしか「わくわく」を感じない人が今はいると思うんですが、私的にはどんな環境になっても「わくわく」をイメージできちゃうって世の中生きていくのに大切なスキルだったりもすると思うんです。

だからって、できないからダメって言うわけでもないんですけどね!

どんぐり滑り台.jpg
↑これがどんぐり滑り台です!

ただ、今日のお父さんお母さんはそんな「わくわく」を見つけるスキルをいろいろ持っている人たちだったよな〜って感じました。

※次回は12月20日(土)21日(日)今年最後のプレーパークに是非遊びに来て下さいね(^O^)/
Posted by 山本良子 at 20:59
この記事のURL
https://blog.canpan.info/asobiba/archive/287
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

みんなダイスキ松山冒険遊び場さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/asobiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asobiba/index2_0.xml
tomotaku2009をフォローしましょう