CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
プレーリーダー入門講座 受講者大募集中です!! [2014年11月17日(Mon)]
愛媛にプレーパーク的活動を増やしたいと思い、事業を企画したのですが、なかなか参加者が増えません(^_^;)

難しい学びの場だと勘違いされたのか、又は他にイベントがあって出られないのかもしれませんが、絶対自然の中で子どもと遊ぶ時に必要なノウハウが満載なのでぜひぜひ参加してみてください!

難しいことは何もしません!

ただ、感じてほしいのです!

自然の中で遊ぶって楽しいということ、子どもが外でのびのびと遊んでいる姿って最高だし、大人が見ていても本当は楽しいって言うこと!

もちろん子どもの遊びには危険がついてきます。その危険を回避する為にはどうすればいいのか!これは11月24日に学ぶ予定にしています。

分かんないことはどしどし聞いていいし、一緒にみんなで考えたい!

子どもの遊びには限界がないのと同じで、大人がその子どもたちを見守るノウハウにも完成はない!常に悩みながら、知恵を出し合い、いろいろな事例を学んで子どもと共に成長し続けなければいけない仕事です。

大変な分、子どもの変化を感じて、やってよかったっていう手ごたえがある仕事です。

東京や横浜などではこれを仕事としている人がいるけれど、四国ではまだ仕事としている人はいません。でも、これからはこうした活動が仕事となる時代が来ると確信も持っています。

エアコンの効いた室内で、汚れることもなく、安全マークの遊具で遊び、ゲームをして日々過ごして本当に子どもは発達段階ごとの成長をしているのでしょうか?

「学び」といえば塾、習い事、スポーツクラブと思っている保護者が多いですが、自分から能動的に社会に飛び出し活躍できる人材が果たして育つのでしょうか?

子ども一人ひとりの個性と向き合いながら日々自問自答する親の悩みは決してお金を払って解決できるものばかりではありません。

勉強ができなくても、運動神経がよくなくても、臆病でも、さみしがり屋でも、泣き虫でも、その子その子のキラリと光る可能性が必ずあります。

いろいろな人と関わってもらいながら、そしてその一人一人の関わりに感謝しながら、自然という加工されていない素のままの空間で、誰かに気を使ったり、おびえたりしなくていい空気の中で、自分のやってみたいことを思いっきりチャレンジできる場を少しでも用意できれば、それは子どもにとって最高の学びの場になると思うのです。そしてそこでは、子どものきらりと光る可能性がよく見えるのです。

それが、地域の公園でも良いし、空き地でも良い。

今は昔のように、外で遊ぶ子どもの姿をあまり見なくなっていますが、プレイワーク(プレイリーダーの技能のこと)を理解する大人が増えれば、自然に子どもも外で遊びやすくなるだろうし、親もそうした地域の住民のおかげで不審者問題で不安になることも少なくなる。

子どもが元気に頑張っていると、大人も頑張らねばと思うだろうし、大人が頑張れば地域が元気になる。地域がみんなで力を合わせて知恵を出し合えばきっと産業も活性化するに違いない!

子どもを安心してのびのび育てることができる町には、行政支援もあるけど、子どもの育ちに理解のある住民も多いものです。

少子高齢化問題と地域再生問題、そして貧困の連鎖も断ち切ることが可能になるかもしれない。

ちょっとポジティブすぎる発想と思われるかもしれませんが、政治家や専門家の行政ありきの支援を待っていると、もう子どもたちを取り巻く社会環境はますます悪くなる一方です。まず、私たち一人一人が今何ができるのかを考え、行動することが大変そうで一番の近道なのではないでしょうか。


≪プレーリーダー入門講座≫
今回の入門講座では、「遊びって何?」「子どもとの遊びへの関わり方」「子どもの遊びに関わる専門性」「安全管理の基礎知識」という「プレイワーク」技能についてを、講義、現場体験、振り返りを繰り返しながら学びます。講師は長年プレーパークに関わってこられた、岡山プレーパークのプレーリーダー松田秀太郎さんに来ていただきます。内容はプレーパーク以外の子どもの遊ぶ現場に関わる方にも役立つ実践しながらの講座となっています。

日時:11月23日(日)と24日(月・祝)の2日間
   10:00〜16:00
講師:松田秀太郎(プレーリーダー)
集合場所:松山市考古館 と松山総合公園プレーパーク
     (松山市南斎院町乙67−6)
参加募集人数:10人
参加費:500円
持ってくるもの:山で活動できる服装と靴・帽子・お弁当・水筒・タオル・筆記用具
申込先:NPO松山冒険遊び場 事務局までメール又はお電話でお申し込みください。
締 切:11月20日
申込み:NPO松山冒険遊び場事務局 
    090-1575-6275(山本)
    tomo_taku2009@yahoo.co.jp
Posted by 山本良子 at 21:35
この記事のURL
https://blog.canpan.info/asobiba/archive/283
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

みんなダイスキ松山冒険遊び場さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/asobiba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asobiba/index2_0.xml
tomotaku2009をフォローしましょう