CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

遊び場を考える会さんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/asobi-ba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asobi-ba/index2_0.xml
こんなこと考えています [2013年08月30日(Fri)]

「おーい、みんなあそぼうよ!」では、
「なにかやってみたい」という気持ちを大切に、子ども達の持つ欲求や興味をひとつでも多く実現できるようにと、遊びの「場」を提供しています。何か興味をひくものがあるといいなと、いろいろな遊びを作りだせるように工夫して、普段の公園とは、少し模様替えをしていますが、決まった遊びを提供しているわけではありません。こんなこともできるよ!と、きっかけ作りはしていますが、「自分の責任で自由に遊ぶがモットーです。必ず、何かをして遊ばなくてはならないのではありません。何をしてもいい。でも何もしなくてもいい。皆さんの身近にある公園に遊びに行く感覚でいいのです。だから、こんなことして遊びたい!と思ったら、必要だと思われるものを持ってきてください。「でも、何を持っていったらいいの?わからないから教えてほしい」といった質問をよく頂きます。初めはどんな場かよくわからないので、不安に思われるでしょう。会では、大工道具や木切れ、絵の具、火をたくもの、鍋などを準備しています。「○○ができるので、△△を持ってきてください。」という事は、とても簡単です。でも、それは、自由な発想や遊びを縛ることになりはしないでしょうか。与えられた選択枠の中から、やりたいことを選ぶのではなく、「これをやってみたいんだ!」を、大切にしたいと考えています。さあ!何をして遊ぼうか。どんな遊びが生まれるのかな?子ども達が、いきいきと遊べる場を、みんなで一緒に作りましょう。

怪我1.jpg
Posted by 岡本 和子 at 23:29 | かわら版 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント