• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
検索
検索語句
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
最新コメント
sai
深山頂上から南へ / 山野草多数 (05/20) はにゃ
カオルの見晴し台看板設置 (03/11) 長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
峰の清水の流路改修 [2024年06月23日(Sun)]
2024年6月19日(水)〜24日(月) 〜 峰の清水の流路改修 / ほか 〜

 何度かの降雨の影響を受けて、峰の清水の流路から溢れた水が登山道の一部をくずし始めているとの指摘を受けた。前から気になっていたスポットでもあり、捨ててはおけない。早速改修作業に取り掛かる。チェックした日が去る14日。水路が狭まって写真のような状態。
2024-06-19 (3).JPGok.jpg改修前ok.jpg

2024-06-24 (3).JPG壊れ始めた登山道-2-ok.jpg

 この19日・21日・22日・24日と通い詰めて、ようやくここまで改修した。近くのケヤキ林に放置された間伐材を丸太橋として活用できたのは良かったが、久しぶりの重労働は、さすがに老躯にこたえた。そして、残念なことは、峰の清水とは名ばかりで、実際にはただの沢水。しかも3.11後の検査をしていないから、飲むに適しているとは言えない
2024-06-24 (7).JPG改修後ok.jpg

2024-06-24 (6).JPG改修後ok.jpg

 あのころの峰の清水。長岡も平気で飲んでいた。
20110514_22.JPG2011年5月の頃ok.jpg
 
 24日の作業中にお目にかかったアメリカのご夫婦。奥様はご懐妊中。鹿落ち坂を登ろうとしていたのを、あえて南側コースをおすすめした。写真は頂上からお帰りの折に撮らせていただいたものだが、手振れがひどい。山元町ののぞみセンターにご滞在中で、一週間後には帰国なさると伺った。おなかの赤ちゃんともども、Good luck!
2024-06-24 (4).JPGアメリカのお二人ok.jpg

 後日メールでいただいた写真を追加でご紹介。夫君のスマホで自撮りしてくれたもの。ご夫妻のお名前は、ベンジャミン・キャンベルさんジョエル・キャンベルさんで、キリスト教の布教のための来日でした。いつになくいい笑顔の長岡でした。
Benjamin and Joelle Campbellさんの自撮り.jpg

 峰の清水の作業期間中、下山時に亀石コース中間の沢にも手を入れた。ここの下方が崩れて水が流れ、下方のコース全体が大きく損壊してしまった。大きな反省点であった。
2024-06-24 (12)亀石コース中腹の沢.JPG
登山できます [2024年06月15日(Sat)]
2024年6月11日(金) 〜 登山できます 〜

 来年5月の完工を目指して進む深山山麓少年の森の大改修工事。整地が大分進んでいるが、登山者の理解にまぎれがあって、このところ訪れるハイカーが目立って減っている。そこで最近、入り口近くに「登山できます」の看板が立った。〜 工事期間中は可能な範囲で登山者の駐車場や通路、トイレの確保をする予定 〜 というのが町当局の意向。遠慮なく登って鎮魂の鐘を鳴らそう。
2024-06-11 (27).JPG登山できますok.jpg

2024-06-11 (26).JPG整地進むok.jpg

 折しも3.11の月命日。鐘を鳴らし終えて南進するハイカーの姿がある。
2024-06-11 (10).JPGok.jpg

 早くもギンリョウソウが顔を覗かせ、ホタルブクロは盛りを迎えている。
2024-06-11 (3)ギンリョウソウ.JPGok.jpg

2024-06-14 (11).JPGホタルブクロok.jpg

理事長が交代しました [2024年06月10日(Mon)]
  〜 謹告 / 理事長が交代しました 〜

 当NPO法人 山元・あしたの響き の設立以来12年間、設立者の長岡久馬が理事長を務めてまいりましたが、寄る年波に逆らえず、去る6月1日付け通常総会を以って退任し、新たに砂金良宏(いさごよしひろ)前副理事長が就任することになり、法的手続きもすべて完了いたしました。ここに長年にわたる長岡へのご愛顧に衷心より感謝申し上げますと共に、砂金新理事長への熱いご支援を切にお願い申し上げる次第です。
 なお砂金理事長は1953年(昭和28年)11月生まれ、山元町笠野地区在住の極めて壮健かつ知性的な人物で、地元の信頼も厚く、当NPO法人の更なる発展が大いに期待されます。いずれ写真掲載で改めてご紹介申し上げますが、ここに謹んでご報告申し上げます。
 また長岡は、引続き副理事長及び事務局として、健康の許す限り在席しご奉仕申上げる所存ですので、あわせて変わらぬごひいきをお願い申し上げる次第です。

          2024年(令和6年)6月10日
          NPO法人 山元・あしたの響き 事務局:長岡久馬 敬白