• もっと見る
« 2023年10月 | Main | 2023年12月»
検索
検索語句
<< 2023年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
常磐線山下駅ホームから [2023年11月22日(Wed)]
2023年11月21日(火) 〜 山下駅ホームから深山を望む 〜

 10時20分、常磐線山下駅ホーム。仙台への電車を待つ間の写真。深山はここから真正面。ようやく秋深き色。深山/鎮魂の鐘も、知る者には肉眼で確認できるが、初めての人にはちょっと無理。これはスマホによる写真。2枚目の写真の矢印の先端にわずかに色っぽく見えるのが鎮魂の鐘。できれば一眼レフの望遠系が望ましい。 通常仙台には車で行くが、白内障手術を受けて退院後、きょうは最初の診察日。未だ車の運転も運動も禁じられている。早く山の仲間にも会いたいし、たかうちコースのあのウリハダカエデの琥珀色に顔を染めてもみたいが、いましばらくの我慢。・・・それにつけても、しみじみと、このごろ、健康であることの大切さを実感する。折しも今日は長岡85歳の誕生日。
1248.jpgok.jpg

1246.jpgok.jpg-2-.jpg

 駅に入る前、直近の常磐線の高架下で撮った画像。
1249.jpgok.jpg

 昨年の今頃のたかうちコース
2022-11-11 (10)ok.JPG

深山仲間、泉ヶ岳に登る / 他 [2023年11月20日(Mon)]
2023年11月16日(木) 〜 深山仲間 泉ヶ岳に登る / 他 〜

 当法人の齋藤ふみ子理事からの投稿。本人も加わっている深山の仲間たち(仮称:木曜の会)の有志6人が、泉ヶ岳(1,172m)に登ってきたという。番外ではあるがご紹介しよう。以前の予定が雨で延期になり、この日になったもの。絶好の日和だったはず。
 〜 最初の3枚は木幡氏(前列右端)のカメラによるもの 〜
木曜の会-1-ok.jpg

木曜の会-2-ok.jpg

木曜の会-3-ok.jpg

 〜 次の1枚は齋藤理事のスマホで 〜
木曜の会-4-ふみ子理事撮影.jpg


  ちなみに長岡はといえば、7日に左目、14日に右目、いずれも二泊三日で仙台の佐藤裕也眼科白内障手術を受けていた。そしてこの日(16日)は晴れて退院の日だった。ちなみに運転免許の更新は最初の手術の前日、つまり11月6日(月)に無事済ませていた。
 さらにさかのぼってチョッピリ個人情報を加えれば、去る10月31日(月)、日帰りで妻と二人、深山からも垣間見れる安達太良山ロープウェイを楽しんできたのであった。
2023-10-31 (15).JPG

2023-10-31 (4).JPGok.jpg


いまどきの深山の草花 / 他 [2023年11月04日(Sat)]
2023年11月2日(木)-2- 〜 いまどきの深山の草花 / 他 〜

 深山山中もだいぶ色づいてきた。
2023-11-02 (1).JPGok.jpg

 シロダモが真っ赤な実をつけた。
2023-11-02 (4).JPGシロダモok.jpg

 歓迎されないスギの雄花、花粉もたっぷりと。
2023-11-02 (14).JPGスギok.jpg

 歌碑の裏の斜面では、前回ご紹介の山の仲間たちが寛いでいる。
2023-11-02 (11).JPGok.jpg

 ヤマハッカの花の蜜を吸う蝶。ウラナミシジミというらしい。
2023-11-02 (15).JPGウラナミシジミok.jpg

 センブリがしっかりした花をつけたが、昨年より小ぶりだ。
2023-11-02 (17).JPGセンブリok.jpg

 深山にはアザミの仲間も数多いが、随分地域性があるようで、図鑑参照でもなかなからちが明かない。どうやらこれはナトリアザミというようだ。
2023-11-02 (22).JPGナトリアザミ?ok.jpg

 水道タンク近くの旧鈴木邸の牛小屋前、とんちゃん山の角地に立てた道標の杭が折れて倒れていた。とりあえずカキの木の幹に結わえ付けた。多分草刈り機が入ったときに触れたものだろう。
2023-11-02 (25).JPG折れていた標識ok.jpg

紹介された山の仲間たち [2023年11月03日(Fri)]
2023年11月2日(木) 〜 紹介された山の仲間たち 〜

 ゆうべ郵便受けに入っていた「広報やまもと」を見てびっくり。見慣れた面々がずらりと表紙を飾っていた。みんないい顔だ。早速ご紹介しよう。
2023-11-02 (26).jpg

 こちらはこの写真の紹介記事。遅れて参じた2人も加わったが、ちょっと小さすぎ。「木曜日の会」として紹介されているが、実際にはそんなグループ名はなく、町側で便宜上勝手につけたようだ。以前は仮に「深山を愛する会」と言っていた。代表者は体調不良か、最近はあまり顔を見せない。この写真にもいない。全体ではあと4・5人はいるはず。入会の条件はただ一つ、登山保険に入っていること。仲間入りをお望みなら、木曜日の9時半前に、深山山麓少年の森の駐車場へ行って誰かに声をかければいい。管理されず全く自由。いいですね!
2023-11-02 (27).jpg