• もっと見る
« 2022年10月 | Main | 2022年12月»
検索
検索語句
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
哀愁の深山 / 山頂賑わう / 落ち葉を踏む / あずまやに笑顔弾ける / ほか  [2022年11月29日(Tue)]
2022年11月27日(日) 〜 哀愁の深山 / 山頂賑わう / 落ち葉を踏む / あずまやに笑顔弾ける / ほか 〜

 もう初冬と言うべきだろうが、深山にはいつまでも晩秋の哀愁が漂う。写真は駒返しコースから。
2022-11-27 (1).JPGok.jpg

2022-11-27 (2).JPGok.jpg

 〜 からまつの秋の雨に わたしの手が濡れる 〜 と、歌の聞こえてきそうな光景もある
2022-11-27 (6).JPGok.jpg

2022-11-27 (5).JPGok.jpg

2022-11-27 (7).JPGok.jpg

2022-11-17 (5).JPGok.jpg

2022-11-27 (12).JPGok.jpg

 オオイタドリの草紅葉が迫り、鎮魂の鐘が見えてくる
2022-11-27 (15).JPGok.jpg

2022-11-27 (14).JPGok.jpg

 小グループ次々訪れ、頂上が賑わう。鐘の音が響く。


 11時を回るころ頂上を後にして、下山はたかうちコースを選ぶ。立枯れててっぺんを無くしたクヌギが林立している。これもナラ枯れのせい。
2022-11-27 (24).JPGok.jpg

 後ろから足音が迫り、若い女性が駆け抜ける
2022-11-27 (26).JPGok.jpg

 落ち葉を踏もう。落ち込んだ気分もすっきりするだろう


2022-11-27 (34).JPGok.jpg

2022-11-27 (37).JPGok.jpg

2022-11-27 (40).JPGok.jpg

2022-11-27 (42).JPGok.jpg

2022-11-27 (43).JPGok.jpg

2022-11-27 (44).JPGok.jpg

2022-11-27 (46).JPGok.jpg

  烏森を抜けてトンチャン池に出ればひとまずホッとする。ここで後からおいでの3人に道を譲る。
2022-11-27 (48).JPGok.jpg

2022-11-27 (51).JPGok.jpg

町の水がめ、水道タンク
2022-11-27 (53).JPGok.jpg

 「ウッドギャラリー無房」の作業場と庭が美しい。初めてのハイカーお二人が店内を見たがっていたようだが、きょうは閉まっていたようだ。
2022-11-27 (56).JPGok.jpg

 アジサイの葉の黄葉を写す。
2022-11-27 (59).JPGok.jpg

 一本ケヤキから少年の森へ迎えば紅葉は今が盛り
2022-11-27 (63).JPGok.jpg

2022-11-27 (64).JPGok.jpg

 ちごゆりの丘あずまやでまたお会いした
2022-11-27 (70).JPGok.jpg

 笑顔が弾けるご夫婦。名取からおいでの大内さんと伺う。周囲の人々を完全に温かく包み込むお二人だろう。深山常連ハイカーの佐藤夫人が途中で出会いご案内してきたと聞く。
2022-11-27 (72).JPGok.jpg

2022-11-27 (74).JPGok-2-.jpg

2022-11-27 (75).JPGok.jpg

 あずまや少年の森へ下る
2022-11-27 (76).JPGok.jpg

2022-11-27 (77).JPGok.jpg

2022-11-27 (78).JPGok.jpg

 少年の森広場へ到着。もう正午を15分も回っている
2022-11-27 (81).JPGok.jpg

2022-11-27 (82).JPGok.jpg

皇帝ダリアが青空に映える
2022-11-27 (83).JPGok.jpg

 深山神社モミジも見ごろを迎えた。きょうはここまで。疲れました。みなさん、写真の撮り過ぎに注意しましょう。少しお休みをいただきます。
2022-11-27 (85).JPGok.jpg

 



晩秋の深山 [2022年11月26日(Sat)]
2022年11月24日(木) 〜 晩秋の深山 〜

 宮城県の太平洋沿岸部の低山はいまどきが一番魅力的。深山も哀愁に満ちている。鐘の音も響きます。


深山は黄金色 [2022年11月12日(Sat)]

2022年11月11日(金) 〜 深山は黄金色 〜

 あれから11年8ヵ月の月命日。暦の上では立冬を過ぎているが、低山の色づきは遅く、深山にもようやく美しい季節が訪れた。それは紅葉というよりは黄金(かがね)色、あるいは琥珀色と言った方が相応しい。例年、特にたかうちコースウリハダカエデの輝きようは並外れで、通りかかるハイカーの顔を金色に染める。深山はまだまだ楽しめる。
2022-11-11 (10)ok.JPG

2022-11-11 (13).JPGok.jpg

2022-11-11 (14)ok.JPG

2022-11-11 (16)ok.JPG

2022-11-11 (20).JPGok.jpg

2022-11-11 (21).JPGok.jpg

 10時過ぎの深山頂上の寸描。初めての訪問者が多い。
2022-11-11 (2).JPGok.jpg


亡き愛妻と歩む、みちのく潮風トレイルを青森から [2022年11月06日(Sun)]
2022年11月5日(土) 〜 亡き愛妻と歩む、青森から 〜

  3日の河北新報で、隣町亘理の87歳の男性がみちのく潮風トレイルの全線1025`を踏破したと知って喝采を叫んだばかりだが、きょうはわが深山で感動的な出会いがあった。
 いつものように鎮魂の鐘を鳴らし、常連ハイカーに別れを告げての帰途10時半過ぎのこと、頂上直近の坂の下、お太鼓峠で出会った健脚な男性は、北からの稜線をやってきて道標を覗き込んだ。こちらは初めてですかと問えばそうですとの答え。そして続いて語られた言葉に心底心打たれた。「 妻と二人で、みちのく潮風トレイル青森の出発点から歩いてきた。リュックに入っているのが妻のトレッキングシューズと写真」〜 聞いたとたんに目頭が熱くなった。男性の名は澤口俊博(53)さん青森県六戸町の地方公務員。最愛の妻恵美子さんを昨年6月に亡くした。乳がんだったと、後ほど知った。美しく聡明な方だったことは写真から見て取れる。
2022-11-05 (12).JPG澤口さん0k.jpg

2022-11-05 (15).JPGok.jpg

 「ほら、写真撮ってもらえるよ。よかったね…」と言いながら取り出してくれた妻恵美子さんの遺影と共に。
2022-11-05 (14)澤口さんと妻恵美子さん.JPGok.jpg

 鎮魂の鐘まで一緒に戻って撮らせて頂けばよかったが、きょうは一眼レフを置いてきたので、加工写真でお許しを。
鎮魂の鐘と合成.jpg

 のちほどのメールで更に知ったことは、妻恵美子さんは9年前に既に末期がんを宣告されたが、奇跡的な回復を見て、息子たちが一人立ちするのを見届けるまで頑張り抜き、穏やかに旅だったということ、みちのく潮風トレイルの今回の挑戦は亘理駅から四方山深山鎮魂の鐘・そして坂元駅までの歩きで、初挑戦から47回目ということ、南の終着点の相馬市松川浦には、来月中旬二人でゴールインするということ、いずれは逆方向からも再挑戦したいということ、故郷六戸から、その時々の登山拠点までは車と電車を上手に使い分けているということ、などであった。
 黒ハートGood luck!! 前途に幸多からんことを! あなたの亡き妻への愛と誠実さを忘れない!黒ハート

 昨日初冠雪と伝えられた蔵王だが、きょうは確認できない。
2022-11-05 (2).JPGok.jpg

 紅葉もまだそんなに進んではいないが、亀石コース深山池(仮称)は色を増して美しい。
2022-11-05 (17).JPGok.jpg



「秋の深山に登ろう」 [2022年11月04日(Fri)]
  
 「秋の深山に登ろう」の記事が載った
        〜広報やまもと11月号より〜

 去る10月16日(日)に行われた町の行事「秋の深山に登ろう」は好天に恵まれ、町内外から59名の参加者を得て行われたと、本日11/3配布の広報やまもとの記事が伝えている。あいにく当法人からの参加はなかったが、当該記事をご紹介しよう。記事の組み方に工夫があって、今までのこの種の報道で一番の出来映えだと思う。欲を言えば、折角の機会なので、できれば鎮魂の鐘で少時の黙祷ぐらいあってもよかったのにと思う。
2022-11広報やまもと「秋の深山に登ろう」.jpg




2022(令和4)年度 役員名簿 [2022年11月03日(Thu)]

 NPO法人 山元・あしたの響き
 2022(令和4)年度役員名簿
 任期:2022年6月1日〜2024年5月31日までの2年間です。

 理 事 長:長岡 久馬
 副理事長:砂金 良宏
 理  事:伊藤 貞悦
 理  事:森   博子
 理  事:橋 忠彦
 理  事:大久保勝美
 理  事:西澤 美幸
 理  事:齋藤ふみ子
 理  事:南部 昌秀

 監  事:小野寺浩子
 監  事:阿部 修久