CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年06月 | Main | 2021年08月»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
タマアジサイ開花・他、ヒグラシの大合唱 [2021年07月25日(Sun)]
2021年7月24日(土) 〜 タマアジサイ開花・他、ヒグラシの大合唱 〜

 暑い日が続く。めげずに登る。タマアジサイがようやく開花を迎えた。一斉に開花することが少ないから、うわーっ、きれい!と言われることも少ないと思われる。どちらかと言えばかなり地味な花。
2021-07-24 (12)タマアジサイok.jpg

 ヒヨドリバナが咲いた。遥か台湾辺りから飛来するという蝶のアサギマダラはこの花が好きという。先日アサギマダラを見かけたばかりだが、この写真に合成したものは一昨年の8月に撮った一枚。
2021-07-24 (50)ヒヨドリバナ&アサギマダラok.jpg

 クルマバナ
2021-07-24 (41)クルマバナok.jpg

 キツネノボタン。次にあげるダイコンソウと混同されやすい。
2021-07-24 (5)キツネノボタンok.jpg

2021-07-24 (8)ダイコンソウok.jpg

 今年はレンゲショウマの花芽がわんさとついた。大いに期待されるが、毎年綺麗に花開くのは意外と少ない。
2021-07-24 (36)レンゲショウマok.jpg

2021-07-24 (38)レンゲショウマok.jpg

 ホオノキに悪魔の卵ともいえそうな実がついき、トチノキも豊かに実をつけた。
2021-07-24 (1)ホオノキok.jpg

2021-07-24 (60)トチノキok.jpg

 一寸持山(いっすもちやま)の展望スポットに再び若竹が茂り始めた。今のうちに刈払いすれば次の処置が易しくなると判断、正午ちょっと前に作業開始。13時40分終了。終了近くにヒグラシの大合唱のプレゼントを受ける。スマホで動画に収めたが、近年なかなか蝉時雨(せみしぐれ)を聞かなかったのは、真夏の午後に山中にいる機会が少なかったことによるようだ。
2021-07-24 (52)刈払い前ok.jpg

2021-07-24 (53)刈払い後ok.jpg

 ヒグラシの大合唱はこちらから。
 
クルマユリ鮮やか 他 [2021年07月20日(Tue)]
2021年7月17日(土)・19日(月・海の日) 〜 クルマユリ鮮やか 他 〜

 いつもの場所にいつものようにギンリョウソウが大挙顏を現した。既に液果を結び始めている。
2021-07-17 (3)ok.jpg

2021-07-17 (2)ok.jpg

 タマアジサイの開花はまだまだ先か。
2021-07-17 (10)ok.jpg

 ミヤマウズラ
2021-07-17 (17)ok.jpg

 ヤマユリ
2021-07-17 (24)ok.jpg

 トチバニンジンの実が真っ赤に色づいた。
2021-07-17 (26)ok.jpg

 開花前のウバユリ
2021-07-19 (2)ok.jpg

 特に駒返しコースに目立つクルマユリ。今年はことのほか美しい。
2021-07-19 (13)ok.jpg

2021-07-19 (15)ok.jpg

2021-07-19 (54)ok.jpg

2021-07-19 (16)ok.jpg

キツネノボタン
2021-07-19 (22)キツネノボタンok.jpg

 カノツメソウ
2021-07-19 (25)ok.jpg

2021-07-19 (24)ok.jpg

 タケニグサ。子どものころこの実をつぶして黄色い液体を出し、脚に塗った。脚が速くなると言われ、そんな気もしたが・・・
2021-07-19 (29)ok.jpg

 タケニグサの葉の間からクルマユリが見える。
2021-07-19 (28)ok.jpg


 ノギラン
2021-07-19 (42)ノギランok.jpg




 

 
 
 
 
 
  
ギンリョウソウ・ トリアシショウマ・ オカトラノオ [2021年07月11日(Sun)]
2021年7月10日(土) 〜 深山いまどきの花 / ギンリョウソウ・トリアシショウマ・オカトラノオ 〜

いかにも梅雨時らしい鬱陶しい毎日。我慢できずにまたぞろ深山へ。きょうはいつもと逆にたかうちコースから。斜面にトリアシショウマの花が波打つ。
2021-07-10 (3)トリアシショウマok.jpg

2021-07-10 (4)トリアシショウマok.jpg

 雨が降れば決まって倒木。この他にも2カ所、手挽きのノコギリで処理して進む。
2021-07-10 (6)倒木ok.jpg

 頂上角田側ではオカトラノオがわんさと、やや盛りを過ぎている。
2021-07-10 (12)オカトラノオok.jpg

2021-07-10 (11)ok.jpg

 帰途の亀石コースではいつもの場所にいつも通り、ギンリョウソウが大量に顔を出し始めた。スマホで撮るには暗すぎて手振れが目立つ。いずれもう一度ご紹介しようと思う。
2021-07-10 (16)ギンリョウソウok.jpg

2021-07-10 (25)ok.jpg

 とんちゃん山ではウメの落果が拾って行けと泣き喚く。主に電話して了解を得て、一袋分頂戴する。目下白内障手術で山登り中断中の妻が、ウメジュースや砂糖漬けなどにしてくれる。ちなみに明日は11日。3.11の月命日だが、夫婦してコロナのワクチン接種の2回目。山登りは無理。
2021-07-10 (19)ok.jpg


梅雨時の深山頂上 [2021年07月03日(Sat)]
2021年7月2日(金) 〜 梅雨時の深山頂上 〜

 いかにも梅雨時らしい空模様が続く。人影のない山頂に海から霧が吹き上げ、鎮魂の鐘も濡れそぼる。今日の一枚はこれ。いま盛りのオオバジャノヒゲとのコラージュ。
2021-07-02 (24)今日の一枚ok.jpg

2021-07-02 (20)ok.jpg

 深山頂上ではこの蚕神への敬拝も欠かせない。きょうもひっそりと佇む。
2021-07-02 (23)ok.jpg

 角田側の視界もほぼゼロ。
2021-07-02 (22)ok.jpg

 登る途次に撮ったタマアジサイ。昨年の花後の姿をそのままに、新たな花芽を膨らませ始めた。
2021-07-02 (11)タマアジサイok.jpg

 2年前まで猛毒カエンタケが生えて注意書きを配した場所に、今度は真逆の薬用ともいわれる霊芝(れいし)=マンネンタケが顔を覗かせた。知ってる誰かがきっと採る。
2021-07-02 (5)マンネンタケok.jpg

 曇ったレンズをそのままに写した光景もおもしろい。
2021-07-02 (12)ok.jpg

 頂上の動画はこちらから。スマホで撮ったものだが勝手に編集されている。いつも覗かれ干渉され、怖い。

倒木処理ありがとう [2021年07月01日(Thu)]
2021年6月30日(水) 〜 倒木処理ありがとう 〜

 亀石コース経由で登り、下山するとき、いつもより遅く登って来る日下教雄氏に会った。駒返しコースで倒木があり処理したが、蔓が絡んでいて40分ほどかかった由。ありがたいことです。スマホで撮った画像を電送していただいた。画面上部の倒木は通行に支障のないもので、今回は見送り。
2021-06-30 (11)日下さんより(倒木処理.JPG


刈払い済んだ [2021年07月01日(Thu)]
2021年6月28日(月) 〜 深山遊歩道の刈払い済んだ 〜

 町の要請により毎年この時期に行われる山寺愛林会による刈払い作業、13人により昨日曜日に終了。深山頂上もすっかりきれいになった。お疲れさまでした。2回目は例年9月の予定。
2021-06-28 (1)ok.jpg

2021-06-28 (2)ok.jpg

2021-06-28 (4)ok.jpg

2021-06-28 (8)ok.jpg

2021-06-28 (9)ok.jpg