CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
検索
検索語句
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山の嬉しい来訪者 [2021年05月30日(Sun)]
2021年5月29日(土) 〜 嬉しい来訪者 / 他 〜
 
 きょうも嬉しい来訪者との出会いがあった。たかうちコースを下りながら、写真を撮ったり足元のイバラを刈払ったりしていたら、注意深くゆっくりと下りてくる3人グループがあった。挨拶を交わして気づいたら、中の青年はどうやら体に少し不自由があって、女性二人の支えを得ての登山だった。脚に障害が残っているとの由。ブログ掲載について快諾を得たのでご紹介。皆さんの明るい笑顔がなんとも魅力的で、太陽の絵柄にも似たマルバダケブキのコラージュが生きる。大崎市からの来訪。もしご連絡があれば、写真プリントをお送りします。
 すでに何度か、全盲の方を含め、かなり難度の高い障害を持つ方々の来訪があり、鎮魂の鐘建立に携わったものとして心底感謝の念に堪えないし嬉しい限りなのだが、リハビリ効果に期待を寄せる一方、支援に携わる方々の負担軽減のいい手立てはないものかと思う。なにせ健常者にとっても決して楽なコースとは言えないのだから、せめて今まで以上にしっかりしたコースの改善と管理が求められると、自らに言い聞かせたひと時だった。
2021-05-29 (69)-2-ok.jpg

2021-05-29 (72)ok.jpg

 こちらは駒返しコースの登りでの出会い。時間的にはこちらが先。一昨年の台風19号の後、文字通り老骨に鞭打って復旧させた地崩れ現場。いまは町による化粧が済んで、まるで当方の苦労の跡が分からない。勿論いまここに憩う3人のご婦人もご存じないはず。
2021-05-29 (7)ok.jpg

 峰の清水でのひと時。皆さんは地元の方の由。妻も加わる(右から二人目)。熟年プラスアルファが複数集まれば、話題は決まって健康と病気のあれこれ。どんなに話が弾んでも、互いを知って記憶に残すには、やっぱりマスクが邪魔。
2021-05-29 (12)ok.jpg

 頂上への最後の坂を登る81歳。繁り始めたオオイタドリを刈払ってくれたのは日下教雄氏
2021-05-29 (16)ok.jpg

 スマホで鎮魂の鐘を写すご婦人。
2021-05-29 (41)ok.jpg

 きょうの角田丸森方面。蔵王はおぼろ。
2021-05-29 (32)ok.jpg

2021-05-29 (33)ok.jpg

 久しぶりに山元町を北から順に。また一段と杉林のスギが伸びて視界を塞ぎ始めた。少し大がかりな伐採が望ましい。代わりにヤマツツジを植えたい。
2021-05-29 (21)ok.jpg

2021-05-29 (22)ok.jpg

2021-05-29 (23)ok.jpg

2021-05-29 (24)ok.jpg

2021-05-29 (25)ok.jpg

2021-05-29 (26)ok.jpg

2021-05-29 (27)ok.jpg

2021-05-29 (28)ok.jpg

 ノアザミハナバチの仲間が寄る。
2021-05-29 (36)ノアザミとハナバチの仲間ok.jpg

 マルバダケブキが最盛期を迎えた。
2021-05-29 (44)マルバダケブキok.jpg

2021-05-29 (43)ok.jpg

2021-05-29 (45)ok.jpg

 全山に増え始めているウリノキが花芽をつけた。
2021-05-29 (46)ウリノキの花芽ok.jpg

 もっと増えて欲しいヤマボウシ
2021-05-29 (54)ヤマボウシok.jpg

 先日伐採後の処理が済んだばかりのたかうちコースの現場を過ぎて、急坂にかかるお二人。
2021-05-29 (60)ok.jpg

 伐採後のヤマザクラの切り株には早くも天然更新による新芽が。
2021-05-29 (65)ok.jpg

 トリアシショウマの白い穂花が目立つようになり
2021-05-29 (78)トリアシショウマok.jpg

 とんちゃん池キショウブが水面に映えて美しい。
2021-05-29 (81)ok.jpg

2021-05-29 (83)ok.jpg

 東街道近くには今年もソバの花が。今年は規模が小さいようだ。
2021-05-29 (89)ok.jpg

2021-05-29 (86)ok.jpg

 道端のツルマンネングサ
2021-05-29 (92)ツルマンネングサok.jpg

2021-05-29 (91)ok.jpg

 
見晴しスポットの手入れ [2021年05月27日(Thu)]
2021年5月20日・5月24日 〜 見晴しスポットの手入れ 〜

 深山遊歩道のうち、北こばたけからお太鼓峠にかけてのルートは一寸持山(いっすもちやま)と呼ばれている。現在は深山神社の所有で実質山元町山寺区の管理下に置かれるが、かつては多くの地権者によって小さく分割されていたからこのような名がついたと仄聞する。ほとんどが樹木に囲まれ、開けた地点がなく、少々息苦しかったが、数年前倒木によって少し空間ができたのを契機に当方で刈払いを行い見晴しを改善した。爾来、多くのハイカーがここで一息つく。また大分ブッシュが茂ってきたので、刈込バサミで手を加えた。20日に女性の助っ人と少々行い、本日男性二人、3時間半かけて完了した。写真からは判別できないが、急斜面で凹凸が激しく、ブッシュの中でもがきながらの、結構危険な作業だった。作業後の写真に枯草が目立つが、二日遅れで撮ったもの。
2021-05-24 (24)一寸持山の見晴しスポット・ok.jpg

2021-05-26 (11)一寸持山刈払い後ok.jpg


伐採木の処理完了 / 他 [2021年05月25日(Tue)]
2021年5月23日(日) 〜 伐採木の処理終了 / 他 〜

 懸案のたかうちコースの伐採木の処理が昨日ようやく終了した。去る2月13日の地震後に、町の担当者と共にこの馬の背状の登山道の亀裂を確認し、当方ではそれを地崩れの兆候と見て、斜面にかかる負荷を減らすために両サイドの立木の伐採を要請して実行してもらったが、伐採後の処理が延び延びになっていて見苦しかった。多少雨模様ではあったが、昨日の土曜日、約束通り実施してもらい心底ほっとした。
 処理後
2021-05-23 (5)伐採木の処理完了ok.jpg

 処理前
2021-04-02 (66)ok.jpg


 山はすっかり濃い霧の中。道々、花盛り間近のマルバダケブキがそぼ濡れて輝く。
2021-05-23 (1)マルバダケブキの径ok.jpg

2021-05-23 (8)マルバダケブキの径-2-ok.jpg

 頂上近くの尾根道で、フジづるの絡まった倒木を処理するのは日下教雄氏。ありがたいことです。
2021-05-23 (11)日下さんok.jpg

 頂上のさくら平は、マルバダケブキウマノアシガタ、そして遠景の鎮魂の鐘と共に幻想的に濡れそぼる。
2021-05-23 (12)マルバダケブキの径-3-ok.jpg

 三角点近くに立つ二人のシルエット。
2021-05-23 (16)シルエットの二人ok.jpg

 鐘を鳴らすご婦人。
2021-05-23 (18)鐘を鳴らす人ok.jpg

 ウマノアシガタの金色の中で一枚撮らせてもらう。なんとも笑顔の美しいご婦人でした。この時季には初めての来訪と伺う。
2021-05-23 (21)笑顔の美しい人-合成-ok.jpg


なお本日、別動隊が明通峠の登山口の刈払いを済ませてくれた。これで来月予定のみちのく潮風トレイル山元ルートの刈払い作業が大きく軽減される。
2021-05-23(35)明通峠刈払い・砂金氏.jpg





いまが盛りの深山の花 / その他たくさん [2021年05月16日(Sun)]
 〜 ウマノアシガタ & スズタケ / その他たくさん 〜

 随分更新を怠ってしまった。今が盛りの草花、少しまとめてのご紹介。今年とりわけ美しいのは深山頂上のウマノアシガタさくら平を金色に埋め尽くしている。まずは5月15日の写真から。4人グループは利府町からと伺う。なお、写真中のハイカーはおおかたマスク着用者だが、撮影時のみ外したもの。
2021-05-15 (11)ok.jpg

2021-05-15 (17)利府からおいでの皆さんok.jpg

2021-05-15 (21)ok.jpg

2021-05-15 (39)ok.jpg

2021-05-15 (41)ok.jpg

 こちらは去る11日、大震災月命日で午後から登頂。当法人の会員4名。鐘を鳴らして犠牲者を追悼してから撮ったもの。午後の日差しが眩しい。
2021-05-11 (5)ok.jpg

 そしてこちらがクマザサ類のスズタケ。みちのく潮風トレイル、石堂山トンネル山との間、かなりの範囲にわたってに一斉に花開き、黒っぽい花芽から薄黄色の花を吐き出していた。竹類の開花は60年に一度とも120年に一度ともいわれていて、実態は不明という。開花した後一斉に枯死するとも、2.3年は咲き続けるとも言われているとか。5月13日撮影。
2021-05-08 (30)スズタケok.jpg

2021-05-08 (31)スズタケok.jpg

2021-05-08 (32)ok.jpg

2021-05-08 (33)スズタケok.jpg

2021-05-08 (37)ok.jpg

 
 ご紹介が遅れてしまったものもある。5月1日、とんちゃん山サラサドウダンから。
2021-05-01 (1)サラサドウダンok.jpg

 ズミの花と菜の花そっくりのカラシナの花。
2021-05-01 (3)ズミとカラシナok.jpg

2021-05-01 (41)カラシナok.jpg

 ハナズオウ
2021-05-01 (44)ハナズオウok.jpg

 今年は咲き惜しんでいるアブクマトラノオ、見つけたのはたった1輪。
2021-05-01 (38)アブクマトラノオok.jpg

 イカリソウ
2021-05-01 (27)イカリソウok.jpg

 モミジガサ
2021-05-01 (32)モミジガサok.jpg

 ガマズミ
2021-05-01 (22)ガマズミok.jpg

 オオイタドリ
2021-05-01 (19)オオイタドリok.jpg

 ヤマツツジ
2021-05-01 (24)ヤマツツジok.jpg

 ニオイタチツボスミレ
2021-05-01 (36)ニオイタチツボスミレok.jpg

 サクラスミレ
2021-05-01 (33)サクラスミレok.jpg

 チゴユリ
2021-05-01 (37)チゴユリok.jpg

5月3日 ラショウモンカズラ
2021-05-03 (14)ラショウモンカズラok.jpg

 ウツギ
2021-05-03 (31)ウツギok.jpg

 5月6日 コンロンソウ
2021-05-06 (32)コンロンソウ.JPG

 ウシハコベ
2021-05-06 (33)ウシハコベok.jpg

 ヤマハタザオ
2021-05-06 (56)ヤマハタザオok.jpg
2021-05-06 (55)ヤマハタザオok.jpg

 アオダモ
2021-05-06 (39)アオダモok.jpg
2021-05-06 (40)アオダモok.jpg

 オトコヨウゾメ
2021-05-06 (48)オトコヨウゾメok.jpg

 ウラシマソウ
2021-05-06 (59)ウラシマソウok.jpg

 5月8日 タニギキョウ
2021-05-08 (39)タニギキョウok.jpg

 ホウノキ
2021-05-08 (2)ホウノキok.jpg

 5月11日 アマドコロ
2021-05-11 (1)アマドコロok.jpg

 トチノキ
2021-05-11 (13)トチノキok.jpg

 5月13日 オオカワヂシャ。いつの間にか忍び込んだ外来種で繁殖力が強く駆除が望まれる。
2021-05-13 (33)オオカワヂシャok.jpg

 5月15日 マルバダケブキ
2021-05-15 (50)マルバダケブキok.jpg
2021-05-15 (49)マルバダケブキok.jpg

 ツクバネウツギ
2021-05-15 (53)ツクバネウツギok.jpg

 フジ
2021-05-15 (56)フジok.jpg

 サルトリイバラ
2021-05-15 (52)サルトリイバラok.jpg

 ヤマウルシ
2021-05-15 (62)ヤマウルシok.jpg

 ヤブデマリ
2021-05-15 (65)ヤブデマリok.jpg
2021-05-15 (67)ヤブデマリok.jpg

 ツリバナ
2021-05-15 (78)ツリバナok.jpg

 トチバニンジン
2021-05-15 (82)トチバニンジンok.jpg