CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
検索
検索語句
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
きょうの倒木処理 [2020年09月20日(Sun)]
2020年9月13日(日) 〜 局所的降雨が見える 〜

 きのうの激しい雨で、本日コース点検。駒返しコースに処理を要する倒木4カ所確認したが、いずれも大規模なものではないので一安心。明日にも処理しよう。
 頂上から見る角田市側の眺望に、一ヶ所、局所的に雨が降っていると思われるスポットが写りこんだ。枝野地区阿武隈川周辺か。
2020-09-13 (47)ok.jpg

 鎮魂の鐘には、始めておいでになったお二人が凝った写真に挑戦中。
2020-09-13 (56)ok.jpg


大震災から9年半 [2020年09月17日(Thu)]
2020年9月11日(金) 〜 あれから9年半 〜

 あの忌まわしい大震災から9年半のきょう、毎月のこととして深山登頂、鎮魂の鐘を鳴らして全犠牲者の御魂に祈りを捧げる。午前10時、あいにくの小雨模様で訪れる人は少ない。あれから目覚ましい変革を遂げた下界の山元町も、しっとりとそぼ濡れている。CD「ああ深山の鐘」さとう宗幸さんの歌声が無人の山頂に流れる。歌はこちらからどうぞ。
2020-09-11 (6)ok.jpg

2020-09-11 (13)ok.jpg

2020-09-11 (8)ok.jpg

2020-09-11 (7)ok.jpg

2020-09-11 (9)ok.jpg

2020-09-11 (10)ok.jpg

 鐘を後にしての途次、幾度か鐘の音が響いてきたことで来訪者の存在を知る。





ゆたかで平和な田園風景 [2020年09月15日(Tue)]
2020年9月8日(火) 〜 ゆたかで平和な田園風景 〜

 本当に久しぶりに蔵王山が姿を現した今日、深山山頂から見る角田・丸森側の田園風景は、実りの秋を直前にして、まさに豊かさと平和の象徴。こんなに心安らぐ光景が他にあろうかとさえ思える。昨年の台風19号の水害や、世界中を震撼させている新型コロナウイルス感染拡大の現況など、まるでなかったかのようで、不思議でさえある。
2020-09-08 (18)ok.jpg

2020-09-08 (20)ok.jpg

2020-09-08 (22)ok.jpg

 こちらは山元町、10時22分。偶然、間もなく駅に入る常磐線の下り列車が写りこんでいる。
2020-09-08 (31)ok.jpg

 帰りのたかうちコースナラ枯れにより立ち枯れた木に、びっしりと生えて乾燥したウスヒラタケと思われるキノコ。一木全体を白化させている。似たような光景は深山各所に散見する。
2020-09-08 (35)ok.jpg




トチの実・ガンクビソウ・マタタビの虫えい [2020年09月12日(Sat)]
2020年9月6日(日) 〜 トチの実・ガンクビソウ・マタタビの虫えい 〜

 今年はトチの実が大豊作。亀石コース導入部は町道になっているが、路面にびっしりとトチの実が落ちている。実はあく抜きして粉末にし、トチ餅などに加工されと大変美味だが、地元の山元町では一切おかまいなし。もったいないの代表格。
2020-09-06 (16)トチの実.jpg

 このシーズン、深山のどこにでもこのガンクビソウが大繁殖中。名前の由来は一目瞭然。いまは滅多に見ることはないが、刻みたばこを吸うときに用いた煙管(キセル)の雁首に花の形が似ていることによる。
2020-09-06 (24)ok.jpg

 マタタビ虫えい果(虫こぶ)も路面に散見する。マタタビアブラムシマタタビミタマバエが、マタタビの花に寄生することによってできるという。木天蓼(もくてんりょう)といわれる漢方薬のもとになる。猫には与え過ぎに要注意。性的興奮から呼吸困難を引き起こし、死に至ることもあるようだ。
2020-09-06 (26)マタタビの虫えいok.jpg


2度目の頂上刈払い [2020年09月02日(Wed)]
2020年8月29日(土) 〜 2度目の頂上刈払い 〜

 暑い!深山頂上10時10分前。既に30℃をわずかに超えている。この東屋の寒暖計が30℃を指すのを確認するのは初めてのこと。風はほんのそよ風程度。この酷暑の中、山寺愛林会6名による刈払いが行われた。今年2回目。例年よりほぼ一カ月早い。熱中症にくれぐれもご用心と願ってお先に下山したのであった。
2020-08-29 (11)ok.jpg

2020-08-29 (5)ok.jpg

2020-08-29 (9)ok.jpg

2020-08-29 (8)ok.jpg

2020-08-29 (6)ok.jpg

2020-08-29 (13)ok.jpg

2020-08-29 (15)ok.jpg

 下山中に目にしたフシグロセンノウも暑さに色を失っている。
2020-08-29 (17)ok.jpg


 つけたしながら、15年前すでにあった頂上東屋「深山ノート」の表示ラベルも、寄る年波に勝てず随分とはがれてきたので、このたび貼り換え終了。
2020-08-17 (18)ok.jpg
2020-08-29 (3)ok.jpg