CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
検索
検索語句
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
視界瞭然 [2020年01月28日(Tue)]
2020年1月27日(月) 〜 視界瞭然 〜

 曇天ながら深山頂上からの視界は瞭然としてどこまでも見通しが利く。次郎太郎山の後方にくっきりと吾妻小富士ご浮かび、わずかに下った辺りの温泉宿への恋心を掻き立てる。
2020-01-27 (28)-2-吾妻小富士OK.jpg

 雲海のような鈍い光の太平洋を挟んで、向こうに浮かぶ牡鹿半島はまるで牛橋河口の対岸のようにも見え、日本列島の複雑な形状を今更のように思い知る。
2020-01-27 (29)-2-牛橋河口と牡鹿半島.jpg

 大震災遺構として保存の決まっている旧中浜小学校。北側の黄色いハンカチ掲揚の様子も何とか識別できる。
2020-01-27 (8)-2-中浜小学校OK.jpg

 くっきりと浮かぶ蔵王山を背景に、深山頂上を去ろうとする山好き姉妹のシルエットが浮かぶ。
2020-01-27 (10)ok.jpg

 足元にはフキノトウが顔を覗かせ、下山すれば亀石コース入口のウメが一輪開花している。
2020-01-27 (5)-2-フキノトウok.jpg

2020-01-27 (32)-ウメ一輪-OK.jpg


穏やかな日曜日 [2020年01月26日(Sun)]
2020年1月19日(日) 〜 穏やかな日曜日 〜

 例年になく穏やかで温かい真冬の日曜日、活き活きと明るい福島からのご一行を始め、きょうも大勢のハイカーが深山頂上を訪れた。
2020-01-19 (19)ok.jpg

2020-01-19 (20)ok.jpg

2020-01-19 (22)ok 福島・歩歩会18名.jpg

2020-01-19 (28)ok.jpg

2020-01-19 (26)ok.jpg

 昨年5月から新庁舎での業務が始まっている山元町役場。8年間の役割を終えたプレハブ庁舎は、気づかぬうちにほぼ解体工事が終わっていた。お疲れさまでした。
2020-01-19 (38)-2-仮庁舎の撤去ほぼ終了.jpg

 新地町火力発電所から立ちぼる煙は真っすぐ天空に伸びて、見事な無風状態を証明している。
2020-01-19 (39)ok.jpg


深山初積雪と 舞い降りた天使 [2020年01月20日(Mon)]
2020年1月1月16日(木) 〜 深山初積雪と 舞い降りた天使 〜

 テレビでは仙台の降雪の模様が報じられていた昨15日山元町は冷たい雨だった。今朝になって登ってみれば、深山には薄く初積雪があった。それにしても厳しい冬の寒さとは程遠い。風もなく穏やか過ぎて気味が悪い。
2020-01-16 (4)ok.jpg

2020-01-16 (10)ok.jpg

2020-01-16 (8)ok.jpg

2020-01-16 (19)ok.jpg

 西側の眼下に見下ろすのは角田市内町湖とその周辺集落。ほんのうっすらと雪を蓄え、眠っているかのように静かだ。
2020-01-16 (21)ok.jpg

 山好きの人たちの中には、天使のようにはにかんだ美少女もいる。きっと、ますます仲間が増えるんだろうな。
2020-01-16 (9)-2-寿子さんと仲間たち-1-.jpg

2020-01-16 (31)-寿子さんと仲間たち-2-.jpg

オブジェできた! [2020年01月20日(Mon)]
2020年1月14日(火) 〜 オブジェできた! 〜

 亀石コースヒノキ林の一角に、妻と共に石を積み上げてきた。周囲にいくらでも転がっている石だ。もうそろそろ形にしなければと思っていた。簡単なフィニッシュとして、近くに転がっている古いヒノキの根っこを乗っけようと考えていた。そして今日、頂上で一緒になった仲間3人の手をお借りして実行した。結果がこの写真。後続写真2枚の合成による。画面右から佐藤昌一氏土屋清氏日下教雄氏、そして長岡。根っこ部分については少しデフォルメが必要か。これからもこの手のいたずらで、登山者の目を楽しませられたらいと思っている。
2020-01-14 (5+6合成)OK.jpg

2020-01-14 (6)ok.JPG

2020-01-14 (5)-2-.jpg

 妻歳子(としこ)の力も借りているので、後日撮った一枚もご紹介。イラスト風に加工してあります。
2020-01-19 (62)イラスト風ok.jpg



早くもキクザキイチゲが! [2020年01月14日(Tue)]
2020年1月11日 -2-  〜 早くもキクザキイチゲが! 〜

例年なら3月半ばあたりから咲き始めるキクザキイチゲ。何と今年は、たった一輪とは言え、烏森そばの沢沿いにもう開花寸前。これも地球温暖化の影響とすれば恐ろしい。とりあえずご紹介。
2020-01-11 (16)ok.jpg

 こちらはツクバネの実。今年は深山山中、特にたかうちコースに、わんさと実をつけたものが多数見受けられる。ただし、ちょっとゆすってやるとすぐに舞い散る。
2020-01-09 (24)ok.jpg

2020-01-09 (29)ok.jpg

2020-01-09 (30)ok.jpg

2020-01-09 (45)ok.jpg


月命日に祈る [2020年01月12日(Sun)]
2020年1月11日(土)  〜 月命日に祈る 〜
 
 穏やかに晴れ渡った今日は東日本大震災から8年10か月の月命日。土曜日と相まって大勢の人々が深山/鎮魂の鐘を訪れた。
2020-01-11 (11)ok.jpg

 時々お目にかかる地元の長谷川さんも、鐘を鳴らして敬虔な祈りを捧げた。満面に穏やかな人柄が現れている。
2020-01-11 (12)コラージュOK.jpg

 蔵王山もご機嫌よろしいが、例年よりはかなり雪の少ないのが見て取れる。
2020-01-11 (7)ok.jpg

 次郎太郎山の後背に吾妻小富士一切経山、そして画面左端に安達太良山もくっきりと浮かぶ。
動画はこちらから。
2020-01-11 (5)OK.jpg

 わずかに先行して、鐘の音とさとう宗幸さん「ああ深山の鐘」をDVDに収めた。手振れが相当にひどいが、ご容赦の上ご覧ください。こちらです。
 歌だけでしたらこちらからどうぞ。


 
2020の夜明け [2020年01月02日(Thu)]
2020年元旦  〜 深山/初日の出 〜

    晴れ 新年明けましておめでとうございます 晴れ

 大晦日に吹き荒れた風が嘘のように引いて、一転穏やかな2020年の元旦。早朝の車のガラスも凍ってはいない。過去にこんなに穏やかな元日を迎えた記憶はない。さて深山頂上に見る初日の出。水平線上には例年のように幾筋かの雲がかかるが、大きなさわりにはならない。太陽はちょっと遅めに輝き始め、頂上の数10人の顔をくれないに染め上げた。
2020-01-01 (22)ok.jpg

2020-01-01 (45)-2-ok.jpg

2020-01-01 (34)ok.jpg

2020-01-01 (36)ok.jpg

2020-01-01 (31)-2ok.jpg

 いつも山の整備に力を貸してくださる皆さん。画面左から土屋さん佐藤昌一さん静子夫人、そして望月さん
2020-01-01 (32)-2ok.jpg

 初日の出をバックに一枚所望されたが、カメラの前では滅多に笑顔にならない山本晴寿さん。別なショットから取っての加工写真がこれ。いい笑顔です。
2020-01-01 (45)-2-山本さんの笑顔-.jpg

 こちらはトレランのふぅさんこと小野寺浩子さん。走って帰る彼女のうしろ姿に、見送る女性の一団が感嘆の声をあげていた。さて今回、東京オリンピックの聖火リレーのランナーとして、彼女ほどの適任はいないと確信してご推薦申し上げたが、結局いい知らせは届かなかったようだ。残念。報道によれば有名人ばかり随分多く起用されていて、復興マラソンとしてはいささか?マークが付きそう。
ふぅさん.jpg

 抜け目なく自分のショットも1枚。山本さんに撮っていただいたもの。
2020-01-01 (37)ok.jpg

 今日はこんなおチビちゃんもおいでで人気者になっていたが、帰りにはお母さんの背中で泣き声をあげていた。疲れたのだろう。
2020-01-01 (8)ok.jpg

 多くのハイカーが帰途に就くころ、太陽は一段と輝きを増して光芒を放った。
2020-01-01 (40)ok.jpg

2020-01-01 (42)ok.jpg

 下山して深山神社に立ち寄り、昨年1年の無事に感謝。そして今年の息災を願う。石段を下りたのが8時ちょうどでした。
2020-01-01 (50)ok.jpg

DSC_0083.JPG

 
 晴れ 皆さんに山ほどの幸せが舞い込む一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます 晴れ