CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
検索
検索語句
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
みちのく潮風トレイル 山元ルート点検 [2019年11月29日(Fri)]
2019年11月27日(水) 〜 みちのく潮風トレイル 山元ルート点検 〜 

 深山/駒返しコースの地崩れ・倒木現場の復旧作業に追われて、毎日気にかけながら足を向けることができなかった峰路。それが「みちのく潮風トレイル山元ルート。台風19号通過に伴う倒木等が相当数処理を待っていることがわかっていた。さる10月28日、名取トレイルセンター西澤さんと一通り調査済みだから。そしてその後、「深山を愛する会」のメンバー有志が、都合3回にわたってその処理を済ませてくれたと知り、心底感謝し、また安堵した。
 そして本日、名取トレイルセンター主催による12月15日(日)予定のウォーキング催事に向け、最終点検を行った。催事の参加募集については、定員25名の予約がすでに埋まっていると聞く。倒木処理に積極関与してくれた日下教雄氏佐藤昌一氏、そしてトレイルセンターの西澤さん長岡、以上4名による。深山山麓少年の森集合、車一台で明通峠(あきどおしとおげ)に向かう。当該峠は角田市側の土砂崩れに伴い目下通行止めだが、町境近くの砕石現場の事務所に車を預かってもらう。深山方面登山口はすぐ近くだ。
 登山開始10時丁度。
2019-11-17 (1)#.JPG

 四方山入口がすぐそこで、角田市側の土砂崩れは現場もすぐ近くのようだ。
2019-11-17 (2)#.jpg

 いきなり結構きつい傾斜が待っている。
2019-11-17 (3)#.jpg

 みちのく潮風トレイルの案内テープを補足する西澤さん。
2019-11-17 (8)#.jpg

 雷神山到着、10時18分。
2019-11-17 (15)#.jpg

2019-11-17 (17)#.jpg

 
2019-11-17 (26)#.jpg

2019-11-17 (21)#.jpg

2019-11-17 (27)#.jpg

2019-11-17 (29)#.jpg

2019-11-17 (30)#.jpg

 山家山(やんべやま)到着10時58分。ここで20分ほど休憩。各自持ち寄った菓子などをほおばる。
2019-11-17 (33)#.jpg

2019-11-17 (36)#.jpg

2019-11-17 (38)#.jpg

2019-11-17 (39)#.jpg

2019-11-17 (40)#.jpg

2019-11-17 (42)#.jpg

2019-11-17 (43)#.jpg

 このルート最高の眺望を持つトンネル山(仮称)到着は11時26分。下を角田山元トンネルが貫通している。
2019-11-17 (44)#.jpg

2019-11-17 (45)#-2-.jpg

2019-11-17 (48)#.jpg

2019-11-17 (49)#.jpg

2019-11-17 (50)#.jpg

2019-11-17 (51)#.jpg

2019-11-17 (55)#.jpg

2019-11-17 (54)#.jpg

 この辺り、山元町鷲足沢の源流の一つ。
2019-11-17 (56)#鷲足沢源流.jpg

 わずかな距離だが、このルート最大の傾斜地を登る。
2019-11-17 (57)#最大の急斜面.jpg

2019-11-17 (60)#.jpg

2019-11-17 (61)#.jpg

2019-11-17 (62)#.jpg

2019-11-17 (64)#.jpg

2019-11-17 (68)#.jpg

2019-11-17 (70)#.jpg

 このルート、残念ながら太平洋側に開けたスポットが少ない。ここはもう少し手を入れればいい展望が得られそう。
2019-11-17 (75)#.jpg

2019-11-17 (74)#.jpg

 山元町側の地名を持つ石堂山到着は正午をわずかに回っていた。道標は未だない。
2019-11-17 (77)#.jpg

 ここに来るたびこの大きな穴の跡が気になる。いったい何なのか。隕石?
2019-11-17 (78)#.jpg

2019-11-17 (84)#.jpg

2019-11-17 (85)#.jpg

 いよいよ深山地内到着12時15分。展望のない展望台/国見台。早く手を入れて欲しいというのがこの地を訪れるハイカー全ての願いなのだが・・・
2019-11-17 (90)#.jpg

2019-11-17 (91)#.jpg

2019-11-17 (93)#.jpg

2019-11-17 (94)#.jpg

2019-11-17 (96)#.jpg

2019-11-17 (97)#.jpg

2019-11-17 (100)#.jpg

2019-11-17 (102)#.jpg

さあもうすぐ深山/鎮魂の鐘
2019-11-17 (104)#.jpg

2019-11-17 (107)#.jpg

12時28分、到着でーす。
2019-11-17 (111)#.jpg

 しばし角田市側の光景に見とれる。蔵王も見える。丸森町も見える。一見すこぶる平和そうだが・・・
2019-11-17 (113)#.jpg

2019-11-17 (115)#.jpg

2019-11-17 (116)#.jpg

2019-11-17 (123)#.jpg

 やっと遅いランチタイムだが、山家山でのおやつが利いていてあまり空腹感はない。
2019-11-17 (118)#.jpg

2019-11-17 (119)#.jpg

 新調なって間もないテーブルセットだが、いずれも脚部の設置部分が頼りない。これがいつまでも入山禁止を解除できない所以かもしれない。来月15日になっても解除不能なら、催事予定変更も余儀なくされる。そんなことのないよう願うのみ。
2019-11-25 (19)-2-頂上のテーブルセットの脚部.jpg

 13時6分、下山開始。
2019-11-17 (124)#.jpg

 画面左側が来た路、右側が帰る路。お太鼓峠だ。
2019-11-17 (128)#.jpg

2019-11-17 (129)#.jpg

2019-11-17 (130)#.jpg

 峰の清水/駒返しの分かれ道。真っすぐは鹿落ち坂からさっき通過した国見台へ。右が少年の森への下山路。
2019-11-17 (133)#.jpg

2019-11-17 (134)#.jpg

 業者が処理した大きなモミノキの倒木の輪切りが、日下教雄氏によって休憩用の椅子に仕立てられていた。
2019-11-17 (137)#.jpg

 さる19日にやっと処理を終えた最大の難所へ来かかる。根っこの移動にはしばしば日下氏・佐藤氏らの手をお借りした。
2019-11-17 (141)#.jpg

2019-11-17 (144)#.jpg

2019-11-17 (148)#.jpg

 右の階段を下りれば少年の森のトイレ建屋裏に出る。直進は深山神社経由で少年の森駐車場へ。
2019-11-17 (150)#.jpg

 深山神社とそのモミジ。今日の無事を感謝して一礼。石段を下れば駐車場。14時2分、今日の日課終了。深山を愛する会の皆さまのお陰で、何の問題もありませんでした。皆さまお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
2019-11-17 (152)#.jpg

2019-11-17 (153)#.jpg

2019-11-17 (151)#.jpg

2019-11-17 (154)#.jpg

2019-11-17 (155)#.jpg


ミッション コンプリート! [2019年11月20日(Wed)]
2019年11月19日(火) 〜 ミッション コンプリート! 〜

 去る10月12日の台風19号通過による最大の倒木群の処理が、本日午後3時半、最後の根っこの取り払いが済んで完了した。今度こそ安全登山が約束できる。皆さまのご来訪をお待ちします。
2019-11-19 (6)-2-.jpg

 上から見た図
2019-11-19 (5)-2-.jpg

 これが最後の根っこでした。おぼつかなかったチェーンソーの目立てもようやく物になり、この根っこの撤去に大いに役立ちました。
2019-11-19 (1)最後の一本-2-.jpg

 テコを使ってやっと移動した根っこ。
2019-11-19 (3)-2-.jpg

 落ちそうな石も大方処理を終えた。
2019-11-19 (4)-2-.jpg

 昨18日、切断された丸太を椅子用に整えてくれている山の仲間、日下教雄さん(手前)と佐藤昌一さん
2019-11-18 (6)-2-.jpg

 ハイカーの多くはこの倒木群の現場にきて息をのみカメラを構える。今後少しは化粧直しが必要だが、深山中の名所になること必至。ただ、きちがいじみた大雨の来ないことを望むのみ。

 〜 最後まで温かく見守ってくださいました皆さま、ありがとうございました 〜

道が開けた [2019年11月13日(Wed)]
2019年11月12日(火) 〜 道が開けて難関突破 〜

 台風19号被害の倒木群処理にかかりっきりの毎日だが、最難関だった一番大きなスギの切り離しに成功、一カ月ぶりに下をくぐらずに通行可能になった。最初の写真は切断直前の倒木。深山を愛する会のメンバー3名の協力により、倒木の下に枕木を押し込んだところ。
2019-11-12 (1)-2-切断前.jpg

 切り離し成功!ドスンという大きな音の心地よさ。懸念された小さなチェーンソーが何とかうまく機能してくれたことによる。
2019-11-12 (7)-2-.jpg

2019-11-12 (3)切断成功-2-.jpg

切断面の大きさ。直径60センチ弱か。
2019-11-12 (6)-2-.jpg

 先に掘り出していた木の根っこも、深山を愛する会の力をお借りして展示に成功。これでどうやら一カ月続いた入山禁止の解除が望める。文字通り力を貸してくれたお三方:日下教雄さん佐藤昌一さん・そして佐藤寿子さん、ありがとうございました。
2019-11-12 (2)みんなの力で-2-.jpg

 残りの切り株の始末が待っているが、こちらはゆっくと気ままに進めさせていただこうと思う。なにぶん粘土状になった土の中で大小の根っこが絡み合い、その中に大小の石がぎゅうぎゅう詰めになっているので、簡単にはいかない。
2019-11-12 (8)-2-.jpg



8年8カ月の月命日 [2019年11月13日(Wed)]
2019年11月11日(月)  〜 あれから8年8カ月 〜

 あの忌まわしい東日本大震災から8年8カ月。月命日の今日、雨模様の深山には人影がない。毎月のこととて、妻と訪れ鐘を鳴らす。そぼ濡れた鎮魂の鐘は見るからに寂しい。
2019-11-11 (7)-2-.jpg

 西側の光景。美しく薄雲がたなびき、一見平和に見えるが、その陰ではなお避難生活を余儀なくされている丸森町角田市の多くの住民がいる。必死な復旧作業にとっては、小雨とて大きな障害となろう。
2019-11-11 (3)-2-.jpg

2019-11-11 (4)-2-.jpg

 こちらは地元山元町中心部の光景。全く様変わりした姿に今更ながら驚くばかり。
2019-11-11 (5)-2-.jpg

 帰途のたかうちコースウリハダカエデなどの紅葉が進む。入山解除が待たれる。
2019-11-11 (18)-2-.jpg

2019-11-11 (19)-2-.jpg

2019-11-11 (23)-2-.jpg


復旧までもう少し [2019年11月10日(Sun)]
2019年11月9日(土)  〜 もう一息なのだが 〜

 深山における台風19号被害のうち、最も復旧の難しいのは、駒返しコース地崩れを伴う倒木群だが、当方の単独活動として何とかここまで進んだ。持ち込んだチェーンソーの刃は、固いスギの根にあってはたちまち切れなくなることがわかり甚だ難儀。しかし、この後の処理については少し明るい見通しがでてきたのでもう少しお待ちください。
 下は本日の作業終了後の写真。奥のスギの大木の下もくぐれるし、山側も通れる。もう通行に支障はないので、入山禁止はいつでも解除してもらえる。町の判断を仰ぎたい。
 他に峰道のみちのく潮風トレイルにもわんさと倒木のあることは調査済み。一部トンネル山までは山の仲間たちが処理してくれたと知ったが、残りの作業も急がれる。早くこちらを片付けたいと気は急くばかり。
2019-11-09 (4)-3-.jpg

 手前の一個の切り株は掘り出し済みだが、このトレイルの谷側の縁(写真右側)に、記念オブジェとして展示しようかと思案中。不要ならこの下方にできた別の倒木の根っこの大穴に放り込むこともできるが、この穴は穴でそのまま保存したい気持ちがある。
2019-11-08 (2)-2-.jpg


忙中閑あり [2019年11月02日(Sat)]
2019年10月30日(水)  〜 忙中閑あり・沢で見つけたモクズガニ 〜

 紅葉のシーズンと言うのに、深山の入山禁止は解除されないままだ。公式復旧工事もなかなか始まる様子がないから、せいぜい細々と、非力ながらの作業を余儀なくされる。頼まれたわけではないから愚痴は言えない。今日は駒返しコースに入って間もなくのヤマガラの径にあふれ出た沢の補修作業だ。落枝落葉と大量の砂を払いのけ、本流からそれた流れを元に戻していたら、ちょこんとましましたのはサワガニならぬモクズガニ。サワガニにしては大きいが、モクズガニとしては小型。多分雄だろう。名取川の河口付近にわんさといたが、こんな小さな沢にもいるとは。逃げる様子もないので、しばらく遊んでもらった。
2019-10-30 (5)-2-モズクガニ.jpg