CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
最新コメント
ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
トレイル整備再び [2019年09月22日(Sun)]
2019年9月19日(木) 〜 みちのく潮風トレイル整備再び 〜

 名取トレイルセンターの提案により、山元コースの二度目の整備が行われた。ゲストにロングトレイルのプロハイカーMASA(マサ)さんを迎えて、賑やかに少年の森から入山。鎮魂の鐘で記念写真を撮ってから、峰通を北へ向かう。名取トレイルセンター事務局から西澤美幸さん、当方の山仲間から9名(内女性3名)、都合11名の参加。9:30少年の森出発。
2019-09-19 (1)-2-.jpg

 マサさんは居住地の山形県上山市から公共交通機関利用で相馬市に入り、みちのく潮風トレイルを南から北へと全ルートの踏破を目指す。昨日相馬・新地ルートを済ませて、昨晩は少年の森周辺でテント泊なさった由。昭和48年生まれと伺った。左のアップがマサさん。日焼けした顔が優しく微笑む。
2019-09-19 (2)MASAさん-2-.jpg

 更新なったばかりの峰の清水のベンチで小休止だが、さすが山慣れした人たちばかりで、腰を下ろす人は少ない。
2019-09-19 (4)-2-.jpg

 深山山頂鎮魂の鐘で記念写真を撮らせてもらう。
2019-09-19 (12)-2-.jpg

 北へ向かう。
2019-09-19 (14)-2-.jpg

 石堂山で。
2019-09-19 (15)-2-石堂山で.jpg

 鷲足沢手前500bあたりから刈払いが始まる。刈払い機で先行するのは土屋さん。78歳(?)のタフガイだが無理は禁物。
2019-09-19 (18)-2-先行する刈払い機.jpg

 燃料補給。
2019-09-19 (19)-2-燃料補給.jpg

 倒木処理。
2019-09-19 (20)-2-倒木処理.jpg

 
2019-09-19 (21)-2-.jpg

2019-09-19 (25)-2-.jpg

2019-09-19 (28).jpg-2-.jpg

 やっとトンネル山(仮名)到着。12:30、遅い昼食となる。ここからの角田側の眺望は絶佳で旅愁を誘う。
2019-09-19 (29)-2-.jpg

 アップは名取トレイルセンターの西澤さん
2019-09-19 (32)-2-.jpg

2019-09-19 (34)-2-展望.jpg

2019-09-19 (36)-2-.jpg

2019-09-19 (37)-2-.jpg

 残念ながらここから先は分離行動。西澤さんは会議を控え、マサさんは先を急ぐ。そこで長岡の案内で明通峠まで先行。予め待たせてあった長岡のおんぼろカーでお二人を出発地の少年の森へご案内。そこで西澤さんとお別れ。マサさんは水補給を済ませて重いバックパックを整理。長岡の車で再び明通峠へ。そしてほぼご自分の体重ほどのバックパックを背に、14:30、四方山へと姿を消した。いずれ12月、亘理公民館で予定しているフォーラムで再会することになるが、なにとぞご無事でお帰りを。
 トンネル山残留組はさらに刈払いを進め、山家山手前で本日の作業終了。石堂山から下山で、少年の森へと戻ってお別れの挨拶を交わしたのは15:00を回っていた。まだかなり整備が必要だが、次の機会を待つこととなる。皆さん、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
 
 最後の写真は明通峠への途中で目にしたツルニンジン
2019-09-19 (39)-2-ツルニンジン.jpg




深山頂上のベンチ・テーブルが更新された [2019年09月18日(Wed)]
2019年9月17日(火) 〜 頂上のベンチ・テーブルが新しくなった! 〜
 
 長いこと懸案だった深山頂上のピクニックテーブルセットがようやく更新された。まだビニールシートで覆われているが、峰の清水のセット交換が終われば取り払われるだろう。
2019-09-17  (5)-2-.jpg

2019-09-17  (7)-2-.jpg

 新たに設置されたものもあって、ハイカーの使い勝手がよくなった。ありがたいことです。
2019-09-17  (16)-2-.jpg

2019-09-17  (18)-2-.jpg

 こちらが旧来の物。
2019-09-11 (14)-2-.jpg

2019-09-11 (15)-2-.jpg

 今回急遽生涯学習課に連絡を入れ、この機会に展望案内板の残骸撤去も是非にとお願いし、聞き入れられた。
2019-09-11 (16)案内板の枠.jpg


 去る11日、ベンチ等更新のための運搬道整備が行われた際の寸描。亀石コース鎮魂の鐘の工事開始の頃の労苦を思い出す。
2019-09-11 (3)-2-.jpg
2019-09-11 (21)-2-.jpg

2019-09-11 (18)-2-.jpg


 今日に戻って、下界は山元角田ともに豊かな実りの秋を迎えている。太平洋沿岸地帯の、大震災後の面影はどこにもない。
2019-09-17  (20)-2-.jpg

2019-09-17  (21)-2-.jpg

2019-09-17  (1)-2-.jpg

2019-09-17  (2)-2-.jpg

2019-09-17  (3)-2-.jpg

2019-09-17  (4)-2-.jpg


2019-09-17  (8)-2-.jpg

2019-09-17  (9)-2-.jpg


 下山時に見つけた色鮮やかなフシグロセンノウ
2019-09-17  (14)-2-.jpg







 
 
登山口の刈払い再び [2019年09月18日(Wed)]
2019年9月13日(金)  〜 登山口整備再び 〜 

 みちのく潮風トレイル山元町ルートが決定し、昨年6月8日に明通峠(あきどおしとおげ)からの登山口の最初の整備を行って以来、何度か手入れはしたけれども、雑草のはびこりは予想以上に速い。今回の手入れも2日がかりとなったが、綺麗になった。
 どこが登山口か全くわからなかった頃の手入れ前の様子はこちらからどうぞ。
  
 こちらは今回の手入れ前の様子です。
2019-09-13 (2)-2-刈払い前.jpg

 手入れ後の様子です。
2019-09-15 (3)-2-.jpg

2019-09-15 (5)-2-.jpg

2019-09-15 (6)-2-.jpg

2019-09-15 (7)-2-.jpg

 画面中央の奥が四方山入口です。
2019-09-15 (8)-2-.jpg

2019-09-15 (4)-2-.jpg

 道路反対側にはツリフネソウがわんさと繁茂している。
2019-09-13 (6)-2-ツリフネソウ.jpg

 なお刈払い機につきましては、今回も伊藤貞悦副理事長の協力を得ました。ありがとうございました。

名取ボーイスカウトご一行 [2019年09月14日(Sat)]
2019年9月7日(土) 〜 名取ボーイスカウトご一行 他 〜 

 間もなく正午。弾けるような歓声と共に現れたのは名取ボーイスカウトご一行30名ほど。到着するや否やわれ先に鐘を鳴らす。体重をかけて力いっぱい紐を引くから大音響が鳴り響く。耳をふさぐ子も続出で、付添いの大人からストップがかかる。深山山頂は久々の大賑わい。初めての来訪の由。是非恒例行事に取り入れて欲しいものだ。
2019-09-07 (1)-2-.jpg

2019-09-07 (2)-2-.jpg

2019-09-07 (3)-2-.jpg

2019-09-07 (5)-2-.jpg

 
 今日の植物はチヂミザサ・カヤの実、そしてノブキ
2019-09-07 (6)−1-チヂミザサ.jpg

2019-09-07 (11)-2-カヤの実.jpg

2019-09-07 (12)-2-ノブキ.jpg


 烏森でまた倒木。スギの大木が根こそぎ倒れている。妻は力持ち。助けを借りれば、ノコギリを使わなくともこの通り。ゴロンと沢側へ転がして終了。
2019-09-07 (13)-2-倒木.jpg

2019-09-07 (14)-2-倒木.jpg


深山アルバムあれこれ [2019年09月14日(Sat)]
2019年8月31日(土) 〜 倒木処理から始まって 〜
 少年の森で偶然一緒になった山の仲間と駒返しコースを登る。途中、ご覧の通りの倒木が複雑に入り組んで登山道を塞いでいる。女性2人男性3人の共同作業で20分。綺麗に片付いた。女性群の力強さが印象に残ったひと時。写真嫌いなメンバーもいて、記録残せず残念。
2019-08-31 (2)-2-駒返しコースの倒木.jpg

2019-08-31 (3)-2-処理終了後.jpg

 久しぶりに蔵王山が顔を覗かせた。
2019-08-31 (5)-2-久しぶりの蔵王.jpg

 山頂でくつろぐ仲間たち。
2019-08-31 (6)-2-くつろぐ山の仲間たち.jpg

 ツルボが伸びて目立ち始めた。
2019-08-31 (9)-2-ツルボ.jpg

 仲間たちが南に消えてから、にぎやかな声がして子どもたちがやって来た。長岡の移動時、この後さらに3人ほどに出会った。
2019-08-31 (15)-2-子どもたちがやってきた.jpg

 単独で峰通のみちのく潮風トレイルを北上。角田山元トンネルの真上に達する手前の鷲足沢に踏み込んで冒険。重機の動く轟音をたよりに崖のブッシュをよじ登ると、そこは櫻本さんの採石現場のてっぺん(最初の写真2枚)。こわごわと身を乗り出して下方に目をやると、10台近いショベルカーやダンプが忙しく動き回るのが見えて、すでに小山一つ、すっかり削り取られていた。小斎峠の他社の現場と共に、山元町の最も大きな採石現場の一つに違いない。
2019-08-31 (16)-2-.jpg

2019-08-31 (17)-2-.jpg

2019-08-31 (20)-2-.jpg

2019-08-31 (21)-2-.jpg

2019-08-31 (22)-2-.jpg

 現場を下ればなじみのアップルロード(東街道)に出るが、最上方で稼働するショベルカーの脇をする抜けるのがはばかられ、結局深いブッシュをかいくぐって、息を切らせて元の山道に戻り、途中から山寺区石堂に下り立ち、ぼろぼろに疲れはてて少年の森にたどり着いたのは、午後3時も半ばを過ぎるころだった。