CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
検索
検索語句
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
鈴木さん、仲間を悼んで [2019年01月30日(Wed)]
2019年1月30日(水) 〜 鈴木さん、仲間を悼んで 〜 他、レスキュー要請顛末記

 登る途中で偶然お会いした男性は岩沼市の鈴木さん。頂上までご一緒した。仕事仲間3名をあの大震災の津波で失った。鎮魂の鐘ができて以来、月に2,3度はここを訪れて鐘を鳴らし祈りを捧げる。真摯な人柄がにじみ出る。
鈴木昭忠さん-2-pspimage.jpg

 3日前には真っ白に雪に覆われていたここ深山頂上だが、さくら平の日陰を除いて、もうすでに溶けた。下界にも雪の気配はない。
2019-01-30 (11)-2-.jpg

2019-01-30 (10)-2-.jpg


     〜 下山時・レスキュー要請顛末記 〜
 いつもなら下山はたかうちコースを取る。今日は鈴木さんと共に反対を選ぶ。下り始めて数分、なじみのYさんがたたずんでいるのに出会う。気分が悪くなって動けないという。傍らに腰をおろさせる。言葉は通じるが意識が薄れ始めて頭を垂れる。前にのめって倒れそうになる。右手も痺れ始めていると言う。本人はなお強がりを言うが、これは放っておけない。鈴木さんと相談して119番する。ほどなく下界で救急車の音。携帯が鳴って、二人で付き添っているなら、一人が一旦少年の森に下山して道案内をとの要請。大慌てで亀石コースを車を置いた水道タンクまで急ぎ、車で少年の森まで。そこには救急車・消防車・パトカーとごった返している。自分の車にレスキュー隊員4名を伴って亀石コースへ。凸凹みちを車の入れる限りまで行き、そこから徒歩で現場に向かう。頭上をヘリが旋回する。二人の待つ一寸持山にたどり着くと、何と二人がいない。携帯が鳴って、鈴木さんからの連絡が入る。だいぶYさんの気分が戻って、本人の意思で駒返しコースを下山中という。頂上方面に向かったレスキュー隊員を呼び戻し、大急ぎでコースを変えて下山するも、二人は一服坂を過ぎ、間もなく涸れ沢というあたりまで達していた。無事で何よりではあったが、一旦救急を呼んだ以上は、救急隊員の指示に従うようにと、Yさんに付き添った隊員が丁寧に諭す。小生、少年の森の北縁辺から再び車を取りに山中に入り、やっと少年の森に到着、パトカーの警官に事情を聞かれる。角田のHさんも登山途中で引き返し、Yさんの使用に供した小生の敷物を届けてくれた。大変な一幕となったが、Yさんご本人はすっかり気分を取り戻し、自らの車で帰宅。必ず病院を訪れるよう告げて別れる。若い救急隊員がくれたスポーツドリンクを一気に飲み干し、帰途につく。
 ぴかぴか(新しい)後でYさんご自身から聞いいたことだが、今日は彼の80歳の誕生日だったとか。結局長岡の2ヶ月後輩の同級生ということになる。ご無事で何より。お誕生日、本当におめでとうございます。ぴかぴか(新しい)

雪の深山に団体さん [2019年01月29日(Tue)]
2019年1月27日(日) 〜 雪の深山に多数のハイカー 〜

 金曜の夜に静かに降った雪が、ふんわりと街と山を覆った。こんな日にあまり登山客はなかろうとの憶測は見事外れ、20名ほどの団体さんが訪れて鎮魂の鐘を響かせた。岩沼駅前集合で小型バスで当地へ。クラブツーリズムご一行で、昨年1月8日にもお会いした。ベテランガイドの木本さんに導かれ、これから尾根沿いに小斎峠まで踏破するという。大した積雪でないとはいえ、途中かなりの難所もある。どうぞお気をつけて。
2019-01-27 (25)◎.jpg

2019-01-27 (34)◎.jpg

 頭上のスギの枝から突然雪が舞い落ちて光を拡散する。
2019-01-27 (39)◎.jpg

 ガイドの木本さん
2019-01-27 (42)◎ガイドの木本さん.jpg


 登山道の路面には二ホンリス(ホンドリス)の足跡がくっきりと。
2019-01-27 (15)◎ホンドリスの足跡.jpg

2019-01-27 (14)◎.jpg

 
2019-01-27 (44)◎.jpg

 積雪の山元町。大震災後に大きく内陸に寄せられたJR常磐線の高架も、今日は雪をバックにはっきりと識別できる。
2019-01-27 (45)◎.jpg

2019-01-27 (46)◎.jpg

2019-01-27 (47)◎.jpg

2019-01-27 (48)◎.jpg

 帰路、登って来る数人のハイカーと行き交う。
2019-01-27 (51)◎.jpg

 少年の森到着。駐車場には結構多くの車があって驚く。研修室の窓から見慣れた面々がほほ笑みかけてくれ、「NPO法人 里山ひろば」の役員会があったと知って納得。久しぶりの挨拶を交わす。記念写真を撮らせてもらうべきだった。
2019-01-27 (60)◎.jpg


頂上に先客あり。当法人の監事/小野寺浩子さんこと、トレランのふぅさんだ。団体さん到着前に撮った動画はこちらこちらから。鐘を鳴らして、羽を広げてあっという間にさくら平の奥に消えた。


淡雪の深山だより [2019年01月25日(Fri)]
2019年1月24日(木)  〜 淡雪の深山だより 〜

 昨晩、山は雪だったようだ。といってもほんの淡雪。ガーゼ一枚かぶせた程度の積雪。それでも非日常性は強調され、特に日が差すときの明暗のコントラストは面白い。頂上10時頃の気温は−3℃で蔵王おろしの西風が強い。
2019-01-24 (4)-1-.jpg

2019-01-24 (8)-1-.JPG

2019-01-24 (13)-1-.jpg

2019-01-24 (18)-1-.JPG

2019-01-24 (21)-1-.jpg

 山元町の役場新庁舎の建屋は完成し、今は周囲の植栽等の整備が行われていて、5月からの業務再開を待つばかり。
2019-01-24 (23)◎.jpg

2019-01-24 (24)◎.JPG

2019-01-24 (25)◎.jpg

 眼下の介護老人施設アルカディアウェルは童話の世界を思わせる。
2019-01-24 (26)-1-.jpg

 今日の西側の光景に蔵王は現れない。角田市にもそれほどの積雪は認められないが、やや視線を南側に移すと、眼下の内町沼につながる田んぼには薄い積雪が見てとれる。
2019-01-24 (27)◎.JPG

2019-01-24 (28)-1-.jpg

 日が差して、雪面に描かれる影が面白い。
2019-01-24 (29)-1-.jpg

2019-01-24 (32)-1-.jpg

2019-01-24 (33)-1-.jpg

 さくら平から見る鎮魂の鐘の遠景。
2019-01-24 (38)-1-.jpg

2019-01-24 (39)-1-.jpg

 枯れたクヌギにびっしりとテイカカズラが絡んでお化けの体をなし、強風に大きく揺れて威嚇してくる。
2019-01-24 (41)-1-.jpg

2019-01-24 (42)-1-.jpg

2019-01-24 (44)-1-.jpg

2019-01-24 (48)-1-.jpg

 水道タンク入口からの舗装道路は凍結しやすく危険がいっぱい。何袋かの融雪剤が路傍に置かれている。
2019-01-24 (52)-1-.jpg

 エゾユズリハの緑が眩しい。
2019-01-24 (54)-1-.jpg

少年の森広場南端の丘の上のあずまや
2019-01-24 (56)-1-.jpg

2019-01-24 (60)-1-.jpg

 少年の森の大きな門を抜ければ駐車場。今日はここまで。本日の出会いは10人ほど。
2019-01-24 (62)-1-.jpg







駄洒落の利いた注意書き 他 [2019年01月20日(Sun)]
2019年1月19日(土) 〜 堤防にて 〜

 いつもは山からの便り。きょうは沿岸部・防波堤からの便り。しょっぱなに目に付いたのは飛び切り駄洒落の利いた看板。なんと防波堤を背にして「この先 車両通り抜け出来ません」とある。そりゃあ無理だ。堤防を越えれば太平洋。それを渡ればアメリカだ。味だね、山元町。でも隣にはとてもまともな標示板があって、海岸への立ち入り注意を呼び掛けている。推量すれば、洒落の利いた看板と思しきは、まだ工事中だったころ、実は北か南に向かって設置されたものだろう。完工後、隣の看板の準備中に、仮にこうして置いたが、撤去するのが面倒でそのまま捨て置かれた・・という次第。以上は勝手な推量。
2019-01-19 (1)-1-ダジャレの利いた看板.jpg

2019-01-19 (19).JPG

2019-01-19 (2).JPG

 標示板にあるヘッドランドとはこれの事。砂浜の砂の流失を防ぐための、海岸から突き出た人口岬で、多くはT字型らしい。初めて目にする外来語だ。覚えておこう。
2019-01-19 (14).JPG


 本題に戻ってわが町の紹介。今日は防波堤の上からハンディビデオカメラを構える。昨日よりはいくらかましだが、まだ西風が強い。北端から順に、反時計回りに一回転。主に亘理地塁山地の眺望。なお、広範囲にわたって多くの木柵に囲まれているのは、黒松など、防潮林としての植樹がなされたもの。今後の成長が待たれる。動画はこちらから
動画で紹介.jpg

 なお、次の写真は大震災の前年(2010年)の11月、深山頂上から撮った平和だったころの山元町。今この動画撮影をした地点を◎印で記した。すぐそばに、多くの犠牲者を生んだ養老施設梅香園があった。
2010-11-02_36-平和だったころの山元町(今日のビデオ撮影地点).jpg

 
今年最初の花便り [2019年01月19日(Sat)]
2019年1月18日(金) 〜 オオイヌノフグリとフキノトウ 〜

 先ずは紹介が遅れた去る8日の写真から。深山山麓の水道タンク近く、畑地の灌漑作業中の鈴木さんが笑顔を見せてくれて・・
2019-01-08 (28)-1-.jpg

 そしてその鈴木さんの旧牛小屋前には、早くもオオイヌノフグリ(オオバコ科・クワガタソウ属)が開花していた。(写真の円内は4月最盛期のもの)
2019-01-08 (30)-2-オオイヌノフグリ.jpg

 多分フキノトウも芽を出していることだろうと、今日、寒風の吹き荒れる中を探しに出かけた。途中、海岸線に目をやれば、新浜地区辺りに大量の砂ぼこりが舞い上がり、景色が霞んでいた。
2019-01-18 (9)-1-.jpg

 馬船峠付近のカヤ藪をかき分け、枯葉を払い、見つけた。小さいのが合わせて4個。一個の固いつぼみを残して、3個いただいてきた。ほんの少量だが、早速夕食のテーブルに載った。今年一番のバッケみそ。すこぶる美味。
2019-01-18 (59)-1-.jpg

2019-01-18 (57)-2-.jpg
2019-01-18 (58)-1-.jpg

 帰途、トンチャン池に薄氷が張り、写真を撮って行けと迫る。
2019-01-18 (63)-1-.jpg

今日の訪問者点描 [2019年01月15日(Tue)]
2019年1月14日(月・成人の日) 〜 今日の訪問者 〜 
 
 穏やかで風も静かな深山頂上。気温はおそらく+6℃ぐらいはあるだろう。先客があり鐘の音が響き、またすぐに数人の来訪者あり。下山時にも10人ほどのハイカーにあって挨拶を交わす。
今日の来訪者点点描-2-.jpg

 アップになっている男性は多賀城市からの来訪者。
今日の来訪者点点描-1-.jpg


あの日以来何度も [2019年01月12日(Sat)]
2019年1月11日(金) 〜 亘理町の片岡夫妻 〜

 大震災7年10ヶ月の月命日のきょうも、深山鎮魂の鐘はしきりに鳴り響く。父親の喪失の悲しみを抱いて、亘理の片岡夫妻はあれ以来何度訪れたことだろう。とりわけ今日は、重さ10キロ以上という大きな登山リュックを背にして、本格登山シーズンに備える。寡黙な夫妻で、なかなか話す機会が持てないでいたが、初めてカメラに収まっていただく。
2019-01-11亘理の片岡夫妻.jpg

 10時ちょっと過ぎ、深山頂上の温度はプラス3℃で風も凪いだが、鎮魂の鐘のテラス上はいつもながらスギの落ち葉に覆われ気味で、清掃は必須になる。
2019-01-11 (11)-2-.jpg



福島市の安斉さん [2019年01月07日(Mon)]
2019年1月6日(日) 〜 福島市の安斉さん 〜

 新年も既に6日。深山登頂今年4回目。通算で1824回となる。鎮魂の鐘の引き紐はまた逆転していて、妻と修正を終えたころに単独ハイカーの女性来訪。ここは2度目の福島市の安斉さん。明るく活発な婦人。わずかな時間内に、ほか数人の来訪者あり。
2019-01-06 (20)福島市の安斉さん-2-.jpg

 きょうの蔵王山遠望。
2019-01-06 (18)-2-.jpg


 頂上11時現在で-2℃。スギの落ち葉を少し清掃の後、家内と国見台から北へ、みちのく潮風トレイルを20分ほど進む。軽食ランチの後、スギ林を東へ下山、山元町山寺字石堂を経て、東街道傍の小道を少年の森へ戻る。2012年のちょうど今頃、富沢尚氏に案内いただいて以来のルート。なかなか面白い。

深山鎮魂の鐘の初音 [2019年01月03日(Thu)]
2019年1月2日(水) 〜 鎮魂の鐘の初音 〜

 昨日、初日の出遥拝の時、深山鎮魂の鐘の音の収録を失念し、本日実行。こちらからどうぞ

 全国有志の方々から多大なご支援を受けて、2015年4月に建立なった深山鎮魂の鐘。すでに多くのハイカーに愛されてきたが、ますます多くの人々に愛されるよう力を尽くします。なにとぞお力添えのほどを。
2019-01-02 (34)-2-.jpg

2019-01-02 (32)-2-.jpg


 峰の清水の休憩所。ベンチの老朽化でほとんど使われなくなったテーブルが苔むしている。そこに残ったちっぽけな雪だるまが愛しい。昨日のものだろう。
2019-01-02 (20)-2-.jpg



 
2019年初日の出 [2019年01月01日(Tue)]
2019年1月1日(火) 〜 2019年の初日の出 〜 
 皆さま新年あけましておめでとうございます。今年も深山鎮魂の鐘より初日の出をお送りします。訪れたハイカーは昨年よりずっと多い、70人ぐらいだったろうと思います。風もなく、すこぶる穏やかな山頂でした。
 6:29、山元町はまだ眠っている。コンパクトシティの薄明。
2019-01-01 (4)-2-.jpg

 こちらは角田市
2019-01-01 (6)-2-.jpg

 そして丸森町方向。
2019-01-01 (8)-2-.jpg

2019-01-01 (12)-2-.jpg

2019-01-01 (20)-2-.jpg

2019-01-01 (34)-2-
.jpg

 深山の常連ハイカー佐藤昌一・静子ご夫妻
2019-01-01 (18)-2-.jpg

 久しぶりの再会。小野寺浩子さんと長岡。
2019-01-01 (17)-2-.jpg

 水平線上には例年通りに雲がたなびき、日の出まで時間がかかりそうだが、7:04、そろそろか。
2019-01-01 (23)-2-.jpg

2019-01-01 (45)-2-.jpg

2019-01-01 (59)-2-.jpg

7:16、そろそろピーク。
2019-01-01 (60)-2-.jpg

2019-01-01 (69)-2-.jpg

2019-01-01 (70)-2-.jpg

下山してから深山神社初詣。今年も怪我の無いいい年になりますように。
2019-01-01 (73)-2-.jpg

2019-01-01 (76)-2-.jpg