CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main
検索
検索語句
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山笑う [2021年04月16日(Fri)]
2021年4月15日(木) 〜 深山笑う 〜

 ヤマザクラの花も見ごろを過ぎたこのころ、サクラの葉ばかりか木々の芽吹きも赤みを帯び、山全体が、いわゆる「山笑う」季節を迎えた。崩れやすくて危険な急斜面に、美味この上ないモミジガサ(シドキナ)も顔を出した。
2021-04-15 (13)ok.jpg

2018-04-14olympus (11)モミジガサok.jpg

 近くには猛毒のトリカブト属・センウズモドキの葉がわんさと茂っていて、怖いぞう
2021-04-15 (21)ok.jpg

 ヒトリシズカも二人ひっそりと開花。このころが一番愛らしい。
2021-04-15 (12)ヒトリシズカok.jpg

 華麗で賑やかだった5人家族のカタクリも、もう実を結んで目立たない。
2021-03-26 (102)カタクリok.jpg

2021-04-15 (1)ok.jpg

 蔵王は今日も美しい。
2021-04-15 (17)ok.jpg

 午後1時半。人影の消えた鎮魂の鐘
2021-04-15 (15).JPG

 鐘の過剰回転を防止するためのロープが切れている。頻繁に訪れる子ども達のうち、幼い何人かが、体重の全部をかけて紐を引いて鳴らすのでこうなる。激しすぎて、このままでは鐘も割れかねない。先日注意を与えたばかりだったが、残念。山中に用意してある脚立を持ち出し、とりあえず補修したが、ロープ交換が必要。大震災の記憶を次世代に語り継ぐ大切な子どもたちゆえ、痛しかゆしでもある。
2021-04-15 (3)-2-ok.jpg

2020-06-29 (6)切れた部分ok.jpg