CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
検索
検索語句
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
黄砂に霞む視界/他 [2021年03月31日(Wed)]
2021年3月30日(火) 〜 黄砂に霞む視界・他 〜

 鎮魂の鐘を目前にするといつもホッとする。無事で当たり前のことなのだが、それが嬉しい。建立に携わったものとしての実感だ。
2021-03-30 (44)到着ok.jpg

 老体二人を追い越して登頂したうら若い女性二人。深山頂上三角点のベンチで、コーヒーミルでコーヒー豆を挽き、本格的なコーヒーを楽しんでいた。
2021-03-30 (51)コラージュ.jpg

 下界は東西共に黄砂に霞み、視界極めて不良。
2021-03-30 (47)黄砂に霞む角田市.jpg

2021-03-30 (53).JPG

 こんな日でもハイカーはやって来る。ここが、深山山麓少年の森の駐車場不足を招くほどの人気を呼び始めたことは、正直嬉しい。
2021-03-30 (46)ok.jpg

 道すがら見かけた山野草。あっという間に品種が増え、なかなかチェックが追いつかない。先ずは例年同じスポットに現れるヤマエンゴサク
2021-03-30 (8)ヤマエンゴサクok.jpg

 ミヤマキケマン
2021-03-30 (10)ミヤマキケマンok.jpg

 大きなウバユリのつぼみのそばに遠慮がちにちっぽけな花芽を見せたカテンソウ
2021-03-30 (12)カテンソウとウバユリok.jpg

 いまではほとんど誰にも気づかれないアキノギンリョウソウの刮ハ
2021-03-30 (20)アキノギンリョウソウの刮ハ.jpg

 ニリンソウ、花盛りまでもう少し
2021-03-30 (24)ニリンソウok.jpg

 以下スミレ4種のご紹介だが、数多く、まぎれも多いいスミレの同定は相当に難しい。名称はあくまで参考にとどめていただきたい。最初はナガハシスミレ
2021-03-30 (29)ナガハシスミレok.jpg

 タチツボスミレ
2021-03-30 (91)タチツボスミレok.jpg

 タカオスミレ
2021-03-30 (40)タカオスミレok.jpg

 エイザンスミレ
2021-03-30 (83)エイザンスミレok.jpg

 カキドオシ
2021-03-30 (41)カキドオシok.jpg

 渡辺文彦さん所有の別天地わたふみランドの一角に休憩用ベンチが設けられていて、訪れた春のムードをゆっくりと楽しめる。
2021-03-30 (178)ok.jpg

 水道タンク前のサクラも間もなく満開になる気配
2021-03-30 (116)ok.jpg

このシーズン、ウッドギャラリー「無房」ヤエツバキの美しさには胸を打たれる
2021-03-30 (120)ok.jpg

2021-03-30 (121)ok.jpg

 レンギョウも見事
2021-03-30 (123)ok.jpg

 少年の森ショウジョウバカマが美しさを増した。このショウジョウバカマの径を含む少年の森一帯の外周コースの手入れが切に待たれる
2021-03-30 (145)ok.jpg

2021-03-30 (136)ok.jpg

 少年の森の湿地帯に辛うじて開いたミズバショウ
2021-03-30 (154)ok.jpg

 少年の森広場もすっかり花の季節
2021-03-30 (161)ok.jpg

 もう一度カタクリの美しさを
2021-03-30 (176).JPG

2021-03-30 (175)ok.jpg