CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
検索
検索語句
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
震災10年・黙祷を捧げよう [2021年03月12日(Fri)]
2021年3月11日(木) 〜 震災10年の黙祷 〜

 10年前のあの日は寒かった。あれ以来、3月11日がこんなに晴れ渡って温かかったことがあったろうか。昨日強かった風も止んで、今日は朝からこんなにもいい日和。朝7時のNHKニュースは、朝日に輝く深山の鎮魂の鐘の高らかな響きで始まった。気づいた人も多かったでしょう。岩沼市の鈴木昭忠さん、早朝から有難うございました。
 さて今日の深山頂上。10時半近くではまだ人もまばら。果たして期待通りの参加者が訪れるのか気掛かりなまま、スギの大樹に張り紙をして、早速さとう宗幸さん歌唱の「ああ深山の鐘」を流す。
2021-03-11 (1)貼り紙ok.jpg

2021-03-11 (2)ああ深山の鐘.jpg

蔵王もこんなにいい眺め
2021-03-11 (9)蔵王をバックにok.jpg

 10時半も少々過ぎたころ、予想外にも続々ハイカーが登頂、昨晩急遽用意した35枚の記念カード(2L版)はたちまち品切れとなった。
震災10年追悼記念カード.jpg

 長岡の下手な挨拶で幕開け。いまだに行方知れずの愛する人々を待ちわびるご遺族も多い。そのご遺族の悲痛な思いに寄り添うべき気持ちを、もっと強調すべきだったと思う。思う半分も言葉にできないもどかしさに、今日も泣かされる。
2021-03-11 (17)挨拶ok.jpg

 そろそろ時間だね。
2021-03-11 (24)そろそろ時間ok.jpg
 
 最初の鐘の一打で、一分間の黙祷が始まる。
2021-03-11 (25)黙祷始めok.jpg

2021-03-11 (18)黙禱ok.jpg

2021-03-11 (21)黙禱ok.jpg

 つづいて各自鐘を鳴らす。用意したビニール手袋の使用をお願いする。
2021-03-11 (29)各自打鐘ok.jpg

2021-03-11 (28)各自打鐘ok.jpg

2021-03-11 (30)各自打鐘ok.jpg

 鐘の響きの大きさに、思わず耳をふさぐご婦人も。写真中央、脚立を前にした男性は河北新報の記者。
2021-03-11 (31)各自打鐘ok.jpg

2021-03-11 (33)各自打鐘ok.jpg
 
2021-03-11 (35)各自打鐘ok.jpg

 鐘を鳴らし終えて、感動を抑えきれないご様子のご婦人は水戸市渡辺和子さん。当ブログで知って、遠路はるばるお出で下さった。感謝に堪えません。
2021-03-11 (40)水戸からの訪問者ok.jpg

 記念写真は地元山元町つばめの杜福祉委員菊地美佐子さんの要請による。
2021-03-11 (37)記念写真・菊地美佐子さんとok.jpg

 鐘を鳴らす人は引きも切らない。
2021-03-11 (42)鐘鳴りやまずok.jpg

 最後の一枚を除いて、写真は当法人の砂金氏による。重いラジカセも運んでくれた力持ち。頼もしいです。

 ※ さて、残念ながら本日の写真にはないのですが、この深山頂上の地権者代表で、山元町山寺行政区の区長・樋口太一氏も、お忙しい時間を割いて黙祷にご参加くださった。その樋口氏に、念のためにお伺いしたことがある。山元町にそれぞれ数校ずつある小中学校が、新学年から統廃合の結果一校ずつになる。新設の中学校は山元中学校となり、校歌も新しく制定された。作詞作曲はコーラスグループで有名なサーカスの一員・叶ありささん。町内の回覧により、歌詞を始めとした詳細が分かる。
山元中学校校歌.jpg

 さて、この校歌の一番に早速登場するのが町に響く鐘の音が 「おはよう」わたしを呼んでいる・・・この鐘の音とは、この深山/鎮魂の鐘のことですか・・・これが樋口氏に問いかけた質問でした。そして樋口氏の即答は「そうです。深山/鎮魂の鐘は市民権を得たのです」・・・何という嬉しいご返事。すっかり嬉しくなって、帰りかけた皆さんの背後から、補足事項として、そのことを大声でお伝えしたのでした。以上、本日のご報告でした。