CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
危険なニラメッコと ヤマザクラ2輪 [2020年10月05日(Mon)]
2020年10月4日(日) 〜 危険なにらめっこ & ヤマザクラ2輪 〜

 今考えても、これは相当危険な状況だった。国見台のやや北、登山道をわずかにそれたナラ林の中。キノコがあって手を伸ばした。傘裏を確認したかったから。一瞬、直ぐ足元から、急に10センチほど脇にそれて異音を発しているものがある。ん、マムシだ。こちらを睨んで、映画に見るガラガラヘビ同様、尻尾を振って威嚇音を発している。本来、ここでこっちが身を引くべき。でも写真に撮りたい気持ちが勝った。いつもの一眼レフではなく、古いコンパクトカメラ。焦ってセットアップに手間取ったが、その間何度か身を震わせて威嚇してきた。何とか間に合った。ストロボを焚いたらまた怒って体を震わせた。身の危険を感じた。そっと片足を引いたら、向こうも背を向け始めた。しかし、誇り高く、決して逃げるのではなく、時々止まって怒りをあらわにしながらの退却だ。「ひとのテリトリーを荒らすんじゃないよ、馬鹿野郎!」って聞こえた。もし噛まれていたらと思うとぞっとする。冗談では済まない。
2020-10-04 (5)マムシok.jpg

2020-10-04 (6)マムシok.jpg


こちらは深山頂上10時10分。気温17度、ほぼ無風。ふと気づいたら、あずまやそばのヤマザクラの枝に白いものがある。よく見れば狂い咲きの花2輪。春を感じたのかもしれない。時間的にはマムシよりこちらが先。
2020-10-04 (44)ヤマザクラ2輪ok.jpg

2020-10-04 (45)サクラ2輪ok.jpg

亀石コース下山中の午後2時ごろ、行く手に大勢の子供連れが見えた。仙台からの訪問者だ。あの石ばかりのコースを、誰も転ばずに下りてきたそうな。本当にお疲れ様でした。
2020-10-04 (32)ok.jpg