CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
登山道復旧進まず [2019年10月22日(Tue)]
2019年10月21日(月) 〜 登山道復旧進まず 〜

 昨20日は烏森にチェーンソーを持ち込んで、おびただしいスギの倒木の処理を完了。そして今日、妻を伴って最も被害の大きい駒返しコースへ入る。問題の地点の倒木処理を真っ先に始めるも、最後の巨大な杉の木に取り掛かる前にチェーンソーが切れなくなって断念。たとえ切れても、何個も石をくわえこんだ大きな根っこが更に路を塞ぐ結果となるだろうから、結局ここはスギの根っこの山側を手入れして通すしかない。バチヅルとスコップを持って出直そう。一応山側に臨時の迂回路を設定したが、やはり当面の入山禁止はやむを得ない処置。最初の写真は手入れ前。
2019-10-21 (2)ok.jpg

2019-10-21 (3)ok沢を塞いだ倒木.jpg

 4時間格闘後の写真。
2019-10-21 (8)ok.jpg

 ぎりぎり潜り抜けできるが危険。
2019-10-21 (7)OK.jpg

 この根っこを山側からこつこつと処理して通すしかない。或いは少々大規模な土木工事が必要か。
2019-10-21 (6)ok.jpg

 長期閉鎖を予想して感熱紙から普通紙へ刷り直された入山禁止の立て看板。
2019-10-21 (1)OK.jpg