CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
検索
検索語句
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山雪便り [2018年12月29日(Sat)]
2018年12月28日(金) 〜 深山雪便り 〜

 昨夜遠慮がちに降った雪が、街や山を薄っすらと覆った。多分今日は今年最後の深山登頂。なるべく多くの写真を載せることにする。表紙代わりの加工写真は深山頂上のピクニックテーブルとあずまや
2018-12-28 (19)nikon-2-.jpg

 少年の森9時16分。既に年末年始の休館日に入っているが、駐車場に数台の車があって先客の入山がわかる。処女雪を踏んだのは誰だろう。
2018-12-28 (23).JPG

 ひっそりとした深山神社
2018-12-28 (25).JPG

 境内から見下ろすアップルライン(東街道)は、解け始めた雪のせいで白く光っている。
2018-12-28 (26).JPG

  入山間もなく、早くも帰って来る婦人二人あり、挨拶を交わして歩を進める。
2018-12-28 (27).JPG

2018-12-28 (29).JPG

2018-12-28 (31).JPG

2018-12-28 (32).JPG

2018-12-28 (34).JPG

2018-12-28 (35).JPG

2018-12-28 (36).JPG

 先行したハイカーは、ここから右の急坂コースをたどったようで、左からのトレイルには足跡がない。
2018-12-28 (39).JPG

2018-12-28 (40).JPG

 ここで再び右の尾根道から先行した足跡と一緒になる。頂上はすぐそこ。
2018-12-28 (42).JPG

 鎮魂の鐘と共に先着の男性の姿が見える。
2018-12-28 (43).JPG

 何はともあれまずは鐘を鳴らす。テラスの床には数人の足跡。
2018-12-28 (45).JPG

 次郎太郎山蔵王連峰も雲の陰。
2018-12-28 (54).JPG

2018-12-28 (55).JPG

2018-12-28 (56).JPG

2018-12-28 (57).JPG

 太平洋側はいたって視界良好。北から順にカメラに納める。
2018-12-28 (1)nikon.JPG

2018-12-28 (2)nikon.JPG

2018-12-28 (3)nikon.JPG

2018-12-28 (4)nikon.JPG

2018-12-28 (5)nikon.JPG

2018-12-28 (6)nikon.JPG

2018-12-28 (7)nikon.JPG

2018-12-28 (8)nikon.JPG

2018-12-28 (9)nikon.JPG

2018-12-28 (10)nikon.JPG

2018-12-28 (11)nikon.JPG

2018-12-28 (12)nikon.JPG

 山頂点描。あずまやの寒暖計はー3℃を指しているが、風も穏やか。このシーズンにしては随分と温かい。日本海側との違いの大きさにいつも驚く。
2018-12-28 (14)nikon.JPG

2018-12-28 (15)nikon.JPG

2018-12-28 (16)nikon.JPG

 ポットのコーヒーを飲みほして、一年の無事を感謝しつつもう一度鐘を鳴らす。下山はたかうちコースから。
2018-12-28 (58).JPG

 春の雪解けを思わせる風情。
2018-12-28 (59).JPG

2018-12-28 (60).JPG

2018-12-28 (64).JPG

2018-12-28 (65).JPG

 烏森を抜ければトンチャン池。わずかに凍てついた水面に一本スギが映える。
2018-12-28 (66).JPG

2018-12-28 (67).JPG

 ウッドギャラリー無房の下の舗装道路を、一本ケヤキから左へ。少年の森へ南側から入ればちごゆりの丘あずまや。そこからの眺めの正面に山下小学校山下中学校。黄色い建物は平田外科医院
2018-12-28 (71).JPG

2018-12-28 (72).JPG

2018-12-28 (73).JPG

 階段途中からあずまやを振り返る。
2018-12-28 (75).JPG

 少年の森広場の南端に下り立つ。遊具の一つが更新された。前のものより安全性が増しているが、冒険性は乏しくなった。
2018-12-28 (76).JPG

2018-12-28 (77).JPG

2018-12-28 (78).JPG

 少年の森の建屋もひっそりとして来年を待つ。
2018-12-28 (79).JPG

 〜 みなさま、なにとぞ良いお年をお迎えください 〜