• もっと見る
«深山頂上から石堂山へ | Main | 子どもたちの歓声再び / ほか»
検索
検索語句
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
最新コメント
sai
深山頂上から南へ / 山野草多数 (05/20) はにゃ
カオルの見晴し台看板設置 (03/11) 長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
キンラン・ギンラン一緒にめっけ [2024年05月06日(Mon)]
2024年5月1日(水) 〜 キンラン・ギンラン一緒にめっけ 〜

 こんなことはかつてなかった。少なくともこの山では、どちらも希少品種のキンランギンランが同時に同じ場所で見つかるなんて… キンランは5年前に初めて一本見つけて石で囲った。翌年春に芽を出したが花をつけず仕舞い。さらにその翌年、そろそろ花芽がと期待していたら、茎の途中でプッツンと切れていた。多分ノウサギの仕業だろう。ギンランはと言えば、今回が初めての観察だと思う。ササバギンランは時として見かけるが。
 さてここは危ない。多くはないが人が通る。気が付かなければ踏みつける。時には作業用車両も入りこむ。しかし手を加えるのはよそう。しばらくこのまま観察を続けよう
2024-05-01 (8).JPGキンランok.jpg

2024-05-01 (11).JPGギンランok.jpg

2024-05-01 (14).JPGクサノオウok.jpg

2024-05-01 (23).JPGコメツブツメクサok.jpg

2024-05-01 (2).JPGオオアマナok.jpg


コメントする
コメント