• もっと見る
«鐘の引き綱再調整と装飾物撤去 | Main | 蔵王山瞭然»
検索
検索語句
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
はにゃ
カオルの見晴し台看板設置 (03/11) 長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
鎮魂の鐘 にぎわう [2024年02月13日(Tue)]
2024年2月11日(日) 〜 鎮魂の鐘 にぎわう 〜

 3.11の月命日だからという訳でもないらしい。3連休の中日で、冬とは思えぬ穏やかな日和のお陰か、深山山頂には絶え間なくハイカーが現れ鐘を鳴らす。しかも初めての来訪者が多い。鎮魂の鐘の建立に携わった者としてこんなに嬉しいことはない。
2024-02-11 (4)ok.JPG

2024-02-11 (6)ok.JPG

2024-02-11 (7)ok.JPG

2024-02-11 (37)jok.jpg

2024-02-11 (10)ok.jpg

2024-02-11 (11)ok.jpg

2024-02-11 (12)ok.jpg

2024-02-11 (13)ok.jpg

2024-02-11 (19)ok.jpg

2024-02-11 (22)ok.jpg

 事のついでに長岡の妻歳子(としこ)のご紹介。一昨日(9日)84歳を迎えた。足腰は夫よりしっかりしている。鎮魂の鐘の計画も、彼女なしには叶わなかったろう。ちょっと心配なのは記憶力。二人ともかなり陰りを見せ始めている
2024-02-11 (25)ok.JPG

 妻と共に山頂到着が10時半。あずまや深山ノートには既に本日の書込みがあって驚く。何と水戸市からお出での渡辺さんご夫妻の8時半の記載だ。頭が下がります。
DSC_0810.JPG-2-.jpg

 スミレフキノトウも顔を出した。写真はないが、ウメも各所に咲き始め、本格的な春の到来がすぐそこにと語っている
2024-02-11 (31).JPG

2024-02-11 (33).JPG

 
コメントする
コメント