• もっと見る
«冬の宝石 / 蔵王の雪消えた / 他 | Main | 2023年/深山登り収め»
検索
検索語句
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
はにゃ
カオルの見晴し台看板設置 (03/11) 長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山初雪 [2023年12月25日(Mon)]
2023年12月23日(土) 〜 深山初雪 〜

 きょうは長岡の深山登頂2,500回の節目。境内にスギの落ち葉の多い深山神社で音高く柏手を打ってからの入山。少年の森縁辺で既にうっすらとした積雪を見る。北陸や東北の日本海側では大雪警報がでている昨今、こちらの気候風土の穏やかさにひたすら感謝しつつ歩みを進める。
2023-12-23 (1).JPG

2023-12-23 (3).JPG

2023-12-23 (4).JPG

 峰の清水に水音がない。雨不足歴然。
2023-12-23 (6).JPG

2023-12-23 (7).JPG

 頂上点描
2023-12-23 (14).JPG

2023-12-23 (15).JPG

 一旦雪の消えた蔵王山に再びかなりの降雪があったことが知れているが、きょうは雲の陰
2023-12-23 (12).JPG

 杉木立の下と東側斜面には雪がない。鎮魂の鐘がひっそりと佇む。
2023-12-23 (13).JPG

2023-12-23 (8).JPG

 駒返しコース一服坂を超えた辺りで、下山中の富沢夫人と挨拶を交わしたが、頂上到着がが遅かったので既に山仲間の姿はない。歌碑の下方で食事中のご夫婦らしきカップルに「こんにちは」と声はかけたが、「2500回記念のショットをお願い」・・とは言えなかった。ではなんでこの写真ができたかはあとで・・・。とりあえずこれが深山2,500回登頂記念の写真。2006年から17年がかり。現在85歳1か月。さていつまで続くやら。
2023-12-23 (8).pspimage久馬合成.jpg

 なんとか家での昼食に間に合うようにと下山を急ぎ、烏森の径からとんちゃん山に抜ける寸前のショット。
2023-12-23 (19).JPG

 舗装道路の一本ケヤキから再び山路に入る寸前、この山には珍しいオカメザサの緑が美しい
2023-12-23 (21)オカメザサ.JPG

 少年の森南側、ちごゆりの丘のあずまやからの展望。山元中学校山下小学校が目に入る
2023-12-23 (24).JPG

 さてこの写真。頂上でお目にかかったご夫婦が追いついてこられたので、ここでスマホによるショットをお願いしたもの。鎮魂の鐘での記念写真は、実はこの写真との合成でした。で、これが正真正銘の記念写真。
2023-12-23 (25).JPG

 階段をくだるお二人のうしろ姿
2023-12-23 (27).JPG

 少年の森広場はすぐそこ
2023-12-23 (28).JPG

 少年の森の駐車場拡幅予定地には大量のスギ材が積まれている。一時的な空き地貸与とか。実際の工事開始は2年後か
2023-12-23 (30).JPG

コメントする
コメント