• もっと見る
«紹介された山の仲間たち | Main | 深山仲間、泉ヶ岳に登る / 他»
検索
検索語句
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
いまどきの深山の草花 / 他 [2023年11月04日(Sat)]
2023年11月2日(木)-2- 〜 いまどきの深山の草花 / 他 〜

 深山山中もだいぶ色づいてきた。
2023-11-02 (1).JPGok.jpg

 シロダモが真っ赤な実をつけた。
2023-11-02 (4).JPGシロダモok.jpg

 歓迎されないスギの雄花、花粉もたっぷりと。
2023-11-02 (14).JPGスギok.jpg

 歌碑の裏の斜面では、前回ご紹介の山の仲間たちが寛いでいる。
2023-11-02 (11).JPGok.jpg

 ヤマハッカの花の蜜を吸う蝶。ウラナミシジミというらしい。
2023-11-02 (15).JPGウラナミシジミok.jpg

 センブリがしっかりした花をつけたが、昨年より小ぶりだ。
2023-11-02 (17).JPGセンブリok.jpg

 深山にはアザミの仲間も数多いが、随分地域性があるようで、図鑑参照でもなかなからちが明かない。どうやらこれはナトリアザミというようだ。
2023-11-02 (22).JPGナトリアザミ?ok.jpg

 水道タンク近くの旧鈴木邸の牛小屋前、とんちゃん山の角地に立てた道標の杭が折れて倒れていた。とりあえずカキの木の幹に結わえ付けた。多分草刈り機が入ったときに触れたものだろう。
2023-11-02 (25).JPG折れていた標識ok.jpg

コメントする
コメント