• もっと見る
«大晦日の写真より | Main | 4人の昔のお嬢さん / 深山登頂3000回の日下さん»
検索
検索語句
<< 2023年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
2023年1月11日/祈り/草花/石段/刈払い [2023年01月17日(Tue)]
2023年1月11日(水) 祈り/草花/石段/刈払い など

 大震災から11年10ヵ月のきょう、昨年とは打って変わって穏やかな深山山頂鎮魂の鐘で祈りを捧げる人も少なくない。
2023-01-11 (7).JPGok.jpg

2023-01-11 (18).JPGok.jpg

2023-01-11 (15).JPGok.jpg

2023-01-11 (16).JPGok.jpg

2023-01-11 (9).JPGok.jpg

2023-01-11 (12).JPGok.jpg

 道々目に付くのはヤブコウジ
2023-01-06 (9).JPGヤブコウジok.jpg

 テイカカズラの冠毛と種
2023-01-11 (1).JP.jpgテイカカズラok.jpg

オオイヌノフグリも1・2輪、早々と顔を覗かせた。
2023-01-11 (25).JPGオオイヌノフグリok.jpg

 下山して補修中の深山神社の石段をチェックする。鎮魂の鐘で合ったご婦人が下りてくる。
2023-01-11 (29).JPGok.jpg

 何とかここまで作業は進んだが浮いた砂利が気になる。セメントによる仕上げが必要か。
2023-01-11 (30).JPGok.jpg

 一昨日(9日)の写真。幼児二人が下りて行き、続いてその両親が乳呑児を抱いて下りる。石段の安全性の保持は必須だ。
2023-01-09 (6).JPGok.jpg

2023-01-09 (7).JPGok.jpg


 午後、当法人の砂金副理事長により刈払いが行われた深山頂上西側斜面。景観保持も重要。
2.頂上西側草刈り後-1-.jpg

4.頂上西側草刈り後-2-.jpg

 こちらは仮称一寸見坂(ちょっとみざか)の刈払い後。
5.一寸見坂刈払い後.jpg



コメントする
コメント