• もっと見る
«国見台の立枯れ松と倒木処理 | Main | 豊かな田園風景 / 他»
検索
検索語句
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
痛い思いの刈払い/ショウジョウバカマの径を綺麗に [2022年08月27日(Sat)]
2022年8月26日(金) 〜 痛い思いの刈払い/ショウジョウバカマの径、綺麗になった 〜

 ず〜っと気になっていた。深山山麓少年の森西側、BMXコースの奥に位置するショウジョウバカマの径とそれにつながる木橋を含む登山道。少なくとも7年前まではいつも綺麗に整備されていた。近年、BMXコースが閉鎖されたせいか、荒れたまま放置されている。3年前の台風19号の後も、少年の森周辺の、当該ショウジョウバカマの径とちごゆりの丘への階段の倒木処理も全て当方で行った。今回も随分様子見をしていたが、結局当方で刈払いと倒木処理を行うことにした。
 写真はBMXコースの門を入る砂金副理事長。重いもの一切を身に着けてくれて頼もしい。
2022-08-26 (4).JPGok.jpg

 これが少年の森北側縁辺ショウジョウバカマの径を結ぶ木橋。橋自体にも草やスギの幼木が生え、倒木がかぶさっている。下の湿地にも倒木が突き刺ささったり倒れたりして、湿地の機能を阻害しているのが分かる。この木橋、確か東日本大震災の何年か前に架け替えが行われたのだった。
2022-08-26 (5).JPGok.jpg

 湿地内に落ちた枯れ枝なども引き上げ、倒木処理と刈払いを済ませた木橋周辺。すっきりした。
2022-08-26 (13).JPGok.jpg

 これが11年前の映像。よく整備されていたことが分かる。深山登山とまではいかなくとも、少年の森外周散策コースとしての価値を、もう一度見直してほしいものだ。
20111129_92.jpg11年前.jpg

 少年の森北側縁辺の交差点にいたる階段周辺。
2022-08-26 (14).JPG途中図ok.jpg
 
 駒返しコースへ向かう交差点が見える。
2022-08-26 (15).JPGok.jpg

 ここが深山頂上(駒返しコース)への交差点。突当りは常連ハイカーが踏みならした未公認ルート。
2022-08-26 (16).JPG交差点ok.jpg

 引き返して、木橋を北側から見た映像
2022-08-26 (19).JPG木橋、北側からok.jpg

 ここで今回の作業現場の位置図をご紹介
少年の森作業現場の地図.jpg

 さて、木橋の作業と並行して進めたこちらは主に刈払い。実は、刈払い機のエンジン音がして間もなく、砂金氏が手を2ヶ所蜂に刺されて一時中断。持ち合わせた虫刺され用の薬を塗り、少年の森スタッフからハチ退治のスプレーを借りてハチの集団を撃退して続行。その後、別な場所でまた手首を刺されたりで、特に砂金氏にとっては大変痛い思いの2時間余の作業であった。大きなハチではなかったが、攻撃性はスズメバチ並みか。次の写真は木橋の直ぐ近く。ショウジョウバカマの径の入口に当たる。手前左側がハチの群れていた場所
2022-08-26 (6).JPGok.jpg

 痛みをこらえて作業続行。
2022-08-26 (9).JPGok.jpg

2022-08-26 (12).JPGok.jpg

2022-08-26 (21).JPGok.jpg

 4月半ば、とりわけこの階段の両サイドにショウジョウバカマが群れて咲く。
2022-08-26 (22).JPGショウジョウバカマの径ok.jpg

 階段の上の突当りまで刈払いを済ませて下りてくる砂金氏。
2022-08-26 (25).JPGok.jpg

 時間を前後して刈払いした少年の森への近道もすっかりきれいになった。最後に数年前からの倒木一本を処理して少年の森の広場へ向かう。腰を痛めた長岡のために、行きも帰りも、重いものすべてを身に着けてくれた砂金氏。背中が一層大きく頼もしく見えた。
2022-08-26 (27).JPGok.jpg

2022-08-26 (28).JPGok.jpg

2022-08-26 (29).JPGok.jpg

2022-08-26 (30).JPGok.jpg


コメントする
コメント