CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«深山頂上、倒木処理と刈払い | Main | 深山頂上西側の眺望改善»
検索
検索語句
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
頂上・クリーン作戦の後で [2021年09月01日(Wed)]
2021年8月31日(火) 〜 頂上・クリーン作戦の後で、他 〜

 一昨日の作業の後で頂上は一見綺麗に片付いていたが、一ヶ所、最重要地点の倒木処理が22日に続いて再び延期となったのが残念。装備不足による。ピクニックテーブルを直撃しないよう、牽引ロープによる方向定めが必要と、プロが判断した。
2021-08-31 (5)ok.jpg

 写真の2本の枯れ大木のうち、画面左側のものは、根元に名物のマユミアブラチャンがあって毎年写真の好材料となっている。伐採の際は少しでも損傷を少なくする手立てが必要。参考までに写真をご紹介。最初は昨年10月のマユミから。なおここのマユミは広報やまもとの表紙を飾ったこともあるので思い出す人も多いと思う。
2020-10-16 (14)マユミok.jpg

20110412_17-2-4月 アブラチャン.jpg

 処理予定の大木の根元に咲いたノダケ
2021-08-31 (15)ok.jpg

 草刈りの済んだ頂上で寛ぐ深山登山の常連。
2021-08-31 (8)ok.jpg

 さくら平南端のクヌギの倒木処理の後。今後当方で片づけ作業を行う予定。
2021-08-31 (9)ok.jpg

2021-08-31 (10)ok.jpg

2021-08-31 (11)ok.jpg

 ここは一寸持山(いっすもちやま)と呼ばれる頂上直近のコースの中ほどで、当方で何度か刈払いを行った見晴しスポット。一昨日の作業のエンジン音の発出はここが最初で、一部視界を塞いでいた大木(多分クマノミズキ)が処理されて見通しが良くなった。山寺区樋口区長の要請によると、今日知った。ここにもスポット名とその看板が欲しい。さて「一寸見坂(ちょっとみざか)」なんてどうかな?樋口区長、いかがですか?
2021-08-31 (1)ok.jpg

 白内障手術により2か月半のお休みだった長岡歳子(としこ/81歳)さんと記念写真。砂金氏による。
2021-08-31 (14)ok.jpg

 一昨日、町議であり山寺愛林会の会長そして当法人の理事でもある伊藤貞悦氏が言及したのは亀石コース亀石のこと。いわれのある石で町のパンフにも載っているが、登山者にほとんど気づかれることのない存在なので、もう少し目立つようにしたいというのが趣旨。町の担当職員に向けられたものだが、反応したのは小生・長岡。「私がやります」と。その手前、本日の帰途、妻歳子の希望もあって早速整備にかかった。なんと落枝落木の多いこと。二人で小一時間かかって、とりあえず綺麗になった。そして亀石の奥にさらに子供4匹ほどいて、子連れ亀石であることもわかった。10数年前に置かれた看板は壊れて苔むしているので、遠からず作り直して目立つ位置に設置しよう。
2021-08-31 (22)ok.jpg

2021-08-31 (19)ok.jpg

2021-08-31 (23)ok.jpg

2021-08-31 (25)ok.jpg


コメントする
コメント