CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ショウジョウバカマ咲いた・他 | Main | 咲き誇る春の花々»
検索
検索語句
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
たかうちコースの立木伐採作業 [2021年03月29日(Mon)]
2021年3月27日(土) 〜 懸案の伐採作業終了 〜

 先月来懸案のたかうちコース地割れ現場の立木伐採について、本日ようやく町で手配した業者が入り、要請を受けて当方も立ち会う。作業開始8時45分。
2021-03-27 (9)作業開始ok.jpg

2021-03-27 (11)ok.jpg

 伐採すべき立木の全てを確認し、最初の1本が倒されたところで、当方は一旦現場を離れて頂上へ。風も穏やかで蔵王の雄姿が美しい。
2021-03-27 (33)蔵王ok.jpg

 10時45分現場に戻る。さすがプロ、伐採は随分捗っていた。
2021-03-27 (48)大分進んだok.jpg

 多分本日最後となるはずのコナラの大木に取り掛かる。当方ではこれが最も肝心とみている。写真手前の大きな切り株は、さる4日午後、当方で伐採したヤマザクラ。砂金氏と家内を伴って悪戦苦闘した跡。
2021-03-27 (50)OK.jpg

2021-03-27 (51)ok.jpg

 予測よりも早く倒れ、シャッターチャンスを逃して大慌て。結果は惨めな手振れ。
2021-03-27 (53)やったーok.jpg

 この後、玉切り作業には立合わずお先に下山したが、どうやらこれで一安心。両サイドへの地崩れ等の心配はひとまず遠のいたものと考える。なお、本日のプロお二人は、2018年10月、深山全山の倒木処理等に携わってくれたお二人で、櫻本産業小山氏三輪氏。当時町の担当者と共にお付き合いしたが、その様子はこちらから。

コメントする
コメント