CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«深山ノートより | Main | 深山の植物/ウリノキ他»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
イチヤクソウとムヨウラン [2020年06月18日(Thu)]
2020年6月17日(水) 〜 イチヤクソウ・ムヨウラン 他 〜

 深山はすっかり真夏の様相。たいして歩きもしないうちにじっとりと汗ばむが、濃い緑陰に救われる。
2020-06-17 (1)ok.jpg

2020-06-17 (10)ok.jpg

 タマブキの大きな葉に憩うアマガエル。悟りきった哲人の趣あり。
2020-06-17 (5)タマブキ&アマガエルok.jpg

 ツツジ科・イチヤクソウ属・イチヤクソウ
2020-06-17 (22)イチヤクソウok.jpg

 ラン科・ムヨウラン族・ムヨウラン
2020-06-17 (43)ムヨウランok.jpg

 次はこの日話題の白い風船状飛翔体。深山頂上12時10分、ラジオの音量を上げた老齢男性登場で、白い飛翔体の存在を知る。長岡のカメラで写したが、白い風船状のものであること以外は不明。真東から北へ30度ほどの海上真上。少なくとも10分ほどはほとんど停止状態。ランチを済ませて見上げた時にはもう見当たらなかった。
2020-06-17 (31)-3-ok.jpg

2020-06-17 (31)-2-ok.jpg

 この後妻の助けを借りてさくら平の倒木の後片付けを済ませて帰宅。夕食時、自宅テレビの映像をカメラに納めたものも載せてみる。
2020-06-17 (39)ok.jpg

2020-06-17 (42)白い飛翔体ok.jpg


コメントする
コメント
サイトウさん、ほんとにお久しぶりです。膝の具合いかがですか。ヒメザゼンソウ、そろそろですね。近いうち見てきます。
Posted by: 山元・あしたの響き  at 2020年06月23日(Tue) 10:59

お久しぶりです。ムヨウランいっぱい咲いていますね。私も見てきました。ヒメザゼンソウは咲いたでしょうか。
Posted by: サイトウ  at 2020年06月22日(Mon) 13:41