CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«9年2ヶ月の月命日 | Main | 新緑から深緑へ»
検索
検索語句
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
鎮魂の鐘、閉鎖解除 [2020年05月18日(Mon)]
2020年5月17日(日) 〜 鎮魂の鐘、閉鎖解除 〜

 新型コロナウイスに係る緊急事態宣言の解除に伴い、明日から山元町の各施設も閉鎖解除になる。鎮魂の鐘も、本日午後1時半、一カ月ぶりに引き紐を元に戻して明日に備えた。記念スタンプのボックスも、深山ノートのボックスもロック解除したが、まずは正午前の写真。幼児を含む2家族8人連れが訪れ、鐘の閉鎖にがっかりしている様子が伺えたが、事前にこれだけ大勢に鳴らしてもらうわけにもいかず、12時半ごろの皆さんの下山を見送った。
2020-05-17 (12まだ鳴らせませんok.jpg

2020-05-17 (14)まだ鳴らせませんok.jpg

2020-05-17 (11)まだ鳴らせませんok.jpg

 ウマノアシガタもどうやら美しさのピークを過ぎたようだが、辛うじてまだ輝きを放っていて、熱心にカメラを向ける男性がいた。
2020-05-17 (7)花を撮る男性ok.jpg

2020-05-17 (8)花を撮る男性-2-ok.jpg


 そして午後1時半、人影が失せて静寂を取り戻した深山頂上。脚立を持ち出して鐘の紐を元に戻す。といっても、例によって強い反動による紐の反転を防ぐため、壁面に固定したワイヤーとの接続が欠かせないので結構手間取る。作業開始間もなく、早速訪れたのは外人さんの父と子。鐘再開の最初の響きは、この男子小学生によるものとなったが、鐘の音の大きさにびっくりして思わず耳をふさいでいた。最初の鐘を鳴らす・・この子にはそれが相当うれしかったようで、文字通り喜色満面、お母さんが作ったという虹色のクッキーをくれた。残念ながら写真を撮り損ねたが、とても印象的な出会いとなった。亘理在住、スマホの地図を頼りに、みちのく潮風トレイル四方山からやって来たという二人だった。
2020-05-17 (16)-鐘、閉鎖解除-OK.jpg

2020-05-17 (18)-鐘、閉鎖解除-2-ok.jpg



【お知らせの最新記事】
コメントする
コメント