CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«目立ち始めたアブラチャン 他 | Main | ときめきの季節到来»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
深山雪景色 [2020年03月31日(Tue)]
20年3月30日(月) 〜 深山雪景色 / 雪に震えるカタクリ 〜

 昨日、街では多少のみぞれ混じりの雨が降ったが、山にこれほどの雪があるとは思わなかった。低山と言えどもやっぱり山は山。盛りになり始めたばかりのカタクリが雪中でしぼんで震えていた。
2020-03-30 (1)カタクリOK.jpg
 毎度のことながら、雪道にも既に数人の先行ハイカーの足跡がある。
2020-03-30 (3)OK.jpg

2020-03-30 (4)OK.jpg

2020-03-30 (5)ok.jpg

 鎮魂の鐘直近の坂道は、日当たりがいいので雪解けが早い。
2020-03-30 (8)ok.jpg

 下界は山元町。雪はない。
2020-03-30 (17)ok.jpg

 西側はほとんど雲に隠れていたが、わずかに雪の蔵王山頂が顔を覗かせた。
2020-03-30 (12)ok.jpg

 丸森次郎太郎山もしかり。
2020-03-30 (13)ok.jpg

 鎮魂の鐘の屋根にも積雪が。今年はこの鉄鋼部分に大規模な化粧直しを行おうと考えている。そして、構想は・・ほぼできた。総会における了承を待って取り掛かろう。体力もそんなには残されていないだろう。
2020-03-30 (15)ok.jpg

2020-03-30 (16)ok.jpg

 キブシが簾のように大量の花をつけた。
2020-03-30 (20)キブシOK.jpg

 こちらはニワトコの花芽。
2020-03-30 (19)ニワトコOK.jpg

 方々に催事中止の貼り紙をしたが、中に大きなエラーがあった。掲出の日付の年号が平成となっている。平成2年・・つまり30年前のお知らせだ。日下教雄氏によって発見された。わかってしまえば直すしかない。町内20枚ほど、すべて・・・ふらふら これは水道タンク前の貼り紙。
2020-03-30 (18)ok.jpg



 
コメントする
コメント