CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ヤマモトイロに やっと紹介された | Main | みちのく潮風トレイル景観改善作業»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
カモシカ現る [2020年02月20日(Thu)]
2020年2月19日(水) 〜 カモシカ現る 他 〜

 頂上の角田側の刈払いを始めて久しい。今日は何とか終了に持ち込みたいと、歯医者の予約をこなしてからおにぎりを持って出かけた。水道タンクから亀石コースを登る。スギ林の中で何やら道を塞いでいる。おっとカモシカだ。逃げないでくれと祈りながら。バックパックを下ろし、ゆっくりカメラを出して構える。何とか間に合って撮ったのがこれ。もっと親しくなりたいと思い、右手を振りながら近づいたが無駄。ゆったり踵を返して姿を消した。北側の沢を超えたようだ。11時ちょっと前の出来事。十数年来、これで5回目ぐらいの出会いだ。
2020-02-19 (1)ok.jpg

2020-02-19 (2)ok.jpg

2020-02-19 (4)ok.jpg

 頂上到着11時30分ごろ。早速おにぎりランチを済ませた正午近く、鐘を鳴らして下界の景色に見入るハイカー一人と二人。
2020-02-19 (11)ok.jpg

 途中で何度も停滞した景観改善のための刈払い作業。今日は4時間休憩なしの大奮戦でご覧の通りすっきりした。このまま放っておけば、2・3年後にはまた視界が塞がるだろうが、それを防ぐための作業を、また自分にできるかどうか、はなはだ心もとない。
2020-02-19 (18)ok.jpg

2020-02-19 (17)ok.jpg

2020-02-19 (16)ok.jpg

2020-02-19 (15)ok.jpg

 16:11、鋭い逆光を受けてカメラレンズにフレアが入り込む。
2020-02-19 (19)ok.jpg
2020-02-19 (20)ok.jpg

 入日間近な陽光に、鎮魂の鐘が鮮やかに浮かび上がる。撮影者自身の影が入り込んだ一枚。
2020-02-19 (23)ok.jpg

 眼下の景色も立体性を増して極めて瞭然。
2020-02-19 (24)ok.jpg

2020-02-19 (22)ok.jpg

2020-02-19 (25)ok.jpg

 普段撮らないアングルからも一枚。
2020-02-19 (26).JPG

 最後にもう一枚さくら平からの蔵王山を収め、痛い腰に手を当てながらの下山開始は。16:20。愛妻が心配している。
2020-02-19 (27)ok.jpg




タグ:カモシカ
コメントする
コメント