CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「春 / 深山の鐘を鳴らそう」 | Main | 業務開始を待つ山元町役場新庁舎»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
千葉さんと孫3人 [2019年05月05日(Sun)]
2019年5月4日(土) 〜 山元町の千葉さん夫妻と孫3人 他 〜

 きょうもまたよく晴れて穏やか。頂上の気温は18℃。カメラを忘れたまま登った一昨日は、山の6合目あたりから鐘の音が鳴り響き、帰途、なお鳴りやまず嬉しい限りであったが、今日はどうした訳か音がしない。鐘を目にして分かったことは、引き紐が上部の鐘の回転軸に絡んでいて鳴らせなくなっているのだった。先客の日下さんが必死に修復作業中であったが、結局脚立を持ち出して一件落着。諦めて帰りかけていたご家族に辛うじて鳴らしてもらうことができた。地元の千葉さん夫妻、ゴールデンウイークに訪れた孫三人をつれての登頂。みんな明るい。
2019-05-04 (36)山元町・千葉さん-2-.jpg

2019-05-04 (37)千葉さん家族.jpg


 何度も何度も繰り返す引き紐の反転だが、このたびはたちが悪い。固定用の鎖も切れて、ロープは上部の回転軸に3重に巻き付いていて外すに一苦労。風のせい?
2019-05-04 (31)日下さん苦戦す-2-.jpg


 残雪をいただいた蔵王山がすっきりと雄姿を浮かび上がらせ、それをながめる婦人二人のシルエットも綺麗だ。
2019-05-04 (42)-2-.jpg

2019-05-04 (41)-2-.jpg


 他にも何組かの訪問者がいて、折しも咲き始めたキンポウゲ(ウマノアシガタ)に目をやりながら、快適なランチタイムを迎える。
2019-05-04 (65)-2-.jpg

2019-05-04 (71)-2-.jpg

2019-05-04 (75)-2-.jpg


 入山前に見た深山はこんな風だった。桜が盛んだったころの山笑う風情から少し遠のいて、新緑の季節を迎えている。
2019-05-04 (1)-2-.jpg




コメントする
コメント