CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«福島市の安斉さん | Main | 今日の訪問者点描»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
あの日以来何度も [2019年01月12日(Sat)]
2019年1月11日(金) 〜 亘理町の片岡夫妻 〜

 大震災7年10ヶ月の月命日のきょうも、深山鎮魂の鐘はしきりに鳴り響く。父親の喪失の悲しみを抱いて、亘理の片岡夫妻はあれ以来何度訪れたことだろう。とりわけ今日は、重さ10キロ以上という大きな登山リュックを背にして、本格登山シーズンに備える。寡黙な夫妻で、なかなか話す機会が持てないでいたが、初めてカメラに収まっていただく。
2019-01-11亘理の片岡夫妻.jpg

 10時ちょっと過ぎ、深山頂上の温度はプラス3℃で風も凪いだが、鎮魂の鐘のテラス上はいつもながらスギの落ち葉に覆われ気味で、清掃は必須になる。
2019-01-11 (11)-2-.jpg



タグ:鎮魂の鐘
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント