CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«黄金色になったチドリノキ・他 | Main | 蔵王山すっきりと»
検索
検索語句
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
潮風トレイルの倒木処理 [2018年12月10日(Mon)]
2018年12月8日(土) 〜 みちのく潮風トレイル・倒木処理 〜

 台風24・25号の影響による深山自然観察路内の倒木処理は、すべて10月中に終了し、特に問題点は残っていないが、潮風みちのくトレイル上の倒木処理には未だ気掛かりがあった。年内に後顧の憂いをなくすべく、本日敢行した。10時に鎮魂の鐘を鳴らしてから峰通を北上、杉の大木の処理を終える。それはほぼ、鷲足沢と言われる沢の水源域にあったもの。途中10名近いハイカーと行き交って会話を交わし、このコースも随分知られるようになったものだと気をよくしたが、ここの作業中も、四方山方面から登ってきた熟年カップルに合い、少時話が弾んだ。
2018-12-08 (18)-2-.jpg

2018-12-08 (19)-2-.jpg

 この一本の処理だけの予定だったが、帰路、まだ気になる倒木も何本かあって、結局帰宅は午後3時過ぎとなる。
2018-12-08 (22)-2-.jpg

2018-12-08 (23)-2-.jpg


 前後したが、台風による潮風みちのくトレイル上の倒木処理の大方は、去る11月29日(木)に終了していた。その際の入山地点は、県道272号・角田山元トンネルにほど近く、鷲足沢と呼ばれるあたりからだった。かつては山中深くまで車が入れたようで、ガードレールだけが往時の面影を残しているが、もう何年も使われていなかったのだろう。雑草や灌木がぼうぼう生え茂り、刈込バサミで足元を開きながらの歩行となった。帰途、治水ダムに気づいた。結局この道は、そのダムの管理に使われたものと思われる。
2018-11-29 (1)鷲足沢から入山-2.jpg

2018-11-29 (2)-2-.jpg

2018-11-29 (3)-2-.jpg

2018-11-29 (6)-2-.jpg

 最後の急斜面を、チシマザサを刈払いながらたどり着いた稜線は、トンネル上の目的ポイントからは未だ大分ある地点だったが、車を捨ててからここまで1時間20分だから、深山経由よりは時間の節約になったことになる。帰路は作業なしで、たった20分で下山できた。
2018-11-29 (8)-2-峰通到達.jpg

 最初の倒木処理現場。
2018-11-29 (13)-2-.jpg

2018-11-29 (15)-2-.jpg

 トンネル真上を直前にして、目に飛び込む船岡観音阿武隈川
2018-11-29 (19)-2-船岡観音と阿武隈川.jpg

 本日最大の作業目的地に到着。
2018-11-29 (27)-2-.jpg

2018-11-29 (28)-2-.jpg

2018-11-29 (32)-2-.jpg

 たっぷり汗を流して倒木処理完了。このあと山家山まで足を延ばして引き返す。この先は明通峠まで、10月30日に作業済みだから。
2018-11-29 (33).JPG

2018-11-29 (34)-2-.jpg

 帰途の光景。ガードレールの終点鷲足沢ダム(?)
2018-11-29 (37)-2-ガードレールの終点.jpg

2018-11-29 (40)-2-下山時に気づいたダム.jpg

待っている忠犬マイカー。
2018-11-29 (41)-2-忠犬マイカー.jpg

 すぐ南側に櫻本産業の採石場が見える。
2018-11-29 (42)-2-櫻本産業の採石場.jpg

 この道を下って家路につく。15時ちょうど。
2018-11-29 (43)-2-帰り道.jpg




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント