CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台風の後で | Main | 台風後の倒木処理終了»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
鎮魂の鐘 / きょうの人 [2018年10月09日(Tue)]
10月8日(月・体育の日)  〜 仙台の緑川さん 〜

 次々日本列島を襲う台風もようやく一休み。好天に恵まれたきょうは体育の日。深山頂上に鐘の音が響く。頂上の先客は仙台からの緑川さん。初々しい笑顔が輝いている。初めての来訪と聞き、この山を何で知ったかを伺った。目の前に開いてくれた本は「分県登山ガイド03 宮城県の山」。こんないい本を知らなかった。深山と鎮魂の鐘について丁寧な解説が付されている。帰宅後に分かったことは、この本の筆者の一人が、この山で2・3度合った女性カメラマン・福井美津江さんであること。有難う福井さん。
2018-10-08 (26)-2-緑川さん.jpg

2018-10-08 (20)-2-.jpg

2018-10-08 (17)-2-.jpg

2018-10-08 (18)-2-.jpg


 頂上滞在の30分前後のの間に、単独登頂の人のほか、2・3人の小グループのハイカーも何組か訪れ鐘を鳴らしたり、被災地の復興ぶりに目をやったりした。多くは初めての訪問者か。
2018-10-08 (39)-2-.jpg

2018-10-08 (32)-2-.jpg

2018-10-08 (34)-2-.jpg



タグ:鎮魂の鐘
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
緑川さん、ありがとうございます。
Posted by: 福井美津江  at 2018年11月12日(Mon) 09:50