CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鎮魂の鐘/きょうの人 | Main | 潮風トレイル 亘理町〜山元町コース開通»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
山頂の賑わい・子どもの歓声 [2018年06月03日(Sun)]
2018年6月3日(日)  〜 子どもたちの歓声響く

 長岡の本日の主な登頂目的は、角田側のブッシュ刈込み8回目の作業。来訪者の途切れる時刻を待って登ったつもりだったが、嬉しい誤算。握り飯を腹におさめて、さてそろそろ一仕事、と思った正午ごろ、来訪者あり。4人ひと家族と、山慣れした男性ひとり。そして大歓声とともに続々子どもたちたちが現れた。仙台YMCAの幼児たちと聞く。山頂は一挙に祭りのような賑わいを呈した。
2018-06-03 (16)-2-.jpg

2018-06-03 (18)-2-.jpg

しばらく会話を交わしたこちらの男性。里山歩きでは物足りない山登りのベテラン。
2018-06-03 (21)-2-.jpg

三角点近くのピクニックテーブルに着く4人家族。こちらも仙台からと伺う。あずまやの深山ノートへの書込みから、永代さんご家族と分かる。4人それぞれに嬉しいメッセージを残してくれた。また、後刻奥様の名で、このブログの「春・深山の鐘を鳴らそう」に、いいね!を頂戴した。ありがとうございました。
2018-06-03 (19)-2-.jpg

2018-06-03 (24)-2-永代さん.jpg

シートを広げてランチタイム。一番遅れた子も無事到着の様子。
2018-06-03 (22)-2-ランチタイム.jpg

2018-06-03 (23)-2-.jpg

子どもたちは体が勝手に動く。石碑にこんな利用価値もあった。
2018-06-03 (28)-2-.jpg

結構人気のあった記念スタンプだが、鐘のデザインのスタンプを、子どもたちは「あ、ベルマークだ」という。正直だ。
2018-06-03 (31)-2-.jpg

あずまやの中の永代さんご家族。
2018-06-03 (34)-2-永代さん一家.jpg

そろそろ下山時刻か。記念写真を撮るが、中には逃げ回る子もいる。
2018-06-03 (35)-2-.jpg

2018-06-03 (36)-2-.jpg

2018-06-03 (38)-2-.jpg

会えなかったが、この子たち、確か去年も来てくれたはず。あるいは恒例行事にしてくれたのかも知れない。そうだとすれば嬉しい限りだ。来年もまたどうぞ。
  〜 動画はこちらこちらからどうぞ 〜

タグ:鎮魂の鐘
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント