CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鎮魂の鐘・2017年の見納め | Main | 孫が来た»
検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
2018年の夜明け [2018年01月01日(Mon)]
2018年元旦  〜 2018年の夜明け(深山初日の出) 〜

 〜 皆さま、新年明けましておめでとうございます 〜
2018年の初日の出です。心配された天気も申し分なく、頂上の風も静か。水平線上に雲はあっても、大きく割れていて、息をのむほどの綺麗な初日の出ショーに、深山頂上を訪れた40名ほどのハイカーから一斉に歓声が上がる。画像の最初は7:01、太陽がもっとも輝いた瞬間。
2018-01-01 (26)-2.jpg

続いて1分後の映像。
2018-01-01 (31)-2.jpg

日の出前の下界の様子。いずれも6:40ごろの映像。
2018-01-01 (1)-2.jpg

2018-01-01 (2)-2.jpg

2018-01-01 (3)-2.jpg

日の出を待つ人々。薄明の下界に向けて、鎮魂の鐘の初音が響き渡る。
2018-01-01 (7)-2.jpg

2018-01-01 (4)-2.jpg

2018-01-01 (8)-2.jpg

2018-01-01 (9)-2.jpg

2018-01-01 (12)-2.jpg

角田市もそろそろお目覚めか。蔵王は雲の中。
2018-01-01 (10)-2.jpg

2018-01-01 (13)-2.jpg

2018-01-01 (14)-2.jpg

いよいよ日の出ショーの始まり。まさに顔を覗かせようとする太陽に照らされて、中空の雲が瑞光を発する。6:53から7:02まで、わずか10分足らずとはいえ、自然が見せる荘厳な美しさに打たれた印象深い時間であった。
2018-01-01 (15)-2.jpg

2018-01-01 (16)-2.jpg

2018-01-01 (19)-2.jpg

2018-01-01 (24)-2.jpg

2018-01-01 (29)-2.jpg

2018-01-01 (33)-2.jpg

再度、頂上の人々。
2018-01-01 (34)-2.jpg

2018-01-01 (36)-2.jpg

2018-01-01 (37)-2.jpg

2018-01-01 (38)-2.jpg

2018-01-01 (39)-2.jpg

記念写真を撮らせていただく。2枚目に長岡も加わる。乱れた白髪が陽光に透ける。2018-01-01 (41)-2.jpg

2018-01-01 (42)-2-.jpg

どなたも、もしご希望があればメールをください。写真を電送します。
2018-01-01 (48)-2.jpg

2018-01-01 (49)-2.jpg

2018-01-01 (50)-2.jpg

山元町ももう目覚めたころ。
2018-01-01 (52)-2.jpg

深山神社で初詣、そして今日の役割を終える。ただし、ブログ投稿は欠かせない。
2018-01-01 (60)-2.jpg

2018-01-01 (62)-2.jpg

〜 皆さま、なにとぞお健やかな一年でありますようお祈り申し上げます。そして今年も旧年通り、当NPO法人 山元・あしたの響きを、そして深山・鎮魂の鐘をご支援くださいますよう心よりお願い申し上げます 〜







タグ:初日の出
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
本田さん、コメントを有難うございました。写真をお気に召していただけて幸いです。
あの大震災以来、福島からも普段から結構多くの方が訪れてくださるようになり、大変励みになっております。ご夫婦でこれからも深山を、そして鎮魂の鐘を可愛がってください。そしてこの山の情報を広めていただければなお嬉しく存じます。また山でお会いしましょう。お声がけを待っています。 長岡久馬
Posted by: 長岡 久馬  at 2018年01月06日(Sat) 14:17

2017年、2018年と2年連続で、元旦に福島県から深山へ夫婦で初日の出を見に伺いました。

去年も今年も水平線にうっすらと雲がかかっておりましたが、深山から眺めるご来光は本当に素晴らしいですね。

2017年に里山ひろばさんの記念写真に夫婦で混ぜていただいた写真がこちらと里山ひろばさんのHPに掲載されているのに数日前気付き、数枚ダウンロードさせていただきました。綺麗な画質のお写真をありがとうございました。
Posted by: 本田  at 2018年01月06日(Sat) 02:33

ムナカタさん、コメントありがとうございました。ご自分の写った写真はご自由にお使いください。
おかしな飛行物体は結局ちぎれ雲でしたので、ブログではその件に触れませんでした。
鹿狼山の賑わいについては新聞等で知っていましたが、凄いものですね。当方でも努力が必要ですが、元気なスタッフが欲しいです。ムナカタさんはどちらにお住まいですか?当法人への仲間入りはいかがですが?
又できるだけ多くご訪問ください。お気づきの際はぜひお声がけのほど、お待ちしています。
Posted by: 長岡 久馬  at 2018年01月05日(Fri) 17:11

はじめまして。

初日の出鎮魂の鐘にいた者です。
自分が写ってるの何枚かもらいました。

あの飛行物体は何だったのかな?ニュースになってませんでしたね。

いつもは相馬の鹿狼山登ってました。あそこは登山口に1000人くらい集まります。日本一早い山開きです。凄い力入れてます。

来年も機会があれば登ります。
Posted by: ムナカタ  at 2018年01月02日(Tue) 20:05