CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«イルミネーション・ファンタジー《コダナリエ》 | Main | 12月に見る深山の植物 »
検索
検索語句
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
鎮魂の鐘 / きょうの人 [2017年12月26日(Tue)]
2017年12月23日(土) 〜 野鳥カメラマン・角田市の武者さん 〜

頂上10時10分、登っておいでの方は初見の男性。以前から何度か登っていらっしゃると聞く。一眼レフに装着した大きなレンズは野鳥を撮るため。とっても気さくに話に応じてくれる。角田の武蔵一雄さん。撮った写真はgoogle+に投稿なさっている。ここをクリックで見せてもらえる。とても綺麗な写真ばかりで、写真編集も自ら手掛けていらっしゃるに違いない。いただいた名刺には、大きく自悠人(じゆうじん)とある。是非、これから何度もお目にかかりたいお一人だ。欲を言えば、なんとかわがNPO法人に加わっていただきたいお一人。こぼれる笑顔が印象的な鳥博士でした。
2017-12-23 (13)-2武者さん.jpg


西風の強いこの日、鎮魂の鐘の引き紐は大きく揺れて、ひとりでに鐘が鳴りだすのではないかと思うほどだが、頂上の寒暖計は5℃を指していて、そんなに厳しい寒さというわけではない。
2017-12-23 (2)-2.jpg



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント