CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«金色に輝くチドリノキ  他 | Main | 深山の植物 〜 ノダケ 他(10月〜11月撮影) 〜»
検索
検索語句
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06) 山元・あしたの響き
イチヤクソウとムヨウラン (06/23)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
山元町役場庁舎・被災から撤去まで [2017年12月03日(Sun)]
山元町役場庁舎 No.T 〜 被災から撤去まで

2011年3月11日の東日本大震災の大地震によって危険となった山元町役場庁舎が、仮庁舎の建設により、その急増逼迫した業務を凌いできたが、震災から6年と半年ほど経た今年2017年の10月5日、晴れて新庁舎の地鎮祭を迎えた。当ブログでは、深山頂上の鎮魂の鐘テラスから、まずは震災前の姿、被災、仮庁舎の建設、そして旧庁舎の撤去までをざっと追ってみたい。
最初に、震災の前年・2010年11月2日の映像から
1.20101102_36平和な山元町.jpg
2.20101102_36平和な山元町--2.jpg

そして2011年3月11日大震災当日午前中、いつものように深山頂上より写真を撮っていた。これが大震災前の山元町最後の映像となった。9時半ごろの撮影。
3.2011-3-11 9:28震災当日.jpg

大震災が襲った。これがその26日後、つまり2011年4月6日の映像。巨大津波により、海岸部は壊滅状態となっている。
4.20110406_15震災から26日後の山元町.jpg
6.20110406_15震災から26日後の山元町役場庁舎.jpg

2011年5月27日 仮庁舎の建設工事が始まっていた。
7.20110527_30仮庁舎工事始まる.jpg

2011年7月22日の写真。画面中央は、7月上旬に完工した仮庁舎。この仮校舎で、19日からすでに業務が始まっている。全国からの派遣職員と共に、町職員の不眠不休の職務遂行が続き、それはまさに涙ぐましいものであった。
8.20110722_7月上旬に完工した仮庁舎.jpg

2013年2月10日、旧庁舎の解体がほぼ終わりに近い。
9.20130210_1解体進む旧役場庁舎.jpg

2013年3月23日、旧庁舎の解体作業が終わって、がらんとした敷地内。
10.20130323_解体作業が終わっている.jpg

次回からは No.2として、新庁舎工事着工に伴う地鎮祭の日の映像から掲載の予定です。


 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント