CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«寄金者ご芳名 〜2017年(平成29年)度〜 | Main | 雨の深山»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
河北花壇 鎮魂の鐘の歌 再び [2017年08月13日(Sun)]
2017年8月13日(日) 〜 再び載った鎮魂の鐘の歌・河北花壇 〜

 きょうの河北新報/河北花壇に、鎮魂の鐘の歌がまた入選していた。仙台市宮城野区の金野友治さんの作で、花山多佳子先生の選による。
   〜 夏の海荒れているらし鎮魂の鐘打つ一瞬海鳴り聞こゆ 〜
 少年の森から深山(しんざん)に入山しても、海の荒れた日には、海鳴りがどこまでも追いかけてくることがある。この歌では、実際には荒れた海は見えないのだが、鐘を打とうとした瞬間、その海鳴りに気づいた・・・ということでしょう。
2017-08-13河北新報花壇 花山多佳子選.jpg


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント