CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«早春の深山に登ろう 〜生涯学習課〜 | Main | 雪とカタクリの花芽、そしてエンレイソウ»
検索
検索語句
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
慰霊碑建立なる [2017年03月16日(Thu)]
2017年3月12日(日)-2- 大震災慰霊碑
昨日除幕式が行われたばかりの慰霊碑を、深山頂上から撮った。まずはその写真を再掲出してみる。 〜 クリックで大画面 〜
2017-03-12 (9)-2.jpg


下山して早速旧山下駅前の現場へ向かったが、取り急ぎ今朝の河北新報の記事からご紹介します。これをご覧いただけば、後の写真に解説は不要と思うので。
2017-3-12 慰霊碑 河北新報記事.jpg


2017-03-12 (98)-2.jpg

2017-03-12 (99)-2.jpg

2017-03-12 (102)-2.jpg

2017-03-12 (114)-2.jpg

2017-03-12 (113)-2.jpg

2017-03-12 (112)-2.jpg

2017-03-12 (111)-2.jpg

2017-03-12 (110)-2.jpg

2017-03-12 (109)-2.jpg

2017-03-12 (108)-2.jpg

2017-03-12 (107)-2.jpg

2017-03-12 (106)-2」.jpg

2017-03-12 (105)-2.jpg

2017-03-12 (115)-2.jpg

2017-03-12 (117)-2.jpg


悲しみに満ちた視線で慰霊碑の文字を追い、見つけた一行を震える指でなぞる人がいる。カメラを向けることも、言葉をかけることもはばかられる。ただ心から、哀悼の意を表するのみ。

町の事業によるこの慰霊碑に先駆けて、沿岸部には、大小様々の慰霊碑、あるいはモニュメントが建った。同類のモニュメントでも、わが「深山/鎮魂の鐘」は小汗流して小一時間の山の上。だから、これらすべてのモニュメントの位置状況が把握できる。いずれご紹介しようと思う。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント