CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«梅雨時の深山 | Main | 鎮魂の鐘 / きょうの人»
検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
河北歌壇に理事長の歌が載った [2016年07月25日(Mon)]
2016年(平成28年)7月24日(日)

きょうの河北新報歌壇欄に理事長の歌が載った。花山多佳子先生の選によります。
写真下の右端ですが、判読しにくいでしょうから、下記をご笑覧ください。実際の光景の中のご婦人は、もっともっと悲痛なご様子で、支柱によりかかって嗚咽をこらえておいででした。歌い手の描写力不足を認めざるを得ません。

 〜 鎮魂の鐘の余韻の中に居て 言葉無きひと背は波打てリ 〜

2016-7-24(日)河北花壇.jpg


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント