CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«深山(しんざん)鎮魂の鐘 ご案内図 | Main | 深山頂上/鎮魂の鐘 路順 手作りマップ»
検索
検索語句
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
長岡秀彦
震災10年・黙祷を捧げよう (03/13) ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
きょうの人 / 森の妖怪 ほか [2016年05月01日(Sun)]
2016年4月30日(土)
昨29日(昭和の日)は、この深山鎮魂の鐘竣工1周年記念日。所用で登れなかった。きょうの頂上は風が強い。鎮魂の鐘でお会いした3人のご婦人は、隣町の亘理から。風などものともしない明るい笑顔がまぶしい。きょうの鎮魂の鐘の音色はこちらから。

2016-04-30 鎮魂の鐘・きょうの人.jpg

2016-04-30 鎮魂の鐘・きょうの人-2-.jpg

2016-04-30 鎮魂の鐘・きょうの人-3-.jpg



残雪をいただく蔵王がすっきりと。
2016-04-30 深山頂上から見る蔵王.jpg


道すがらの植物と景色のご紹介。まずは少年の森の南北の縁辺、足元にいくらでも見かけるカクミノスノキ。写真中央の両端に見えるのが花。葉裏によくよく気を配らないと見落とすことになる。いずれ花の形のまま真っ赤な実となり、目立つようになる。
2016-04-30 カクミノスノキ.jpg


ツクバネウツギ。やはり少年の森で。
2016-04-30 ツクバネウツギ.jpg



森の妖怪ウラシマソウ
妖怪ウラシマソウ.jpg

2016-04-30 ウラシマソウ.jpg


葉のないところから名付けられたムヨウラン。去年の花を落として、こんな形骸となる。この花を目当てに深山に入る人も少なくないと聞く。数が減りつつあるのが残念。参考までに下に載せたのが、2011年6月下旬の花の時季に撮ったもの。
2016-04-30 ムヨウラン.jpg

花の時期のムヨウラン.jpg


駒返しコースの定点撮影スポットで、ヤマツツジ
2016-04-30 駒返しコースで.jpg


深山で最も普遍的なスミレはタチツボスミレだが、これはニオイタチツボスメレ。紫色がひときわ美しい。
ニオイタチツボスメレ.jpg


たかうちコースを下山して少年の森南端のちごゆりの丘の東屋からの展望。山下小・中学校が指呼の間に。
2016-04-30 ちごゆりの丘から.jpg


ちごゆりの丘の東屋を振り返る。
少年の森 ちごゆりの丘.jpg


少年の森広場におり立てば、子供たちが元気に遊具で遊ぶ。
2016-04-30 遊具で遊ぶ.jpg


鯉のぼりと遊び、チューリップに顔を寄せる可愛い子たちも、やがてお母さんと深山神社に消えた。ちょっとだけ登ってくると・・・
2016-04-30 鯉のぼりと遊ぶ.jpg

2016-04-30 チューリップと.jpg





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント