CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
検索
検索語句
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
ほなみ
新年のご挨拶 (01/03) 山元・あしたの響き
梅雨の晴れ間に (07/10) サイトウ
梅雨の晴れ間に (07/09) 山元・あしたの響き
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/07) サイトウ
クモキリソウ / キッコウハグマ / ノギラン / クルマユリ (07/06)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山元・あしたの響きさんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asitano-hibiki/index2_0.xml
こ汗流して こ一時間・・ 《深山鎮魂の鐘》へ!
みちのく潮風トレイル動画撮影用メッセージボード.jpg

☆ 各種動画はこちらから ⇒ YouTube   ☆ 深山登山の拠点 少年の森への地図こちらから
      ☆ 当法人の団体情報はこちらから        ☆ ご寄付はこちらから
         ☆ 深山/鎮魂の鐘のイメージソング「ああ 深山の鐘」こちらから
            ☆ 「鎮魂の鐘」の音こちらから
     
     〜 当ブログの投稿写真は全て、画面上クリックで大画面になります 〜
みちのく潮風トレイル・手入れ [2021年01月14日(Thu)]
2021年1月13日(水) 〜 みちのく潮風トレイル・手入れ 〜

 当法人正会員・砂金氏、みちのく潮風トレイル山元町ルートを10日に歩いて見つけた障害物を本日処理。山家山の南側斜面に、倒木に伴って蔓がはみ出ていたもの。なお、山家山とは伊具郡としての呼称で、山元町では未確認ながら瀧浅山というらしいことが分かったようだ。
整備前.jpg

整備後.JPG





あれから9年10カ月 他 [2021年01月12日(Tue)]
2021年1月11日(月) 〜 あれから9年10カ月・他 〜

 大震災月命日。祈るは犠牲者のご冥福。そしてコロナ退散。
ああ深山の鐘」はこちらからどうぞ。
2021-01-11 (15)ok.jpg

 新年になってまだ蔵王山のすっきりした姿を見ていない。今日もまだ頭は隠れたままだが、雪の少なさは見て取れる。
2021-01-11 (12)ok.jpg

 いまツクバネの実がおもいろい。
2021-01-11 (18)ok.jpg
2021-01-11 (11)-2-ok.jpg

 こちらは咲き始めたミツマタ
2021-01-11 (9)ミツマタok.jpg


初仕事 他 [2021年01月12日(Tue)]
2021年1月9日(土) 〜 初仕事 他 〜

 昨晩またわずかに雪が舞った。気になっていた駒返しコースの一角のアズマネザサとその後方のマダケ。雪をかぶって垂れてきている。毎年少しずつ広げてきたがまだ足りない。いまなら処理が易しい。とは言え、やってみれば落ちてくる雪をかぶって苦戦を免れない。結局30分の奮闘。
2021-01-09 (3)処理前OK.jpg

2021-01-09 (4)処理後OK.jpg

 深山頂上への最後の坂の始まり。日が差せばいつも影が美しい。
2021-01-09 (12)ok.jpg

 
2021-01-09 (28)ok.jpg

 一昨日とは違い今日は結構寒い。あずま屋の寒暖計は-6℃を差している。
2021-01-09 (27)ok.jpg

2021-01-09 (30)ok.jpg

 熱心に時間をかけて祈りを捧げる男性がいた。
2021-01-09 (34)ok.jpg


深山のあったかい雪景色 [2021年01月11日(Mon)]
2021年1月7日(木) 〜 深山のあったかい雪景色 〜

 連日厳しい寒波と大雪に見舞われている日本海側に比べて、こちらはまるで天国。深山頂上でさえ風もなくいたって穏やか。気温も10時現在0.5℃、零下に至らない。今日は少し多めにコースの雪景色をご紹介。最初は駒返しコースの長岡の好きなスポットから。
2021-01-07 (1)ok.jpg

2021-01-07 (4)ok.jpg

2021-01-07 (7)ok.jpg

2021-01-07 (10)ok.jpg

2021-01-07 (20)ok.jpg

2021-01-07 (27)ok.jpg

2021-01-07 (30)ok.jpg

2021-01-07 (34)ok.jpg

鎮魂の鐘を控えめに鳴らして、直ぐに去っていくご婦人一人。
2021-01-07 (29)ok.jpg

ここからたかうちコース
2021-01-07 (35)ok.jpg

2021-01-07 (36)ok.jpg

2021-01-07 (37)ok.jpg

2021-01-07 (38)ok.jpg

2021-01-07 (39)ok.jpg

2021-01-07 (41)ok.jpg

2021-01-07 (42)ok.jpg

2021-01-07 (45)jok.jpg

2021-01-07 (46)ok.jpg

2021-01-07 (47)ok.jpg

2021-01-07 (49)ok.jpg

2021-01-07 (50)ok.jpg

2021-01-07 (51)ok.jpg

2021-01-07 (54)ok.jpg

2021-01-07 (57)ok.jpg

2021-01-07 (59)ok.jpg

2021-01-07 (60)ok.jpg

猛毒チョウセンアサガオの実ががっちりとついている。
2021-01-07 (61)チョウセンアサガオok.jpg

こちらはガマズミ。手入れをしてくれる主が世を去ってさびしい。
2021-01-07 (62)ガマズミok.jpg

2021-01-07 (63)ok.jpg

ちごゆりの丘の東屋。
2021-01-07 (66)ok.jpg

2021-01-07 (67)ok.jpg

2021-01-07 (71)ok.jpg

 今日木曜日は「深山を愛する会」の皆さんの登山日。少年の森にはまだかなりの車が駐車中。
2021-01-07 (72)ok.jpg



2021年の眺望 [2021年01月10日(Sun)]
2021年1月3日(日) 〜 本年初の眺望 〜

 3日の今日は上天気で風もない。気温-1.5℃。今年初の深山頂上からの眺望をご紹介。まずは青空と青い海をバックにした鎮魂の鐘から。
2021-01-03 (23)ok.jpg

 山元町は北から順に。
2021-01-03 (24)展望1ok.jpg

2021-01-03 (25)展望2ok.jpg

2021-01-03 (26)展望3ok.jpg

2021-01-03 (27)展望ok.jpg

2021-01-03 (28)展望ok.jpg

2021-01-03 (29)展望ok.jpg

2021-01-03 (30)展望ok.jpg

 角田市側。残念ながら蔵王連峰は雲の陰。
2021-01-03 (17)展望ok.jpg

深山足下の内町湖の様子。
2021-01-03 (20)展望ok.jpg

丸森町次郎太郎山とわずかに垣間見える福島吾妻小富士
2021-01-03 (19)展望ok.jpg

 鎮魂の鐘直近のスギの根元にジャノヒゲの繁みがあって、そっとかき分ければ宝石のような実が輝く。
2021-01-03 (40)ジャノヒゲok.jpg

 長岡夫婦、今年の初顔見世。妻・歳子も来月は81歳。
2021-01-03 (42)ok.jpg

 石の上の雪に残されたリスの足跡。
2021-01-03 (47)リスの足跡.jpg

 深山池(仮称)に薄氷が張って神秘的に輝く。
2021-01-03 (54)ok.jpg


新年のご挨拶 [2021年01月01日(Fri)]
2021年元旦WEB用.jpg

 2021年元旦、暁闇から雪が降り始め、残念ながら初日の出は遥拝不可でした。それでも初登山は敢行して、何人かの来訪者の写真を撮らせていただきました。ご紹介します。
 角田市側も山元町側も、今日はほぼ視界ゼロだが、風はなく穏やかな頂上。既に先客数名あり。それぞれの記念写真を撮ろうとスマホをかざしていた。
2021-01-010 (2)jok.jpg

2021-01-010 (3)ok.jpg

2021-01-010 (7).JPG

 既に日の出の時刻だが、深い雲に覆われて、太陽の位置確認すらできない。折よく言葉を交わせた明るいお二人に鎮魂の鐘に立っていただいた。
2021-01-010 (11)ok-2-.jpg

深山の標示板を入れて写真を撮る別の二人連れ。
2021-01-010 (16)ok.jpg

2021-01-010 (10)ok.jpg

2021-01-010 (4)ok.jpg

そろそろ下山にかかろうとするころ、神社の初詣のいでたちとおぼしきうら若き女性3名が到着。
2021-01-010 (35)ok.jpg

2021-01-010 (31)ok.jpg

運が良ければこんな風な写真も撮れたのに(昨年の初日の出と合成)。
2020-01-01 (45)+2021-01-01合成.jpg

下山した少年の森周辺の点描。
2021-01-010 (40)ok.jpg

入山時、暗闇の中で初詣を済ませた深山神社だが、無事を謝してもう一度礼拝。
2021-01-010 (41)ok.jpg

2021-01-010 (43)ok.jpg

少年の森はひっそりと正月休み中。駐車場には、ここで新年を迎えたらしい県外の車も見かけた。
2021-01-010 (44)ok.jpg

 
 さて初登山も済ませた。妻の心からなるおせち料理で正月を愛でようか。11月に82歳となり、暮れに大腸ポリープの手術をした長岡だが、まだまだ体は動く。動く限り、仲間の力も借りてハイカーのお役に立ちたいと思う。 皆さん、くれぐれもご自愛の上、元気な一年にしてください。また深山でお会いしましょう。


2020年大晦日の鎮魂の鐘 [2020年12月31日(Thu)]
2020年12月31日(木) 〜 大晦日の鎮魂の鐘 〜

 日本海側は大雪と伝えられているこの頃だが、こちら太平洋沿岸のこの地域は、ほんのうっすらと積雪があっただけ。深山頂上、気温は−5℃、風はやや強く冷たいが、日差しは明るい。蔵王山は雲の中だが、太平洋側の視界はいまだ経験のないほどの明瞭さで、石巻辺りの様子までくっきりと見てとれる。
 新型コロナウイルスの猖獗に世界中がパニック状態のまま、今年は終わります。皆さま、なにとぞ御身お大切に、健康第一にお過ごしください。
大晦日のご挨拶.jpg


2020-12-31 (7)ok.jpg

2020-12-31 (12)ok.jpg

2020-12-31 (13)ok.jpg

2020-12-31 (24)ok.jpg

2020-12-31 (16)ok.jpg

2020-12-31 (28)ok.jpg

2020-12-31 (21)ok.jpg

2020-12-31 (22)ok.jpg

 本日新しい「深山ノート」を用意しました。明日からは新ノートをご利用ください。

今年最後のご奉仕 [2020年12月30日(Wed)]
2020年12月27日(日) 〜 ことし最後のご奉仕 〜

 過日生涯学習課より問合せを受けた。「駒返しコースの一部に水捌けの悪いところがあると苦情があったが、どこでどんな具合か知らないか」という内容。とりわけ苦情をもらうほどの悪路はないはずと思っていたが、なるほど言われてみれば気になる箇所があった。町で行った追加工事現場の下方ほぼ80bほどの地点。比較的平坦な山側から小さな流れが落ち込んでいて、10bほどの間が濡れたままの状態だ。気になり始めたらやるしかない。昨日の下山の際に少し手掛け、本日午後、溝を掘り進め、谷側を排水口としてひとまず終了。様子を見よう。
2020-12-27 (5)-1-ok.jpg

2020-12-27 (9)-2-ok.jpg

2020-12-27 (7)-3-ok.jpg


2019年の台風19号被災現場、町の工事終了 [2020年12月30日(Wed)]
2020年12月26日(土) 〜 昨年の台風被災現場・町による追加工事 〜

 昨年10月の台風19号による深山登山道(駒返しコース)の崩落現場は、当方の改修作業により安全は確保されていたが、このたび町による追加工事が行われ、安全性が増し美化も図られた。ハイカーの休憩用に残しておいたスギの切り株まで始末されてしまったことはいささか残念。
2020-12-26 (6)ok.jpg

ヒノキ間伐材利用の登山道改修作業 [2020年12月01日(Tue)]
2020年11月29日(日) 〜 ヒノキ間伐材利用の登山道改修作業 〜

 3週間ほど前から始まっていた宮城県林業公社によるヒノキ林の間伐作業で、大量の間伐材が発生した。山中のこともあり、里に搬出することもなく、作業は一段落している。これを見逃す手はない。林業公社の了解を得て、長年懸案だった登山道の改修に利用させてもらおう。まずは駒返しコース一服坂をちょっと登った辺りから。ここはもともとV字型にえぐれた狭い急坂だが、最近特に歩きにくくなり、差し掛かかるたびに少々圧迫感があった。4,50メートル程などで何とかなる。
 作業はこの22日から本日29までの8日間。幸い好天に恵まれ、毎日握り飯持参で汗を流した結果、22段の階段となって完遂した。丸太運びにお力添えくださった深山を愛する会の皆さま、ありがとうございました。
 写真は峰の清水近辺の間伐材を80cmから90cmほどに切断、両端に溝を切って打込Lカン用として準備したもの。
2020-11-23 (4)ok.jpg

 ヒノキの丸太を打ち込んで整備終了した登山道。
2020-11-27ok.jpg

2020-11-28 (1)ok.jpg

2020-11-28 (2)ok.jpg

今回の整備箇所
2020-11-29改修箇所.jpg
 



| 次へ