• もっと見る

オーストラリア政府が、日本産イチゴにASIAGAP認証などを求める [2022年07月05日(Tue)]
GAP総合研究所 所長の武田泰明です。

オーストラリア政府より、説明会がありました。

資料抜粋

https://gran-eat.jp/merumaga/ichigo.pdf


2022年11月よりオーストラリア政府は、生食用のイチゴに対して、輸入時にFood Safety Management(FSM)認証書を要求することとなりました。

FSM証明書は、HACCPの考え方を含む食品安全システムの内容を含んでいる必要があり、また一次生産と加工の両方についてカバーしている必要があります。

FSM認証書は、GFSI承認の認証であることに加え、認証の対象に一次生産を含む必要があることから、ASIAGAPやGLOBALGAPが輸入時に求められることになります。


これまで、GAP認証は民間のバイヤー企業が求める形が多かったのですが、オーストラリアは政府として輸入の条件にASIAGAP認証などを求めることになります。

世界の新しい動きです。



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

======================

<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

---------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
---------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

---------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:10 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

GAP総合研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/asiagap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asiagap/index2_0.xml