• もっと見る

GAP認証 取得等支援事業 公募期間:9月21日(木)〜10月5日(木) [2023年09月22日(Fri)]
GAP総合研究所 所長の武田泰明です。

農水省補助事業「GAP認証 取得等支援事業」のご案内です。
JGAP / ASIAGAP / GLOBALGAPなどの認証取得の費用が補助されます。

公募期間:9月21日(木)〜10月5日(木)

詳細と公募ページは以下となります。

https://myfarm.co.jp/export-organic-gap/gap/

輸出とGAPをセットで検討する産地が対象です。


イチゴの輸出は、年50億円を突破したようですね。
ざっくり計算ですが、日本産イチゴの3%が輸出されたことになります。
まだまだ伸びて、100億円ぐらいにはなるのではないでしょうか。

観光インバウンド客が増えて、日本のイチゴのおいしさを知る外国人も増えるでしょう。

海外の需要が高まれば、国内の需要と足され、より大きな需要となります。
需要が増えれば、単価も上がります。

今後、農産物輸出は日本の農業にとって無視できません。
そして、GAP総研の海外調査の結果を見ると、シンガポールやタイや香港では、GAP要求が必須になってきています。

https://gapri.jp/international/

<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

---------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@gapri.jp / https://gapri.jp/
●つくば事務所&研修センター
●台湾事務所
---------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>研修スケジュールはこちら

---------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 13:10 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

GAP総合研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/asiagap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asiagap/index2_0.xml