CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

オリンピックはレガシーとして、何が残せたのか [2021年08月18日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田泰明です。

オリンピックが終わり、パラリンピックが始まります。
選手村に納品しているGAP認証農家の方々も、折り返し地点といったところですね。

さて、「オリンピックのレガシー(遺産)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

=総務省 ホームページより=
IOCがオリンピック憲章にて「オリンピック競技大会の有益な遺産を、開催国と開催都市が引き継ぐよう奨励する。」と明記したことをきっかけに、近年開催されるオリンピック・パラリンピックにおいては毎回「レガシー」が規定されるようになっている。

「レガシー(社会遺産)」とは、大会を通じて整備・構築されるインフラや技術、サービスをオリンピック・パラリンピックのためだけに活用するのではなく、その後も社会の資産として活用することを狙いとしたものである。
=終わり=


東京オリンピックのレガシーの一つとして、「GAP認証の広がり」がありました。

オリンピックは、農家・バイヤー企業・一般市民・行政など、多くの人にGAPが知られるきっかけとなりました。
GAPがオリンピックの食材調達基準に決まった2017年と2021年を比較すると、GAP認証農場が1.7倍まで増えました。

GAP認証農産物の生産量が増えてきたので、大手バイヤーも調達基準に使いやすくなりました。

負の側面が取り上げられがちなオリンピックでしたが、レガシーとして良いものも残ります。

次はパラリンピックです。
みんなで応援しましょう。



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424


==================================
<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:40 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

GAP総合研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/asiagap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asiagap/index2_0.xml